河内カルメン

劇場公開日

20%
80%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

今東光の原作を、「四つの恋の物語(1966)」の三木克巳が脚色、「刺青一代」の鈴木清順が監督した風俗もの。撮影は「三匹の野良犬」の峰重義。

1966年製作/89分/日本
配給:日活

ストーリー

河内のドン百姓勇造の娘麗子は、美しく豊かな肉体で村中の男を悩殺していた。中でも刷毛工場の息子で大学生の彰は、露子に夢中であったが、露子もまた彰に強く魅かれていた。が、村祭の夜、悪童らに処女を奪われ、母のきくが悪坊主良巌坊と関係するのを見た露子は、家出同然に大阪にとび出した。さて大阪に出た露子は同級生雪江の世話でバーに勤めた。いやらしい沢山の男の中で、同郷人だという勘造は露子に惣れこみ、露子のアパートに同居した。そのうち露子は鹿島洋子の誘いでフアッションモデルとして生計をたてることになった。鹿島洋子の家に移って、コーチを受ける露子は、洋子のセックスフレンドである経理士誠二から、洋子はすごい同性愛で露子は狙われていると聞かされ驚愕した。そしてある夜寝室を襲われた露子は、とうとう洋子のもとを逃げ出して、誠二の家にころがりこんだ。デパートのマネキンになった露子は、偶然彰にめぐり会い、誠二と別れて彰のアパートに移った。生駒山に温泉を掘ろうと野心を抱く彰のため、露子は誠二の力を借りて金貸斎藤長兵衛のメカケとなった。長兵衛に気に入られた露子を縁に、彰は長兵衛に借金を頼んだが断わられ、あげくに、長兵衛の趣味とするブルーフィルム製作のスターにかり出される始末。露子はそんな彰に半ば呆れ果てるのだった。そして数日後、長兵衛は事故死した。露子はマンションの権利をもらいうけ、一躍金持ちになった。彰が金のことでやくざに殺されたあと、露子は河内に着飾って帰って来た。だが母のきく、妹の仙子が良厳坊と寝る仲なのを知った露子は、良巌坊を滝のうえに、呼び出し、詰問する間、良巌坊は足をすべらして谷底に落ちた。家のゴタゴタを片づけた露子は、再び都へととび出していった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

3.5勇ましく奔放な女

2021年4月24日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

興奮

萌える

河内で襲われて、好きでもないシツコイ男がヒモになり愛着が湧いての別れ際、レズの社長に金持ちオヤジ、初恋相手は自暴自棄な為体、妹にまで手を出すオッサンと嫌な男性像の割に主人公同様に嫌いになれないキャラクター陣、川地民夫のホンワカした天然風味な男は最後まで爽やかに。

本作で描写されない悲惨で酷い目にどれだけあってきたのか、構うことなく己を突き進む逞しい女性像を野川由美子が気の強さとキュートな魅力で演じ切る。

これ東京編としての続編が観たい気分にさせられる、野川由美子の存在感は木村威夫の清順美学すら超えてしまう可愛さに魅了されてしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.5タフで、多少のことにはへこたれず、根あかに前向きに生きていく河内の女 それは現代の女性に求められていることではないでしょうか?

あき240さん
2021年2月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「カルメン故郷に帰る」は、木下惠介監督の1951年の作品で、日本最初のカラー作品として有名ですが、こちらはタイトルが似ていても全く別物
鈴木清順監督の1966年の白黒作品

河内というのは地名こと
今の大阪府の東半分の旧国名
大阪や堺の市街地が途切れたところから東側
北は淀川、南は紀見峠まで
東は生駒山、信貴山、二上山、葛城山、金剛山の山並みの奈良県との境目までの範囲のこと

大阪と、京都や奈良との間にある郊外の田園地帯です
戦後は宅地化が進みベッドタウンになっています
首都圏でイメージが近いのは葛飾区や江戸川区でしょうか
劇中、布施という地名がでますが、環状線からたった2駅の繁華街で、距離感からいうと錦糸町くらいの近さです
ですから劇中の会話では大阪と河内は遠いように感じると思いますが実は隣接地です

露子が通うボンの紡績工場は奈良県側の生駒駅に有ります
自転車で山道を登っているシーンがあるので、毎日峠を越えて通っていたようです
なので彼女の家は石切駅のさらに生駒山よりの辺りだと思われます

その峠は今では阪奈道路という高速道路が走っています
彼女が車で家に戻るシーンの高速道路はそれでしょう

河内弁は汚い方言で全国的に有名です
淀川は、江戸時代は人や物品を船による水運の一大幹線でした
大阪京都の中間点は、幹線道路のドライブインのような施設が求められるのですが、そこで小舟が淀川を往来する大船に漕ぎ寄り、弁当などを販売していたのですが、その名前が通称「喰らわんか船」
その売り込みの言葉があまりに口汚いことからついた名前です

河内は昔から気性が荒く、言葉も汚い土地柄ということです

大阪と京都奈良との間にあって人の往来が激しく、それだけに人との接触機会が多く田園地帯であっても人慣れしている土地なのです

それが大阪以上の人慣れというより、人を人とも思わなない気性の土地柄になった理由だと思います

今も大阪のお笑い芸人に河内の出身者が多いのはこのような背景があるのです

カルメンはラストシーンの手紙で東京に行ったとありました

今の大阪のお笑い芸人が売れたら東京に進出していくのに似ています
源流はここにあるのかもしれません

鈴木清順監督らしい作品です
「けんかえれじい」よりも「殺しの烙印」よりも
濃厚にらしさが感じられる作品です

野川由美子は北川景子にも似てクールで現代的な美しさで見とれてしまいました

河内カルメンの気性
それは戦後、女性が自由に生きていける世の中を先取りしていたということにも繋がっているのだと思います
タフで、多少のことにはへこたれず、根あかに前向きに生きていく河内の女
それは現代の女性にこそ求められていることではないでしょうか?
それを半世紀以上前に娯楽映画にしているのです
21世紀の女性を取り巻く状況は、彼女とさしてかわりません
そのままリメイクできるはずです
こうした問題に今の日本映画は取り組めていると言えるでしょうか?
この時代の映画の方が遥かに先進的であったのです

生駒の温泉は、今の石切温泉ホテルセイリュウのことであると思われます
本当に出たのです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る