郵便配達は二度ベルを鳴らす(1946)

1946年製作/113分/アメリカ
原題:The Postman Always Rings Twice

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.51943版と結末が異なる!

2023年8月30日
PCから投稿

「郵便配達は二度ベルを鳴らす (1943)」版を見たのでこちらも視聴。
面白かったです。
…とくに結末が1943版と違うところが良かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
みる

3.5イタリアで作ればイタリアの、アメリカで作ればアメリカの物語になると...

2023年8月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

イタリアで作ればイタリアの、アメリカで作ればアメリカの物語になるというのが面白かった。個人的な好みはヴィスコンティ版の方。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ouosou

4.5「二度目のベルは聞き逃さない」

2021年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ルキノ・ビスコンティ版(1942年)と勘違いしての鑑賞(さらに1939年のピェール・シュナール監督版と1981年のボブ・ラフェルソン監督の作品もあるよう)。

「心待ちの手紙を待ってるとするね。ベルを聞き逃すまいと玄関前を動けない。でもベルは2度 鳴る。コーラのために二度そして俺にも二度。皆 二度目のベルは聞き逃さない。 裏庭に居てもね。」

原題 ”The Postman Always Rings Twice”も邦題「郵便配達は二度ベルを鳴らす」と同じタイトルがついているが、物語の核心にせまる部分である二度目でつく決着(レジに入れられた手紙、二回の殺人、二人の殺人に対する裁判)という考え方は非常に福音主義(キリスト教の一派)的。

一度目は過ちを犯すが二度目は過ちを改める。アメリカ的な精神いわゆる「ボーン・アゲイン」(個人の罪が赦され新たに生まれ変わること)がテーマのため、この部分は日本人にはわかりにくいだろう。

「神父さん あんたの言うとおり うまくいったよ。神様は何でも お見通しだな。コーラはニックの命を自分の命で償った 次は俺だ。」
コーラに本当に愛されていたのか?という疑念に対する答えを最後に受け取るフランク。愛の存在(それによって神の存在)を確証したフランクはニック殺害の罪を認め、自分の命で償おうと悔い改める。そして、ついには映画を見ている我々までもが彼を赦すことができる。

91点。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
neonrg

4.0タイトルなし

2019年6月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ラナ・ターナーの美しさ❗

コメントする (0件)
共感した! 0件)
もーさん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「郵便配達は二度ベルを鳴らす(1946)」以外にこんな作品をCheck-inしています。