悪い奴ほどよく眠る

劇場公開日:

解説

黒澤プロ設立第1作として監督が選んだテーマは、当時社会問題となっていた政治汚職。汚職事件の隠蔽工作により自殺に追い込まれた男の息子による復讐劇を通して、政界に根深くはびこる腐敗の構造にメスを入れた意欲作。極めて社会性の強いテーマでありながら、スリルとサスペンスを盛り込むことで十二分に娯楽映画として通用する作品。

1960年製作/151分/日本
配給:東宝
劇場公開日:1960年9月15日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0これでいいのか

2024年6月9日
iPhoneアプリから投稿

加藤武が問う。実際に闘う者は身を削り葛藤しながら息絶える。森雅之の電話の相手は誰か。巨悪なるものが本当にあるか?眠っていられるのは自分自身ではないかとも思う。
西村晃の怪演もあって身元を明かすまでの展開は楽しい。主人公の苦悩と共に推進力は低下する。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Kj

5.0現代も悪い奴ほどよく眠る‼️

2023年4月30日
スマートフォンから投稿

怖い

興奮

知的

この作品は黒澤プロの第一回作品と言う事ですが、記念すべき作品に政治汚職を描いた社会派の作品を選ぶところが、黒澤監督らしいし、スリルとサスペンス満点の演出で、凄く面白く出来ています。流行語大賞を獲れそうなタイトルも素晴らしい‼️

コメントする (0件)
共感した! 3件)
活動写真愛好家

5.0バッドエンドの代表作である。 終盤で、これは主人公が死んでいると匂...

2023年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
ISSI

5.0不可解な死…

2022年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

先日、裁判で判決の出た森友文書改ざんによる職員自殺。
裁判で自殺と文書改ざんの問題に、因果関係は認められず…
豊田商事の永野会長殺害事件、ライブドアの幹部の謎の自殺に続く、不可解な死に
よって、また事件がうやむやになる…
これらの人の死によって、どれだけの政治家や権力者が救われたか…
巨匠・黒澤明監督の「悪い奴ほどよく眠る」によって、日本の闇部が描かれた。
それから50年以上経っても、この国の闇世界の構造は、何も変わらない…1歩どころか
1ミリも進歩しない。
最後に、若い物が「こんな事が許されて、いい物かっ!!!」と絶叫する者が、今も
多くいる事を願う………

コメントする (0件)
共感した! 1件)
777
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る