鉄砲犬

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「暴れ犬」の藤本義一がシナリオを執筆、「ごろつき犬」の村野鐵太郎が監督した“犬シリーズ”第四作目。撮影は「牝犬脱走」の小林節雄。

1965年製作/83分/日本
配給:大映

ストーリー

九州に遊んだ鴨井大介は懐に三十万、拳銃の入ったボストンバッグを片手に、伊丹空港に降り立った。早速、大衆酒場“大安”の暖簾をくぐった大介は、顔見知りの刊事木村の視線をあびて、酒にひたったが、その時、置き引きの小六が大介のボストンを奪って逃げた。後を追ったのは新星会のチンピラ松登と香車だ。可愛いハジキを盗られた大介は地団駄ふんでくやしがったが、懐の三十万があるのは不幸中の幸いであった。この三十万は、九州の賭場で知り合った小玉一夫から、病身の母へと依頼されたものだった。訪ねあてた大介は、小玉の妹照子から、小玉の複雑な事情を知らされた。塚本商工と名のって、都会の悪を牛耳る新星会のボス塚本は、グレていた小玉に近づくや、当時関西競輪界の名選手早川正を陥し入れ、その発覚を恐れて小玉を九州に飛ばしたのだった。以来小玉は新星会に、早川は小玉に復讐の心を燃やしていた。ある日、ウェイトレスをする照子に会った大介は、帰途九州に居た頃の女つる子に会い、小玉が大阪に来ていることを聞いた。いち早く、小玉・大介・照子の動きを知った新星会は、大介を殺し屋魚方を使い軟禁した。一方早川は新星会の実情を知らず、小玉を捜し求めていた。その頃大介から小六、松登の持つ拳銃の出所を知らされた塚本は、一計を案じて娑婆に泳いだ。この計画は図にあたり、殺し屋魚方の手で射殺された小玉、傷を負った早川の傷口から出て来た弾は、大介のものとみなされ、警察は大介を追った。また照子は、兄を殺したのが大介だと聞き憎悪した。大介にはアリバイがある。それはつる子だけが知っていた。だがつる子も塚本の手で消されていた。進退きわまって、ようやく逃げた大介は、偶然早川に会い、新星会のチンピラがバッグを持ち逃げしたことを知り、拳銃を手に塚本組にかけこんだ。硝煙煙る真只中、塚本を倒した大介は照子をふりきり、また旅へ出た。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る