銀座旋風児 目撃者は彼奴だ

劇場公開日:

解説

小林旭の銀座旋風児シリーズの第三話。川内康範の原作を「泣かないで」の織田清司が脚色し、「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」の野口博志が監督した。撮影も「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」の永塚一栄。

1960年製作/82分/日本
原題:The Wayside Pebble
配給:日活
劇場公開日:1960年3月26日

ストーリー

庶民経済会の前会長の謀殺事件を追っていた梅沢刑事がある夜殺害されたが、目撃者は行きずりの小山田一郎というサラリーマン、そしてもう一人銀座旋風児二階堂卓也であった。翌日、卓也は小山田を呼び出したが、謎の女に妨害された。小山田の口はかたく、事件はただ梅沢刑事の手帳にしるされたメモから経済会に関係があるということしか分らない。卓也は大芝居を目論んだ。ある夜、料亭「四条」では庶民経済会の新会長木戸川義策が二世のハンフリー・白川に腹黒い案をうち明けたが、きき手はハンフリー・白川に非ず、卓也だった。情報屋の政が乗用車に乗った怪しい紳士の顔をみた。卓也の留守中、卓也の助手明子と東都タイムスの荒木記者を覆面の男が襲った。警察は物的証拠を楯に小山田を梅沢刑事射殺の犯人に仕立てた。卓也は前会長を射った弾丸と刑事を射った弾丸が同一であること、射程距離からみて猟銃しか可能でない点をあげて、小山田の犯人説をくつがえした。卓也は政と東京中の銃砲店を歩いたが、一つの店から出て来た男を見て政は驚いた。乗用車の男野原なのである。野原は旋風児に狩猟大会で殺そうとその招待状を渡した。このすきに政は店の地下から人質として捕われていた明子と小山田の恋人を救った。狩猟大会の日、広大な丘陵地帯で卓也は野原と会った。野原がさそい込んだ林の中から数発の銃弾が卓也をねらったが、卓也のリチャードにはかなわない。断崖ま近く、パッと藤づるをつかんだ卓也の銃口は野原ではなく、愕然と立ちすくむ木戸川に向けられた。駈けだそうとする木戸川の足元に卓也の手練の連発銃がうなった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

「銀座旋風児」シリーズ関連作品

他のユーザーは「銀座旋風児 目撃者は彼奴だ」以外にこんな作品をCheck-inしています。