「海猿のような…」守護神 yupppiiiさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「守護神」 > レビュー > yupppiiiさんのレビュー
メニュー

守護神

劇場公開日 2007年2月10日
全7件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

海猿のような… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本の“海猿”のような。
アシュトン・カッチャーが出ていたので仕事中に☆

ケビン・コスナーは鬼教官。
でもただ鬼ではなく…
海猿の時任さんのような立ち位置。

アシュトン・カッチャーは荒波に揉まれている船の救助に向かい。
船長を置き去りにできずにひとり残る。
引退しようとしていたケビン・コスナーが助けに来るが…

ふたりを引き上げるワイヤーが綻び始め…
アシュトンが絶対手を離さないと分かっていたケビンはグローブを脱いで自分で海へ…

なんとケビンはひとりで置き去りにしてしまった船長の所に戻り救助が来るまで励まし続けていたという。

その後のケビンの行方は不明。
だから海には“守護神”がいると。

海猿の方が面白いけれど、良い作品だった☆

yupppiii
さん / 2018年8月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報