悪魔の手毬唄(1977)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
19%
47%
30%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

古い因習と二大勢力、仁礼家と由良家の対立する鬼首村に次々と怪奇な連続殺人事件が突発するという横溝正史の同名小説の映画化。脚本は久里子亭、監督は「犬神家の一族」の市川崑、撮影も同作の長谷川清がそれぞれ担当。

1977年製作/144分/日本
原題:A Rhyme of Vengeance
配給:東宝

ストーリー

古い因襲に縛られ、文明社会から隔離された岡山と兵庫の県境、四方を山に囲まれた鬼首村(オニコベムラ)。青池歌名雄は、葡萄酒工場に勤める青年。歌名雄には、由良泰子という恋人がおり、仁礼文子もまた、歌名雄が好きであった。この由良家と仁礼家は、昔から村を二分する二大勢力であった。しかし、二十年前に、恩田という詐欺師にだまされ、それ以来由良家の、勢いはとまってしまい、逆に仁礼家が前にもまして強くなった。その時、亀の湯の源治郎、つまり歌名雄の父親が判別のつかない死体でみつかった。この事件を今も自分の執念で追いかけているのが磯川警部。磯川は、ナゾをとくために、金田一耕助に調査を依頼する。金田一は、最初に恩田と特にかかわりがあった多々良放庵に会う。その頃、村では大騒ぎ。というのも、別所千恵が、今では人気歌手・大空ゆかりとなり、今日はその千恵の里帰りの日であった。その晩、千恵の歓迎会の時に、第一の殺人事件が起きた。泰子が何者かによって殺されたのだった。そして、泰子の通夜の晩、葡萄工場の発酵タンクの中に吊り下げられて死んでいる文子を発見。この二つの殺人事件には、この地方につたわる、手毬唄の通りに行なわれていることを金田一は発見。そして、文子の通夜の晩、犯人は、千恵に入れかわっている里子を殺してしまう。この犯人は、青池リカで、里子は、母親が犯人であることを知り、千恵の身がわりになったのである。金田一の捜査により、恩田と源次郎は同一人物であることがわかる。そして、恩田=源次郎は、千恵、泰子、文子の実の父親であった。リカは、それらの娘たちと血のつながる歌名雄をいっしょにできないと思い娘たちを殺してしまったのである。リカは、犯行を自供後、沼に入って自殺を測る。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第1回 日本アカデミー賞(1978年)

ノミネート

監督賞 市川崑
主演女優賞 岸惠子
助演男優賞 加藤武
助演男優賞 若山富三郎
技術賞 村木忍
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • カリスマ
  • カオス
  • MEATBALL MACHINE ミートボールマシン
  • 蠱毒ミートボールマシン
  • ハードコア
  • ディストピア パンドラの少女
  • ラザロ・エフェクト
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • タイム・トラップ
  • 人間まがい
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0複雑に絡み合ったゾクッとミステリー。

2020年8月14日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

知的

『悪魔の手毬唄』鑑賞。

*主演*
石坂浩二

*感想*
初めての金田一耕助シリーズ!犬神家の一族は、ネタバレを食らってしまったので、「悪魔の手毬唄」から観始めました。キャストは石坂浩二さん、大和田獏さん、大滝秀治さん、岡本信人さんしか知りません!(^^;

話は、鬼首村を舞台に、ある手毬唄になぞらえて事件が起きて、金田一が謎を解くミステリー。グロいシーンは特になかったのですが、死体と日本人形が怖い!血糊も怖かった!
話が複雑なので、仁礼家と由良家が争っていること、家系図を頭の中で叩きこまないとイマイチわからないです。でも!解る部分もありますけどね。僕は全部はわからなかったので、見終わった後に解説観ました。

金田一が髪の毛を激しく掻く動作や謎を解くヒントとかありました。
最後のアレはゾクッとしますし、悲しいし、切なかった。。

総じて、複雑ではありましたが、面白かったです。演出が怖かったけど、良かった!(^^)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ひろっぴ

3.5集中してみなきゃない

2020年6月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

若山冨三郎、良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
昔から映画好き

3.0やはり日本人は股旅物が好きだなー

2020年6月22日
PCから投稿

見てる間はストーリーとか、いろんなものに集中しているので犯人が誰だとかアリバイやトリックなど考える余裕は少ししかない。 映画には複雑なミステリーは合わないのであってかといって単調過ぎても面白くなくそこのところが難しい。その点、この映画は登場人物も結構多すぎるし頭フル回転でないと一瞬でワケわかんなくなる。しかし、そうして必死こいて見てると一番 ポイントとなるメイントリックって言うか、その部分が分かってしまうわけだ。そこは分かってしまうのだがしかし犯人のアリバイとかそういうところが全然描かれていない。つまりミステリーとしては成り立っていない。ということで、あまり高い評価は出来ないかな。
それに私好みの女優も出ていなかったし。
この映画の一番いいところは若山富三郎の役所であろう。あの役所はやはりいい俳優でないと映画が持たない。こんだけステリー映画として失敗していても、そこんとこだけ輝いている。それで挽回してまあまあの作品になったという感じがする。
そして金田一ものは何と言うか旅情があると言うか、去っていくところにいつも味があっていいね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KIDOLOHKEN

2.5ややこし過ぎる!

n.yamadaさん
2020年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

寝られる

誰が恩田の子だって?
女好きな男が、いろいろ手を出しすぎて、人間関係が複雑になり過ぎて、もうワケわからん( ̄▽ ̄;)
映画館で観た人は、1度観ただけで理解できたんだろうか?

まぁどーでもいいけど、岸恵子はキレイですわ(*´ `*)

で、答えは『そうじゃ』ってか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
n.yamada
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る