守護神のレビュー・感想・評価

メニュー

守護神

劇場公開日 2007年2月10日
7件を表示 映画レビューを書く

海猿のような… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本の“海猿”のような。
アシュトン・カッチャーが出ていたので仕事中に☆

ケビン・コスナーは鬼教官。
でもただ鬼ではなく…
海猿の時任さんのような立ち位置。

アシュトン・カッチャーは荒波に揉まれている船の救助に向かい。
船長を置き去りにできずにひとり残る。
引退しようとしていたケビン・コスナーが助けに来るが…

ふたりを引き上げるワイヤーが綻び始め…
アシュトンが絶対手を離さないと分かっていたケビンはグローブを脱いで自分で海へ…

なんとケビンはひとりで置き去りにしてしまった船長の所に戻り救助が来るまで励まし続けていたという。

その後のケビンの行方は不明。
だから海には“守護神”がいると。

海猿の方が面白いけれど、良い作品だった☆

yupppiii
yupppiiiさん / 2018年8月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おしい

面白かったけど、あと一歩足りない。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年6月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

荒波に飲まれた命を守る

教官と訓練生、互いのトラウマなど、よくある話ではありますが、リアリティも迫力もあってなかなか良かったです。
自己犠牲の神髄ですね。最後まで観て邦題の意味が分かりました。
じんわり来ました。映画館で観たかったです。

everglaze
everglazeさん / 2016年5月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

海猿とかぶるのかあまりヒットしなかった記憶があります。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

邦画の海猿に全く興味のない私なので、比較ができないのですが作品としては結構面白く観る事が出来た。イメージは海難救助隊版トップガンみたいな感じです。現場で親友を亡くし、トラウマを抱える伝説の救助士が若者を育て若者の為に自らの命を絶つという物語。ストーリーもテンポよく、個人個人の描きこみも良くっていい映画だと思うが、多分公開の時期が悪かったのかな。伊藤某が好きでない私は邦画は観ていないが悩めるケビンコスナ―の演技も良かった。プチ感動をもらいたい人にお薦めです。年の割に頑張ってます(笑)

としぱぱ
としぱぱさん / 2011年9月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

海にカラダ張ってるのはわかるんですが

内容的にはどこにでもある作品。                    頑張れば暗い過去も払拭できるんだよぉってな事でも言いたかったんでしょうけど、別に伝説人にする必要もなかったのでは。

belfry
belfryさん / 2009年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストシーンに到っては、憎いのひと言です。

 日本で大ヒットした『海猿』がハリウッドでリメイクされるという噂があったようです。でも、それとは関係なく『守護神』はハリウッドのオリジナル企画のようです。

 沿岸警備隊の鬼教官に鍛えられる若き訓練生の訓練風景となるとどうしてもかぶってくるものを感じますね。『海猿2』もなかなかの迫力で、最後のどんでん返しもあり日本映画としては頑張っている作品でした。けれどもそこはハリウッド。海難シーンのド迫力は比べものにはなりません。決死の救出シーンでは、命がけの撮影と思いきや、大型プールを使って、大時化のアラスカの海を再現しているそうで、それでもリアルティがすごいのです。

 この映画は、なんと言っても52歳を迎えるケヴィン・コスナーの男臭い演技に尽きますね。JFKを始め、アメリカンヒーローを演じる役柄が多かったですが、若い隊員に闘志を露わにしていく鬼教官役にまさに体当たりで演じています。
 彼に対峙するのが、アシュトン・カッチャー演じる天才スイマー。その圧倒的な自信と若さを前に、教官と激しく対立するのですが、単に反目し合うのでなく、ふたりの人生のエピソードを明かしながら、次第にその距離を縮めていくところがグッときますね。
その二人の会話の部分を、丁寧に描いているので分かりやすく、ラストの感動まで思い入れタップリ感傷に浸れました。

 アシュトン・カッチャーについては、私生活でバツ2熟女と添い遂げたり、弟の学費のために芸能界に入ったりと、ハンサムな上に役柄の天才スイマーの過去に似て、結構苦労人なんですね。そういうことを知っていると、彼にもチョット感情移入できるかもしれません。

 とにかくこの映画では、52歳のケヴィン・コスナーを起用しても、訓練シーンや救助シーンで嘘っぽさが全然感じませんでした。ボロを出していないのは、監督の演出がいいのかもしれませんね。ただ惜しむらくは、訓練シーンが、ちょっと長いような気がしました。

 ラストシーンに到っては、憎いのひと言です。チョット書くとネタバレになってしまいますので、アバウトに言いますが、見返りを求めないこころこそ「守護神」なんだなぁと思いました。ラストのラストで「守護神」のタイトルの意味が解って、感激ひとしおでありました。ハリウッド映画の厚みをタップリと堪能できる作品です。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2008年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名優ケビン・コスナーの本領発揮

アメリカ沿岸警備隊の救難士の活躍を描く映画。ケビン・コスナーが伝説のベテラン救難士を演じています。
沿岸警備隊の救難士と言えば『海猿』を思い出すところですが、若い男女の恋模様も描き出した『海猿』とは異なり、こちらの『守護神』はベテラン救難士とその後継者にならんとする若い救難士の交流のあたりが描かれている男臭い物語になっています。ネタばれになるので詳しくは記しませんが、そんな男臭いというところから想像付くように、ベテラン救難士と若手救難士の衝突と和解、迫る世代交代、そして、予想通りの結末と進んでいきます。そう言う意味では、ストーリーに予想が付く安心してみることが出来る映画です。
この『守護神』は、2005年のハリケーン・カトリーナの際の沿岸警備隊の活躍からインスパイアされたと言うことで、『海猿』との関連は否定されているわけですが、それでも、海中から海面を見上げてのカメラアングルなんかは、その類似性を指摘したくなったりもします。まぁ、それ以外の類似点は、それほど感じなかったですけどね。むしろエンディングは『アルマゲドン』のストーリーとの類似性を指摘したくなりますね。まぁ、こう言う内容では、似てしまうのは仕方ないのかもしれませんが。
ところで、ケビン・コスナーって、こう言うベテランの役が多いですね。まぁ、実際、ベテランの俳優でもあるわけですが、かつて活躍したが、何らかの理由で苦悩しているベテランと言う役どころにはぴったりです。アシュトン・カッチャーも、若干陰のある自信過剰の若手を良く演じています。まぁ、ベテランに鍛えられて、いい救難士になって行くわけですけどね。
この映画を見て改めて思い出されるのは、アメリカの沿岸警備隊は準軍事組織だということ。平時は警察機関というか、国境警備隊というか、軍隊ではない活動を中心に行っているわけですが、戦時には第一艦隊としてアメリカ海軍に組み込まれることになっているんですよね。階級も海軍と同じだし。その辺が、完全に海上警察組織である海上保安庁とは大きく違うところです。まぁ、そんな事を知らなくても楽しめる映画なので、男臭い物語が見たいときは、非常にいいと思います。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2007年2月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報