劇場公開日 2007年8月4日

プロヴァンスの贈りもの : 映画評論・批評

2007年8月7日更新

2007年8月4日より恵比寿ガーデンシネマほかにてロードショー

プロバンスのイメージがすべて盛り込まれたハッピーな映画

プロバンスと聞いて思い浮かぶイメージがすべて盛り込まれた映画だ。明るい陽光、乾いた空気、丘に広がるブドウ畑と古い館、緑の庭園と咲き乱れる花々、ハーブの香り、そして極上のワインと美味しい料理。それを目で味わうだけでも充分にハッピーな気分になれる。こんな土地でのんびり暮らせたらどんなにいいだろうと思わずにはいられない。そんな庶民の夢を、バーチャルで実現してくれる映画なのだから、ストーリーが単純すぎるだの、お気楽すぎるだのと批判せず、ただ楽しめばいいのだ。

それにラッセル・クロウのコミカルな演技はなかなかのもの。こけたり、落ちたり、転がったり、フィジカルなギャグも決まっている。TVの人気子役出身なのだから、こんなことは朝飯前なのかもしれない。コメディをやるのが楽しくて仕方ないという感じでウキウキしているのがとても可愛い。リドリー・スコットがなんでワイン映画を?と思ったが、なんと、彼はプロバンスにぶどう園を持っているのだとか。それで謎が解けた。フレデイ・ハイモアの伯父さんがアルバート・フィニーなのはいくらなんでも年の差がありすぎと思ったが、きっとリド様はフィニーに自分を重ねていたんだね。

(森山京子)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「プロヴァンスの贈りもの」の作品トップへ