異人たちとの夏

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
11%
63%
20%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

中年のシナリオ・ライターが、幼い頃死んだはずの両親と再会する不思議な体験を描く。山田太一原作の同名小説の映画化で、市川森一が脚色。監督は「日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」の大林宣彦、撮影は「PARIS-DAKAR 15 000 栄光への挑戦」の阪本善尚がそれぞれ担当。

1988年製作/108分/日本
原題:The Disincarnates
配給:松竹

ストーリー

原田英雄(風間杜夫)は40歳のシナリオ・ライター。妻子と別れ、今はマンションに一人暮らしをしていた。ある日、原田は幼い頃に住んでいた浅草に出かけ、偶然、死んだはずの両親に会ってしまう。二人は原田が12歳の時に交通事故で死亡したが、なぜかその時の年齢のまま、浅草に住んでいた。原田は懐かしさのあまり、浅草の両親の家へたびたび通うようになる。一方で、原田は同じマンションに住む桂(名取裕子)という女性と、愛し合うようになっていた。彼女は、もう両親には会うなという。異人(幽霊)と近づくと、それだけ自分の体は衰弱し、死に近づくのだ。原田はようやく両親と別れる決心をし、浅草にあるすき焼き屋で親子水いらず別れの宴を開いた。暖かい両親の愛情に接し、原田が涙ながらに別れを告げると、二人の姿は消えていった。しかし、原田の衰弱は止まらない。実は、桂も異人だったのだ。男にふられ原田にもすげなくされた桂は、ずっと以前に自殺していたのだった。愛と憎しみに狂った異人は原田に迫ったが、友人・間宮の機転で原田は助けられた。その後、体調の回復した原田は両親のもとに花と線香を手向け、静かな夏の日の不思議な体験を回想するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第12回 日本アカデミー賞(1989年)

受賞

脚本賞 市川森一
助演男優賞 片岡鶴太郎

ノミネート

作品賞  
監督賞 大林宣彦
主演男優賞 風間杜夫
助演女優賞 秋吉久美子
助演女優賞 名取裕子
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0小さいけど、本当に小さいけど、そこには確かに幸せがあった。

ちゆうさん
2020年6月20日
Androidアプリから投稿

主人公がやつれてしまったのは桂に取り憑かれていたからで、それを助けるために父母がやってきたんではないだろうか?
牡丹燈籠にならなかったのは父母のお陰だと思いました。
あの小さなアパートにはお金や科学では買えない幸せがあったんだよね。
わたしも子供の頃思い出して、胸が熱くありました。うちの死んだ親父も主人公の父親みたいで...

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう

3.5秋吉久美子と名取裕子が若く本当に美しかった。 時代を感じた。

tunaさん
2020年6月14日
iPhoneアプリから投稿

秋吉久美子と名取裕子が若く本当に美しかった。
時代を感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0とってもよかった

2020年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
古泉智浩

4.0観終わってしみじみする珍しいホラー映画??

2020年5月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

怖い

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
marimariパパ
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る