3時10分、決断のとき

劇場公開日

3時10分、決断のとき
34%
54%
9%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エルモア・レナード原作の傑作西部劇「決断の3時10分」(1957)を、ラッセル・クロウ&クリスチャン・ベール主演、「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」のジェームズ・マンゴールド監督でリメイク。困窮した生活から抜け出すために、悪名高い強盗のベン(クロウ)を、3日後の3時10分発の汽車に乗せるまで護送をすることになった牧場主ダン(ベール)の決断と運命が描かれる。共演はピーター・フォンダ、グレチェン・モル。

2007年製作/122分/アメリカ
原題:3:10 to Yuma
配給:シナジー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第80回 アカデミー賞(2008年)

ノミネート

作曲賞 マルコ・ベルトラミ
音響録音賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0父親としての愛やプライド

モン吉さん
2021年11月9日
iPhoneアプリから投稿

最後のラッセルクロウがクリスチャンベイルに対して、子供への愛をとてつもなく感じ、協力しようと決める瞬間号泣しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モン吉

3.5やり遂げる姿を見せる父親

さん
2021年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ラッセルクロウ扮する無法者ベンウェイド一党は馬車を襲っていた。やり遂げる姿を息子に見せる一念は強かった。ラッセルクロウの西部劇、しかもならず者役は初めて観たな。悪役も悪くないね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

4.5息子がいる父親は泣くだろうなぁ。(自分にか娘しかいないが)

2021年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

印象に残ったのは、目先の餌よりも、生き方の潔さを息子に伝えようとした

父の気概。それが沁みる。

そしてラッセルクロウの名演技、真の悪人ではないのが伝わり、それを

主人公ダンの息子ウィリアムも見抜いている。

最後、ラッセルクロウ演じる悪のボス、ベンが、

ダンを殺した自分の手下を撃つ時の目つき、凄まじかった。

それは自分自身の悪の面への怒りにも感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
藤崎敬太

4.0冴えない父親がヒーローになるまでの軌跡

2021年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「西部劇の金字塔」と紹介されているのを見掛け、鑑賞しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ:レビューが長い人
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る