鬼龍院花子の生涯

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
鬼龍院花子の生涯
20%
52%
23%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大正から昭和にかけての二つの時代に生きた土佐の侠客・鬼龍院政五郎とその周辺の女たちのドラマチックな生き方を描く。原作は高知出身の直木賞作家・宮尾登美子の同名小説。脚本は「影の軍団 服部半蔵」の高田宏治、監督は「雲霧仁左衛門」の五社英雄、撮影は「野菊の墓」の森田富士郎がそれぞれ担当。

1982年製作/146分/日本
配給:東映

ストーリー

大正十年、松恵は土佐の大親分・鬼龍院政五郎の養女となった。松恵は政五郎の身の回りの世話を命じられたが、鬼龍院家では主屋には正妻の歌が住み、向い家には妾の牡丹と笑若が囲われており、その向い家に政五郎が出向く日を妾二人に伝えるのも幼い松恵の役割りだった。ある日、政五郎は女や子分たちを連れ土佐名物の闘犬を見に行った。そこで漁師の兼松と赤岡の顔役・末長の間で悶着がおき、政五郎の仲介でその場はおさまったが、末長は兼松の持ち犬を殺すという卑劣な手段に出た。怒った政五郎は赤岡に出むいたが、末長は姿を隠していた。帰りぎわ、政五郎は末長の女房・秋尾の料亭からつるという娘を掠奪した。この確執に、大財閥の須田が仲裁に入り一応の決着はついたが、以来、政五郎と末長は事あるごとに対立することになる。これが機縁となってつるは政五郎の妾となり、鬼篭院の女たちと対立しながら翌年、女児を産んだ。花子と名付けられ、政五郎はその子を溺愛した。勉強を続けていた松恵は、女学校に入学した。昭和九年、土佐電鉄はストライキの嵐にみまわれ、筆頭株主である須田の命を受けた政五郎はスト潰しに出かけた。そこで政五郎はストを支援に来ていた高校教師の田辺恭介と知り合い意気投合、須田から絶縁されるハメに陥った。だが政五郎は意気軒昂、田辺を十六歳になった花子の婿にし一家を継がせようとしたが、獄中に面接に行かされた小学校の先生となっていた松恵と田辺はお互いに愛し合うようになっていた。やがて出所した田辺は政五郎に松恵との結婚を申し出、怒った政五郎は田辺の小指を斬り落とさせた。そして数日後、政五郎に挑みかかられた松恵は死を決して抵抗、転勤を申し出、鬼龍院家を出た。十六歳になった花子と神戸・山根組との縁談が整い、その宴の席で歌が倒れた。腸チフスだった。松恵の必死の看病も虚しく歌は死んだ。松恵は再び家を出、大阪で労働運動に身を投じている田辺と一緒に生活するようになった。だが、花子の婚約者がヤクザ同士の喧嘩で殺されたのを機に、田辺と共に鬼龍院家に戻った。南京陥落の提灯行列がにぎわう夜、花子が末長に拉致され、これを救おうとした田辺も殺された。政五郎が末長に殴り込みをかけたのはその夜のうちだった。それから二年後、政五郎は獄中で死んだ。そして数年後、松恵がやっと消息を知り大阪のうらぶれた娼家に花子を訪ねた時、花子も帰らぬ人となっていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
高田宏治
原作
宮尾登美子
企画
佐藤正之
日下部五朗
プロデューサー
奈村協
遠藤武志
撮影
森田富士郎
美術
西岡善信
音楽
菅野光亮
録音
平井清重
荒川輝彦
照明
増田悦章
編集
市田勇
助監督
清水彰
スチール
小山田幸生
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第6回 日本アカデミー賞(1983年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 五社英雄
脚本賞 高田宏治
主演男優賞 仲代達矢
主演女優賞 夏目雅子
音楽賞 菅野光亮
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0仲代達矢さんがかっこよかった

Mayuさん
2021年2月28日
スマートフォンから投稿

仲代達矢さん演じるやくざのきっぷの良さ、親分肌、強い責任感、などの男らしさの良い部分と
残虐さや乱暴さなどの悪い部分とのバランス感が今の時代にはいない格好良いキャラクターだと思いました。
昔の映画なのでやはり男尊女卑的要素が強めですが、それも勉強になりました。
岩下志麻さんの演じる極道は芸術です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mayu

2.5佳那晃子のおっぱいがいい

2021年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

鬼龍院花子は主人公の夏目雅子ではない事を初めて知った。 夏目雅子も綺麗だけど佳那晃子の男好きする体がいい! その後おばさんになってエロくなくなってしまった印象だけどこの頃のおっぱいは柔らかそうで見惚れる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画苦手な人

3.5宮尾登美子原作、重い(笑)主演は夏目雅子、本人懇願の結果らしい。 ...

2020年11月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

宮尾登美子原作、重い(笑)主演は夏目雅子、本人懇願の結果らしい。
梶芽衣子が持ち込んだ企画をパクリ、大竹しのぶを主演にしようとしたが、脱がされるの嫌さで拒否されてた模様。
ということで見どころは女優連の脱ぎっぷり。夏木マリ、佳那晃子、もちろん主演の夏目雅子も。私は佳那晃子推し、あの柔らかそうな…いかんいかん(笑)
花子役、もうちょっと…(失礼)花子の生涯っていうより、「鬼龍院松江の生涯」じゃないのか。
BS日テレ版鑑賞、ぼかすんじゃないよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

5.0夏目雅子観音様

2020年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

東映のヤクザ映画ではあるが、原作が宮尾登美子、監督が五社英雄、そしてなんといってもヒロインの夏目雅子が素晴らしく、文芸大作となった。
土佐の侠客(仲代達矢)に養女としてもらわれた松恵(仙道敦子、後に夏目雅子)が、強烈な義母(岩下志麻)の影響を受けて育つ。
もらわれてすぐに、お妾さんとの間に娘の花子が生まれ、少し生きやすくなる。
女優陣の存在感は半端なく、なかでも夏目雅子は決め台詞がドンピシャ、代表作となった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「鬼龍院花子の生涯」以外にこんな作品をCheck-inしています。