8 1/2

ALLTIME BEST

劇場公開日

8 1/2
21%
36%
31%
10%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画史にその名を残すイタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの代表作として知られる自伝的作品。一流映画監督のグイドは、新作の構想に行き詰まってしまいクランクインを2週間も先延ばしにしていた。療養のため温泉地を訪れるグイドだったが、女性たちとの関係や仕事上の知人たちとの現実に悩まされ続けるうちに、様々な夢や幻が彼の前に現われるようになり……。日本初公開は1965年。その後、1983年にフランス映画社配給で公開。2008年にはオリジナルネガを完全修復してよみがえらせたニュープリント版(ザジフィルムズ配給)が公開されている。2020年には、フェリーニ生誕100年を記念した「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」(20年7月31日~8月20日=東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか)で4Kデジタルリマスター版が上映。

1963年製作/140分/イタリア・フランス合作
原題:Otto e Mezzo
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1965年9月26日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)MEDIASET S.p.A.

映画レビュー

5.0影響を受けていない映画監督なんかいるの?

2020年8月4日
iPhoneアプリから投稿

タランティーノのパルプフィクションの例のダンスの元ネタの一つとしても有名な作品。
デビッドリンチの自宅の玄関先に唯一貼ってある映画のポスター。
渋滞シーンは、REMの名pvエビバディハーツや、
ララランドの冒頭シーンの元ネタ。
ラストシーンの人生はお祭りだ!が、
テレビ版エヴァンゲリオンのラストにどっれほど影響を与えたことか、アニオタのみんなは流石に知っているよね?
今敏からダーレンアロノフスキーに繋がって、クリストファーノーランに至るまで、一体どんだけ影響あるんだ!!
作品どころか、要所要所が各映画に影響を与え続けている作品。
映画どころか、アニメ、漫画、小説、ドラマ、昨今はどこを見渡してもその影が過ぎる。
本作は一頭の牛であって、そこのロースを切り取るかカルビを切り取るかタンを切り取るかはそれぞれだが、映画好きなら避けては通れない作品。
腐るほど語られ尽くしてきたし、これからも語られ続けるであろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
冥土幽太楼

5.0古い名画をみる尺度

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

いまおもえば、昔は凝った映画があった。
現代人は忙しくて美学に与していられない。端的に面白がらせてくれる映画を好む。──ということ、なのかもしれない。

8 1/2を見返していると、その到達している値に感心し、ペーソスに共感する。
車の上で両手を開き帆のように風を受けているグイド。陽気にダンスする醜女サラギナ。黒縁をかけて黒いカウボーイを被り、シーツをトガのようにまといムチを振るグイド。マントを背に楽隊を連れて行進する幼グイド。それらは教典のように一般化したシンボルであり、こんにちの映画に、そのようなキャラクター設定を見ることはできない。

が、見ていて、正直な感想としては、まどろっこしい。
評点するなら、名画には天井がない。
が、じっさい見ていて、どうだろう。アベンジャーズのほうが楽しいんじゃなかろうか。古典と現代の映画の間には、この種のジレンマがつきまとう。新しけりゃいいってもんじゃないが、巷間ではつねに新しい映画が価値をともなう──わけである。

ただ個人的には、古典名画を面白かった/面白くなかったという観点だけで評点してしまえるほど、強くはない。
そもそも、古典に描かれた人情に与しなくなったのは、それが経年のあいだに、数限りなく模倣されてきたからだ。

誰の幼少時代にも、どこかにかならず存在する淫奔なサラギナや、ひとりになって幕間に消える子供のグイドが、それほどの哀感たりえなくなったのは、たんに、わたしが、年をとって、その間にもさまざまな創作に触れてきたからだ。そのことを度外して、古典に現在評価をつけることはできない。それは強いというより、不遜なことだと思う。

まったくのところ、現代社会から見るとき、グイドの低回や周囲にたいする狭量は、どうでもいいようなポゼッションに基づいている──と思う。感傷も過ぎる。
が、それは、わたしが苦悶する主人公という設定に、数限りなく触れてきたからにほかならない。
そして、なぜ悩める映画監督が、冗長なキャラクターになってしまったかといえば、世界中の人々が8 1/2のグイドのキャラクターを愛し、影響を受けてきたからにほかならない。

