ディカプリオ、R・スコット監督作の相手役はラッセル・クロウに

2007年7月2日 12:00

出演作が続々
出演作が続々

[映画.com ニュース] レオナルド・ディカプリオが「ブラッド・ダイアモンド」に続き、社会派アクション「Body of Lies」に主演することは既にお伝えしたが、このたびその共演者が決定。オスカー俳優のラッセル・クロウと共演することになった。

本作は元ワシントンポスト紙の記者、デビッド・イグネイシアスの同名スパイ小説の映画化作品。国際テロ組織アルカイダのリーダーを逮捕するため、偽情報を流す作戦を遂行するCIAエージェント、ロジャー・フェリスの活躍を描く物語で、ディカプリオが演じるのはこの主人公フェリス。ラッセル・クロウは、フェリスの上官エド・ホフマンを演じる。脚本は「ディパーテッド」でオスカー脚色賞を受賞したウィリアム・モナハン、製作は「ディパーテッド」「ブラッド・ダイアモンド」に続き、ワーナー・ブラザースが担当。

ちなみにクロウがリドリー・スコット監督作に出演するのは、「グラディエーター」、「プロヴァンスの贈りもの」(8月4日日本公開)、「American Gangster」(11月2日全米公開)、そして企画進行中の「Nottingham」に続きこれで5作目。だが、ユニバーサル製作の「Nottingham」は来年初頭撮影開始の予定で、「Body of Lies」より先に出演することになりそうだ。なお、クロウの全米での最新作は10月公開される、ジェームズ・マンゴールド監督の西部劇「3:10 to Yuma」(デルマー・デイビス監督の57年の「決断の3時10分」のリメイク)になる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース