教祖誕生

劇場公開日:

解説

ある新興宗教団体に加わることになった青年がその教祖に任命されてしまう姿を毒と笑いをもって描くドラマ。ビートたけしの原作を、彼の監督作品に監督補としてついた天間敏弘が監督したもので、これが初監督作。脚本は加藤祐司と中田秀子の共同。音楽は元チェッカーズの藤井尚之が担当している。

1993年製作/95分/日本
配給:東宝
劇場公開日:1993年11月20日

ストーリー

高山和夫は帰省途中に、ある新興宗教団体の布教活動を目撃し、そのインチキ臭さに逆に興味を覚え、教団の主管である司馬大介の口添えで一行に加わることになる。やがて教団の中では、教祖を純粋に奉り、神への信仰を全うしようとする青年部の駒村たちと、宗教活動を金儲けの手段と考える司馬や経理担当の呉ら二つの勢力があることが和夫にも分かってきた。そんなある日、行方不明の父親を探していたという教祖の娘たちが現れ、教祖は家に戻ってしまい、司馬は教祖など誰にもなれると何と和夫を二代目の教祖に仕立ててしまう。最初はとまどう和夫だったが、徐々に教祖の自覚が出てき、断食を始めたりする。だが、それすらも金儲けのイヴェントにしようとする司馬と駒村が遂に衝突し、司馬は駒村と争ううち彼を刺し殺してしまった。司馬が警察に捕まった後も、呉が教団を取り仕切っていこうとするが、まさに神になったかのように和夫は彼を追い払い、教団を続けていくのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第17回 日本アカデミー賞(1994年)

ノミネート

助演男優賞 岸部一徳
新人俳優賞 萩原聖人
話題賞 作品部門/俳優部門 萩原聖人
詳細情報を表示

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5新興宗教の布教活動に面白半分に参加した青年が教祖に祭り上げられる。...

2024年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

新興宗教の布教活動に面白半分に参加した青年が教祖に祭り上げられる。
コメディではあるが、宗教について考えさせられる面もあった。
ビートたけしはいつも同じような役柄で出演しているのが今一つだが、存在感はたっぷりだった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
省二

3.0このころはブーム

2024年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

怖い

 ある新興宗教団体の布教活動を見ていた和夫。そのインチキを見るが、「暇なんで」とその活動に加わる。駒村のような熱心な信者がいる一方、司馬と呉は教団で金もうけを企てている。そして司馬により教祖はクビになり、和夫が二代目教祖に仕立てられ。
 ビートたけし原作で、ラストはやっぱりそうだよね、と思いました。1993年の作品で、この時期は地下鉄サリン事件より前、新興宗教のブームみたいな感じがあったような気がします。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
sironabe

4.0飛散する悪意

2021年12月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
因果

5.0お渡ししたいもの

2020年10月20日
Androidアプリから投稿

お渡ししたいものがございます、は我が家で定番の台詞となりました。
強烈にインパクトが残った映画です。岸部一徳が若いです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
がおたん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る