すなわち古典がまどろっこしく見えるのは、フェリーニが愛され、数多の創作の主人公のなかに伝播して宿ったからだ。──と思っている。

そもそも古いものを見て「古い」という感想を持つなら、古い映画を見たりはしない。映画と自分の間、1963年と今の間、それを埋めるのは鑑賞眼そのものである──と思う。

映画は、縦横に寄り道し、アイデアをはらみながら、言いたいのは追憶と悔恨であろう──と解釈している。
やくたいもない大人になって、振り返ってみると、愛憎と慚愧だけがあって、子供時代を脱してから、純心だったことはひとつもない。──という普遍の気分が描かれている。

がんらいペシミスティックな映画だが、フェリーニはほんとは道や崖のように、絶望に費えるのをやりたかったのだが、興行観点から多少の希望をかいま見せた──ような気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

5.0君はこの映画がわかるか?

2020年7月11日
PCから投稿

冒頭の部分.主人公が車に乗っているといきなりタバコの煙のようなものが湧いてきて苦しみ始める。そしてそれを周りの大人たちがじっと見ている。すると突然車から解放され、ふわっと気持ちよく空に舞い上がっていく。これで自由になれたと思ったら・・・ここで言うタバコの煙とは大人の社会の象徴であり、この映画の中で煙草を指に挟んでるやつから逃れたいという暗示である。まずこの部分をぼーっと見てしまうとこの映画はさっぱりわからなくなるだろう。私も初めて見た時、何がなんだか全くわからなかった。だからとてつもなく長い140分で苦行のようにつらかったの覚えている。私がこの映画をわからなかった一つの大きな理由は女性経験が少なかったからだと思う。その後私も少しはモテるようになり何人かの女性と同時に付き合い、結婚もしたりすると、この映画の面白さが身にしみてしまうのだな。
この映画の面白いところはそれを不条理で混沌としたストーリー構成で表現している点だ。ストーリーなんてものはそもそもない。どこまでが現実でどこからが空想なのかさえよくわからない。この後こういう感じの映画はずいぶんたくさん作られたがこれが最初の傑作かな。 カメラワークも実に面白いところがたくさんある。 例えば最初に愛人が現れる部分。 最初のカットではとてもキュートで可愛く見えるのだが、 他の物を映して、また彼女にカットが戻るとそのたびにだんだんアップが大きくなっていく。そうすると、かわいい→威圧に変わっていく。 また別なシーンでは 可愛い女がやってきてそれをカメラがフォローしていくと 突然て手前にその子そっくりな醜い年増女が立っていてびっくりする。 そんなカメラワークの工夫が 全般にわたって凝らされている
最後は盛り上がって楽しそうに監督をしているが、そこがそこはかとなく悲しく寂しいね。それまでのシーンでずっと彼の内心を描いてきたわけで。ラストシーンで彼は楽しそうに仕事をしてるが心の中はあーなんだなあなんて。
ただ、やはり長いので疲れる。体力の自信にない人は途中でいっぺん休むことをお勧めする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
KIDO LOHKEN

3.0映像と音楽が融合するってこういう事

Franciceさん
2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿

現実世界も空想と過去の記憶やらが入り混じって、1度鑑賞したぐらいでは、作品の全てを理解する事は到底不可能かと思います。
少なくとも僕には理解できなかったのです。

そんな僕に理解できたところは映像と音楽がアンバランスなのに、何故か融合してしまっている事。

お茶を飲んでるところでワルキューレの騎行?と思うがそれが何故か物凄くマッチしてしまう。

映画が現実や空想からとユラユラ揺れてるので、映像と音楽が合ってなくても合ってしまうのかな。

頭がぼっーとして、何となく映画をみてしまっているのだが時折突き抜けるような鋭い台詞もある。

そんなときは現実に戻される。

現実と空想をユラユラと揺れるなんだか麻薬のような映画でした(麻薬の経験はありませんが)

いつかまた観てみたいと思います。

いつか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Francice
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る