レッスン!

劇場公開日

17%
50%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨークのスラム街にある学校でダンスを教えていた実在の社交ダンサー、ピエール・デュレインをモデルに、ダンスを通して問題児たちの更正を図る教師の姿を描いた青春ドラマ。スラム街の高校に通う不良たちに社交ダンスを教えることになったピエール。それぞれの悩みを抱え夢も希望も持てずにいた生徒たちが、ピエールの授業を通して多くのことを学んでいく。主演は「レジェンド・オブ・メキシコ」のアントニオ・バンデラス。

2006年製作/117分/アメリカ
原題:Take the Lead
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C) MMVI NEWLINE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0Take The Lead♪

LaLaさん
2022年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD

昔、ラテンの貴公子と呼ばれた
アントニオ・バンデラス主演作品。

「マスク・オブ・ゾロ」
「レジェンド・オブ・ゾロ」
「デスペラード」ets...
熱いムービーが多いですが
ここでの彼は、とっても紳士です。
実在の社交ダンサーである
ピエール・デュレイン氏の
実話を基にした青春物語。

N.Yのスラム街で、
社交ダンスの教室を経営する
ピエール(アントニオ)は
荒れた高校の生徒達を
社交ダンスで
更生できないものかと志願。
問題のある生徒達に
礼儀や自尊心を教え
生きる意欲を持たせようと
社交ダンスを
指導しようとするが

家庭に問題を抱え
犯罪に走ろうとする者
人間関係に疲れていたり
自分に自信がなかったり等
様々な理由がある生徒達の
関心を惹くのは至難の業
そこで
ピエールは、
自ら熱いタンゴを披露すると
それまで、話も聞かなかった
生徒達がダンスに興味を示し
徐々に、心を開き始めて
社交ダンスの
コンテスト優勝を目指して
レッスンを始める。

アントニオ・バンデラスの
新しい魅力も再発見でき
嬉しかったです。

今、自分にできることは何かと
語りかけてくれる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
LaLa

3.0バンデラス!

kossyさん
2021年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 目撃したのは生徒が校長の車を破壊している現場。校長に面会して不良たちの居残り組で早速Ballroom Danceをやろうと持ちかける。しかし、変態扱いされ、いきなり無視される・・・

 二日目、ちょっとだけ興味を持たれるが、三日目には生徒たちはいつも通りヒップホップを楽しんでた。四日目、ピエールは優秀な生徒を連れて魅惑のセクシー社交ダンスを披露し、あっという間に生徒たちの注目を浴びる。

 徐々に社交ダンスの魅力に惹かれていく生徒。兄同士が殺人に発展するというロックとラレッタの関係やそれぞれの家庭環境もさることながら、何かを成し遂げたい気持ちのピエールの姿が素敵・・・これが実話に基づいているんだからわからないものだ。

 コンテストに参加するというお決まりの青春ストーリーながら、いろんな問題を考えさせられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0普通に面白い

sonさん
2017年2月5日
Androidアプリから投稿

終始ありきたりなストーリーですけど、
面白いですよ。
社交ダンスってとこが良かったかもですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
son

4.0苦労しながらも進んでいく道を見つけた人々

Cape Godさん
2013年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

難しい

総合:75点
ストーリー: 65
キャスト: 75
演出: 80
ビジュアル: 70
音楽: 75

 貧困層の非行に走る少年少女だが、何か生きがいや目標があれば変われる。そのために社交ダンスを持ち込んで奮闘するアントニオ・バンデラス。
 実際にこういうことをやるのは苦労の連続に違いない。生徒だけでなく学校側からも理解を得られない。物語としてはありふれたものではあるが、だからこそその苦労の過程がいかに大変なのかを描くのが重要になる。その苦労や葛藤がいい。また何人かの生徒にも焦点をあて、貧困家庭における生徒たちの抱える苦悩や心の傷も描かれている。

 ペアで踊らなければならないのにいきなり三人で踊りだして喝采を浴びたり、踊りを忘れて抱き合ってキスしたりと、これはどうも脚色しすぎだろうという部分はある。しかしマイクの配線を変えてヒップホップを流したりする場面も含めて、育ちの悪いやつらの若さゆえの特権として、映画の脚色としても大目に見てやろうと思った。一生懸命に何かを真面目にやっているやつらがなんとなく憎めないのだ。こういう話は好きです。

 まだ若くてあまり有名ではない生徒役の俳優たちが多いのだが、演技も新鮮で一人一人も個性的で好感がもてる。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全5件)