学校の怪談4

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
42%
42%
16%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

海辺の町を舞台に、津波によって死んだ子供たちの霊が巻き起こす恐怖を描いたジュブナイル・ホラー。監督は「愛を乞うひと」の平山秀幸。脚本は「学校の怪談2」の奥寺佐渡子。撮影を「愛を乞うひと」の柴崎幸三が担当している。主演は、子役で新人の豊田眞唯と 『for you』の広瀬斗史輝。

1999年製作/99分/日本
配給:東宝

ストーリー

夏休みを利用して、東京から海辺の町・戸野崎に恒と弥恵の兄妹がやってきたのは、何年ぶりかの大型台風が上陸した日のことだった。「嵐の日には、海で死んだ人たちの霊が帰ってくる」。従姉のあゆむが語る町の言い伝えに、恒は背筋が寒くなるような感覚に襲われる。果たして、翌日から町の子供たちが行方不明になる事件が発生した。児童会長の周治が少年の幽霊に海に引きずり込まれ、小三トリオのひとり・護が幽霊電車に連れて行かれ、あゆむの親友の須美子も小さな女の子の幽霊に連れさらわれた。そして、町に来てからずっと昔に津波で流された木造の古い学校の中でかくれんぼの鬼をさせられる奇妙な夢に悩まされていた恒も、灯篭流しの夜、弥恵の前から姿を消してしまうのであった。兄を連れ戻す為、弥恵は文房具屋の謎の老人・関川に助けを求める。実は、彼は古い学校が津波に流された時、友達とかくれんぼしていて、ひとりだけ助かった子供であった。しかも、昨年亡くなったという彼自身も幽霊。かくれんぼの時、鬼をしていた彼は友達を救うことが出来ず、それをずっと悔やんで天国へいくことが出来ないでいたのだ。そこで、弥恵は関川と海に沈んだ校舎へ行くことを決意する。子供たちは、恒たちをさらってかくれんぼの続きをさせていたに違いない。ならば、関川と一緒に隠れていた子供たちを見つけてやれば、恒たちを解放してくれる筈だ。そして、老人と弥恵は子供たちを見つけてやることに成功。漸くこの世への思いを断ちきることが出来た子供たちと関川は天国へ昇天し、行方不明になっていた子供たちも無事帰ってくるのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0嵐の日には、死んだ人の魂がやってくる

kossyさん
2019年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 オープニングは海のそばにある尋常小学校が舞台のモノクロ映像。学校でかくれんぼをする子供たちなのだが、のどかでノスタルジックな雰囲気の中、突如津波に襲われるという話だ。そして大型台風の映像。町には防潮堤があるのだが、これもかつて大津波に襲われた経緯があってのことだろう。

 子供たちによる海岸清掃の日、地元の子たちとも仲良くなった恒と弥恵(豊田)の兄妹だったが、小学校の児童会会長が砂浜でみつけた古いカバンを海に捨てたことから彼が神隠しに遭ったかのように忽然と姿を消したのだ。そして地蔵を傷つけてしまった少年も亡霊のような電車に引きずり込まれ、次々と子供たちが消えていってしまう。恒もついに子供たちの幽霊に誘われるかのようにいなくなり・・・

 弥恵が仲良くなった文房具屋のおっさん(笑福亭松之助)は、実は1年前に亡くなっていたことがわかり、ショックを隠せない弥恵。しかし、彼が小学校ごと津波にのみ込まれた惨事の生き残りであることがわかり、幽霊と知りつつも、かくれんぼで隠れたままの子供たちを見つけることが宿命であると悟る。

 今までのシリーズとは違い、学校の中という閉塞感はないし、ドタバタ感も全くないし、亡くなった子供たちとの楽しかった最後の想い出がキュンと胸に迫るものがある。死者を愛おしむ気持ちを灯籠流しで表現して、悲しく切ない津波の記憶を観る者に訴えてくるのです。ジュブナイル・ホラーとしてシリーズ最高の出来だと思うが、いかんせん演技がまずい。特に笑福亭松之助!また、兄思いの妹・弥恵の演技力はいいのだが、幽霊だとわかっても平気だったり、まったく怖がらなかったりと、これはキャラ設定がよくないような気もする。

