エロティックな関係

劇場公開日

エロティックな関係
0%
14%
29%
43%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

パリの日本人探偵と秘書のコンビが、浮気の調査を依頼されたことから連続殺人事件に巻き込まれていくアクション。監督は「寝盗られ宗介」の若松孝二。レイモン・マルローの小説(『春の自殺者』)をもとにした「エロチックな関係」(78年日活・長谷部安春監督)のリメイクで、脚本は長谷部安春と内田裕也、撮影は「魚からダイオキシン!!」の長田勇市が担当。

1992年製作/日本
配給:松竹

ストーリー

パリの路地裏で私立探偵事務所を開くKISHINとその秘書RIEは、奥山という男から自分の愛人ロレーヌの浮気調査を依頼された。KISHINはロレーヌの浮気の証拠をつかむものの、彼女の妖しい魅力に逆に心奪われる。そんな折り、逆にロレーヌの方からKISHINに接近してきた。奥山の本業はゆすり屋で、金と地位のある男にロレーヌを抱かせてそれをネタに恐喝を働いているという。一方、奥山は紳士的な態度でRIEに近づき、高級なプレゼントや2人だけのファッションショー、古城でのディナーなどで彼女は夢心地となるが、新聞社で働くNEGISHIの話から、奥山は大物の不動産ブローカーで大金を持ち逃げして日本で指名手配を受けていることを知る。KISHINはロレーヌを助けようと奥山と取引に臨むが、その場で彼を撃ち殺してしまう。KISHINはロレーヌを連れて逃げるが、その途中彼女がKISHINを助けるためだったとはいうものの、浮気相手のHANADA、NEMOTOらを次々に射殺してしまい、ますます窮地に陥っていく。やがて奥山は実は生きており、ロレーヌを使ってKISHINを騙し、かつて同じ仲間であったHANADAらをうまく殺して持ち逃げした大金を独り占めする計画であったことが分かった。全てを知ったKISHINとRIEは奥山らと激しい銃撃戦となり、その最中にロレーヌは死に、奥山もついに2人の銃弾に倒れるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • アンチクライスト
  • ブリムストーン
  • ボーグマン
  • トラフィッカー 運び屋の女
  • X 謀略都市
  • ブルー・マインド
  • バニー・ザ・キラー
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

1.5ポンコツな関係

2020年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

単純

無駄に脱がされるロレーヌ役の女優さんが可哀想で、若松孝二にしても宮沢りえは脱がせズ!?

オープニングの前置きがイヤらしい負け惜しみな意味を解さない演出法?何だか序盤から観る気が失せてしまうが、結果はその通りな出来上がり。

フランス、パリを舞台にお洒落な犯罪モノでも撮りたかったのか?奥山和由の思惑は裏目にそれぞれの役名も笑えないし、若松孝二にシャレた映画は撮れない、撮らせる方が悪い。

魅力の無い役柄の内田裕也は普通過ぎてセリフも棒読みな雰囲気、自分で脚本を書いた割にな為体ぶり。

活かしきれないビートたけしと宮沢りえ、勿体無い感は否めない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

2.0 冒頭ではカンヌ国際映画祭の座長?が「この映画は盗作だ」などと発表...

kossyさん
2018年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 冒頭ではカンヌ国際映画祭の座長?が「この映画は盗作だ」などと発表するシーン。いきなりなんだから、笑っていいのかどうかわからなくなるぞ。なにしろ、宮沢りえがヌード写真集を出した直後の映画。そして主人公が篠山紀信だというんだから・・・また、奥山和由が製作総指揮に名を連ねているから奥山なのね・・・

 何人もの男と関係を続ける現場を追っていくと、そのうちロレーヌと鉢合わせてしまい、そのままKISHINは誘われるまま、ロレーヌと関係を持ってしまったのだ。彼女が言うには、奥山はロレーヌを使って金持ちの男に抱かせ、それをネタにして相手を恐喝するという悪事を働いていたのだ。そんな関係を断ち切り、逃げ出したいロレーヌはKISHINに懇願。RIEと相談して、相手に証拠を売りつけるべきか、それとも奥山をゆするべきか悩む。結果、奥山を恐喝しようとして赴いたKISHINだったが、ロレーヌに護身用として渡された拳銃コルト45を正当防衛として撃って奥山を殺してしまう。

 それでもロレーヌと逃避行をせがまれていたKISHINは金が必要となり、まずは美術商の男(佐藤慶)を恐喝するが、ついてきたロレーヌが拳銃をぶっぱなし殺してしまう。さらにスポーツクラブの社長(荒戸源次郎)をゆすろうとするが失敗。ロレーヌが直接交渉のため身体を張って出るが、そこでも彼女は拳銃で殺してしまう。さらに証券マン(斉藤洋介)も・・・

 ロレーヌが次々と殺してしまうのは異様だったが、奥山は実は生きているということが想像に容易いのでからくりも読めてくる。何しろ、殺された人間が裏社会の人間で2000億もの現金を詐取していたという警察からの情報が与えられ、4人が繋がっていることがわかれば、最初に1人だけ探偵に依頼すること自体が不自然となるからだ。これを最後の銃撃戦に重きを持ってくるのであれば、かなりのB級。とにかく内田の台詞回しが棒読みすぎるのだ!若松監督は演技にはかなり厳しいと評判だが、内田裕也自身がプロデューサーで脚本に携わってるのだから文句も言えまい・・・良かったのは冒頭部分やヘタレ探偵をコミカルに演じている部分だけかもしれない。音楽では大野克夫の雰囲気はなかなかいいし、「ラヴィアン・ローズ」もいい♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る