ボッカチオ'70

劇場公開日

25%
25%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

 14世紀の作家ボッカチオの短編小説「デカメロン」を、60年代を舞台にユーモアとエロティシズムを交え描いたオムニバス作品。名優たちを主役に迎え、イタリアの巨匠4人がメガホンをとった。第1話「くじ引き」の舞台は、グラマーな美女を商品にした秘密のくじを売る射的場。第2話は、フェデリコ・フェリーニ監督の「誘惑」。社内結婚をひた隠す「レンツォとルチャーチ」(日本公開時は、この3話目はカットされた)。ルキノ・ビスコンティの「前金」は、賭けのためにセックスのノウハウを修得する伯爵夫人を描いた作品。

1962年製作/204分/イタリア・フランス合作
原題:Boccaccio'70

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

5.0突進する恋。男も女も幸せになりたいのだ。

きりんさん
2020年10月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

面白くない訳がない!
カルロ・ポンティがプロデュースして4人の名監督に撮らせた。

フェリーニ、ヴィスコンティ・・
ニーノ・ロータにソフィア・ローレン。

それぞれの監督の手法や、目の付け所が違って、映画好きの資料としても、これは優れたオムニバスなのです♪

そして、50分物の4本。これがほどよい長さ。疲れないから◎だね。
短く作る。シンプルに撮る。
これって二流には出来ないこと。非常に手腕が光る技。

で、遊び人のイタリア男たちと、彼らを振り回す魅力的な女たちを硬軟取り混ぜ、悲哀たっぷりに写してます。

それにしても、イタリア人はよく喋るわ。海外でもあのグループは近づく前からホント、大声と身ぶり手振りが賑やかですぐに分っちゃいますからね(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん

3.0カルロ・ポンティの趣向を愉しむ映画

odeonzaさん
2020年7月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.5オムニバス ②

2016年2月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る