 クライマックスがかくれんぼを最後までやりとげること、なんてのはどこかで聞いた話だが、何の映画だったか思い出せない・・・まさか『ジュマンジ』ではあるまいしな・・・ちなみに戦前のアイスには“あたり”があったのだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0上質の怪談ファンタジーで、シリーズ最高傑作

近大さん
2019年2月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル、映画館

楽しい

怖い

幸せ

監督に平山秀幸、脚本に奥寺佐渡子が復帰したシリーズ第4弾。

いきなりだが今作、果たして“学校の怪談”と呼んでいいものか。
ある不幸により子供たちが命を落とした場所が学校なだけであって、話の舞台は町全体。
シリーズの名物だったユーモラスなお化けキャラは一切登場せず、良くも悪くも楽しいファミリー向けだった前3作とは明らかに違う。
全く別物じゃん!…と言いたくなる所だが、今作、
普通にいい映画なのである。
大人の鑑賞にも耐えうるしみじみとした怪談ファンタジー。

夏休み、東京から海辺の町の親戚の旅館にやって来た小学生の兄妹。
この町には、大津波で小学校に取り残された子供たちが犠牲になった悲しい過去があった。
ある時町で、子供たちが神隠しにあったように居なくなる事件が続き…。

これまでのようなコミカルで子供騙し的なドタバタ恐怖演出を排し、静かにじわじわと。
恐怖演出も普通にホラー映画としても、シリーズ随一。
昔津波で死んだ子供たちの幽霊が子供たちをさらっているのか…?

「幽霊は怖くない」
この台詞が本作の全てを物語っている。
幽霊と言うと、人を怖がらせるどうしても怖いイメージ。
でも幽霊だって元は、私たちと同じ血の通った人間だった。
寿命で死んだり、病気で死んだり、時には不慮の事故や出来事で…。
学校でかくれんぼをしていて、逃げ遅れ、津波で命を落とした子供たち。
あの子たちはただ、見付けて欲しいだけなのだ。探して欲しいだけなのだ。
僕たち私たちの事を。
まだここに居るよ、と。

その時鬼だった少年は間一髪津波から逃げられたが、自分だけ生き残った/友達を探してやれなかった罪悪感からずっと逃げられなかった。
その悔いを背負ったまま…。
今もこうして海辺をさ迷い続けている。

そんは悲しい幽霊…いや、友達を、現在の友達が手を差し伸ばす。
見ぃ~つけた!…と。

第1作目以来となる“夏”を舞台にした雰囲気が堪らなくいい。
昔のパートのモノクロ映像、現在パートの灯籠流しのシーン…画的にも情緒ある作り。

子役たちの好演もさることながら、やはり笑福亭松之助だろう。
お世辞にも演技は巧いとは言えない。でんぐり返しは滑稽でもある。
が、下手上手な演技と惚けた雰囲気が、心を遠い昔に置き忘れたような悲哀を味わい深く表している。

『学校の怪談』としては異色作。でも、
怪談ファンタジーとしても、しみじみとした人間ドラマとしても、ノスタルジックなジュブナイル・ムービーとしても、上質。
総じて、シリーズ最終作にしてシリーズ最高傑作。
(ちなみにシリーズ好きな順番は、4→2→1→3)

シリーズ続けて見たが、楽しく、ちょっぴりの怖さと切なさも滲ませて、やっぱり好きだなぁ。
今もシリーズが続いてたらなぁ…と思う。
毎年新作が公開されたら、夏が来た!…と思わせる風物詩になっていただろう。
お久し振りにまた出て欲しい。本当に。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「学校の怪談」シリーズ関連作品

他のユーザーは「学校の怪談4」以外にこんな作品をCheck-inしています。