ブラック・サンデー

解説

 ベイルートの地下組織“黒い九月”は元アメリカ軍士官と結託し、マイアミで開催されるスーパーボールのスタジアムの観客8万人を一挙に殺害するというテロ計画を立てていた。その阻止に動き出すイスラエル特殊部隊のカバコフ少佐とFBI。彼らの息詰まる戦いを描いたサスペンス・アクション。「羊たちの沈黙」で知られるトマス・ハリスのベストセラーを映画化。日本では劇場公開が中止になったいわくつきの作品。

1977年製作/143分/G/アメリカ
原題:Black Sunday

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0対テロリスト映画の金字塔‼️

2023年5月20日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

興奮

これはテロリストを描いた映画の金字塔ではないでしょうか。もうこれは全編を通して凄まじい緊張感に覆われており、ハラハラドキドキ、一瞬たりとも目が離せません。冒頭の"黒い9月"アジトの急襲シーン、銃撃戦から始まってマイアミビーチに至るカーチェイス、そしてクライマックスの飛行船とそれを追撃するヘリコプターによる空中戦など、アクションシーンが本当に素晴らしい‼️特にラストの空中戦は、実際のスーパーボウル会場で行われたロケによる尋常ではない臨場感と緊迫感の中、ヘリから飛行船に飛び移るロバートショウが、トム・クルーズも真っ青の大活躍ですね。目的のためには命も惜しまないテロリストの恐ろしさを見事に演じる俳優さんや、緊張感と殺気の塊のようなロバート・ショウの存在感、ジョン・ウィリアムズの音楽、それらをまとめあげたジョンフランケンハイマー監督の演出まで、全てが超一流です。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
活動写真愛好家

5.0(お知らせ)これは超絶に面白いです

2023年4月13日
PCから投稿

いわくつきで、まともに公開されなかったので相当ワリを食っていますが、これは大変な傑作です。だれにでも絶対にオススメできる数少ない作品の一つです。
スリラーもサスペンスも最高潮で、フィクションなのにリアリスティックこの上なし。
非常に堅めな演出なので緊張感がみなぎっています、
数十年前に観た時メチャクチャ面白かったので、確認で再見したところやっぱりメチャクチャ面白かった。小説も映画も超一級というのは珍しいです。

補足:スーパーボウルのシーンは選手のマイアミ入りから試合場面まで実際の1976年のスーパーボウルにカメラを持ち込んで撮っています。それもDallas CowboysとPittsburgh Steelersという当時の超人気チームの対戦で、両チームのスーパースターがまんま映っています。
尚、会場のMiami Orangebowlというのはアメリカではフットボール専用スタジアムとしてはカリフォルニアのRosebowlと双璧の伝統ある競技場で、1996年のオリンピックではサッカー会場として日本が「マイアミの奇跡」を演じた場所です。20年ほど前に老朽化で閉鎖され、その跡地に作られた野球場では2023年のWBCで日本が優勝しました。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
越後屋

4.0史上類を見ないテロリズムの恐怖を映画にしたジョン・フランケンハイマー監督の傑作

2023年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 6件)
Gustav

3.0中途半端ですね

2021年6月5日
PCから投稿

テロリスト側なのか警察側なのか、どっち側に主眼を置いているのかわからない。本当はテロリスト側に思いいれしたような描き方がしたかったんだけど、どこかから圧力がかかってこうなってしまったんじゃないだろうか?ネタが面白くサスペンス・クライマックスにもたっぷり時間かけて盛り上がったんだが、人間ドラマ的に盛り上がってないので残念なことになってると思う。クライマックスは脚本の粗っぽさも目立つ。そんなんで上手く行くんなら何でも全部うまくいくんじゃない?って気がする。
これを見て思い出した映画は高倉健の「新幹線大爆破」だ。あっちの方がそこんとこの完成度が高くて良かったな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
タンバラライ

他のユーザーは「ブラック・サンデー」以外にこんな作品をCheck-inしています。