岸和田少年愚連隊

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
6%
44%
33%
13%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

喧嘩ばかりを繰り返す少年たちを主人公に、大阪・岸和田の個性的な人々の姿をノスタルジックに描いた青春コメディ。監督は「突然炎のごとく」の井筒和幸。中場利一の同名小説を、「平成無責任一家 東京デラックス」の鄭義信と「復讐の帝王」の我妻正義が脚色。撮影を「女優霊」の浜田毅が担当している。主演は吉本興業の人気若手漫才コンビ“ナインティナイン”の矢部浩之と岡村隆史。全篇を70年代の流行歌が彩る。96年度キネマ旬報ベストテン第6位。1996年3月9日より大阪・松竹角座にて先行上映。

1996年製作/106分/日本
配給:松竹=松竹富士

ストーリー

1975年、大阪・岸和田、リョーコは恋人のチュンバを鑑別所まで送るためにバスに揺られながら、昨年の夏からのことを想い出していた。中学生の悪ガキコンビ・チュンバと小鉄は、仲間のガイラやアキラとつるんでは喧嘩を繰り返す毎日を送っていた。ある日、岸和田西中の安藤たちと大乱闘を繰り広げたチュンバたちは、安藤に加勢した高丘中の宿敵・サダから付け狙われるようになる。チュンバたちがバラバラになったところを待ち伏せたサダは、数の力にものを言わせてチュンバたちを痛めつけるのだった。翌日、チュンバはサダを待ち伏せると、カバンに仕込んだ鉄板でキッチリと借りを返すが、サダはまたしても数で圧倒し、チュンバと小鉄、ガイラと間違われた双子のサンダ、鑑別所から戻ったばかりのサイの4人にヤキを入れる。チュンバたちはお礼参りにサダの学校に乗り込んで、今度こそ徹底的にサダをぶちのめした。この一件でチュンバは家庭裁判所の世話になったが、おかんの泣きの芝居で鑑別所送りだけは免れた。リョーコは飽きることなく喧嘩を繰り返すチュンバに呆れていたが、それでも内心では心配せずにいられないでいた。そんな彼らもなんとか卒業を迎え、チュンバと小鉄は工業高校へ進学し、リョーコはスーパーに就職、ガイラとサイはヤクザの仲間入りをする。入学初日に喧嘩を売ってきたゴリを叩きのめしたチュンバは、ある日、小鉄とつまらないことから仲たがいをしてしまい、小鉄が岸和田の町から姿を消した。ひとりになったチュンバは、サイたちの誘いを受けてヤクザになろうかと迷っていたが、そんなころ、おかんが家を出てしまう。人生に思い悩んだチュンバは偶然再会した小鉄とともに、現状を打破するために住み込みでレストランで働くことにした。しかし、弟の仇を取るために現れたゴリの兄・ダイナマイトの薫に喧嘩魂を再燃させられたチュンバと小鉄は、薫を見事返り討ちにするのだった。こうして、チュンバはついに鑑別所送りとなったのである。リョーコは、いつまで経っても反省しないチュンバを残して、ひとりバスを降りた。遠ざかるバスを見送りながら、リョーコはいつまでもチュンバのことを思っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0『黒部の太陽』って

kossyさん
2019年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 報復の連鎖、暴力で相手をぶちのめせば必ず仕返しされる。もしかして、そういった社会問題をも扱うのかとも感じたけど、ナイナイの2人ではお笑いになってしまう。痛さがまったく伝わらないのだ。言いたいことが何も伝わってこない回顧主義の映画ともとれる。

 1975年の様子を描いているので、懐かしむにはいい材料を揃えていた。けど前半は中学生なんだということがわかると、そんなおっさんみたいな中学生おるわけないやろ!みたいに感じてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0昔みた時よりも

2018年11月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

笑える

単純

改めて見ると、若かりし頃の芸人がゾロゾロと出演しており、時代がしのばれる。
ケンカに明け暮れる殺伐としたシーンも多く、何がしたいのか分からん阿呆な学生の姿に呆れもするが、画面に出ている人がこぞってお人好しでアホで(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪コメント書き込み一部を除き回復、皆様色々ありがとうございます

4.0懐かしい。好きな作品。

Keitaさん
2018年2月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

大阪のツレを思い出すね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Keita

3.5当時も今も面白い

散歩男さん
2017年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

興奮

1996年なので20年以上前の映画だが今も色あせない面白さ。

原作のもつ荒っぽい魅力と、(当時の)若手芸人の勢いが、関西弁という共通言語でスイングしまくり!こういう企画はよく空回りしがちなんだけど、この映画は奇跡的な融合を見せてる。

喧嘩に明け暮れるしかない青春と、しょっぱい結末になることがわかっているやるせなさ。母親役の秋野暢子がさすがの存在感で映画の骨格がピシッとしてました。大河内奈々子の妙なエロさナイス。やべっちが格好良く見えるというマジックが見れる映画です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「岸和田少年愚連隊」以外にこんな作品をCheck-inしています。