8 1/2

ALLTIME BEST

劇場公開日

8 1/2
22%
44%
24%
9%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画史にその名を残すイタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの代表作として知られる自伝的作品。一流映画監督のグイドは、新作の構想に行き詰まってしまいクランクインを2週間も先延ばしにしていた。療養のため温泉地を訪れるグイドだったが、女性たちとの関係や仕事上の知人たちとの現実に悩まされ続けるうちに、様々な夢や幻が彼の前に現われるようになり……。日本初公開は1965年。その後、1983年にフランス映画社配給で公開。2008年にはオリジナルネガを完全修復してよみがえらせたニュープリント版(ザジフィルムズ配給)が公開されている。2020年には、フェリーニ生誕100年を記念した「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」(20年7月31日~8月20日=東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか)で4Kデジタルリマスター版が上映。

1963年製作/140分/イタリア・フランス合作
原題:Otto e Mezzo
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1965年9月26日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)MEDIASET S.p.A.

映画レビュー

3.5ASA NISI MASA

唐揚げさん
2021年5月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

難しい

寝られる

はちとにぶんのいち⇨ようかとにぶんのいち⇨はつかにぶんのいち⇨はっかにぶんのいち

まず読めなかった。
未だに【はっ↘︎か】なのか【はっ↗︎か】なのか…
ずっと気になっていたフェリーニ作品。
高評価の一方で、「難解」「自分にはまだ早かった」「退屈」「眠い」との声もたくさんあり、「まさかねぇ」と。
まだアマルコルドしか観てないけど、あの雰囲気でそんな訳……ありました。
びっくりするぐらいその通り。
眠くなるまいと意気込んでいたのに、半分も行かずにウトウト。
ただ(また、矛盾文になりますが)、退屈なのに楽しいという謎現象。
分かりそうで分からない、難解映画特有のあの感じ。
あ、分かりそうと思って観ていたら、どんどん分からなくなっていくという。
ネタバレ解説を読んだら、意外にあらすじ自体はしっかり掴めていましたが、
謎、謎だ、謎すぎる、この映画!

簡単なあらすじとしては、映画監督のグイドが新たな映画制作のために温泉療養をするものの、良い案が思いつかず、周りから圧力をかけられ、女性関係ももつれ、ちょっとずつ病んでいくみたいなおはなし。
冒頭の車の渋滞(あのシーンの煙は、周りからの重圧ですよね)からの空中浮遊、そして自分が凧みたいになってしまうあの夢(?)で、これヤバイなと悟り…
その後も夢だかなんだか分かりませんが、幻想シーンが入るのですが、恐らくその幻想と現実が入り乱れ過ぎていて区別がつかないのが、難解さの最大の理由なんじゃないでしょうか。

映像、音楽はやはり良くて、そこはしっかりと味わうことができました。
フェリーニ節楽しいです(特に最後の円になって踊るところは最高)。

アマルコルドも徐々に好きになっていったように、これも反芻映画のような気がします。
今はこの多少のモヤモヤを持ち続けて、少し時間が経ってからまた観たいと思いました。
また違った味わい、良さが感じられるでしょう。
きっと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

5.0映画化された自由連想・箱庭的なもの。

2021年3月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

萌える

よくぞここまで己の内面をさらけ出したものだ。
 尤も、映像や音響等他の人の手が入っているので、無意識の世界というより、ち密に再構成・再創造された表象の世界である。とは言え、その表象世界におけるそれぞれの布置等と考え出すと、興味をそそられてのめり込んでしまう。ひっくり返ったおもちゃ箱。

監督はユングに傾倒していたとか。ユング心理学や夢分析の知識でもあればさらに楽しめるんだろうな。

ミュージカル・映画『NINE』の原作。

難解。
 映画『NINE』の方がミュージカル仕立てという特性もあってメリハリがはっきりしていてまだ解りやすく作っている。しかも『NINE』はハリウッド映画で有名どころがたくさん出演していらしたから人物を取り違えることは無かった。
 けど、こちらは古いイタリア映画だけあって、インパクトある俳優以外は皆同じに見えてきて、1回見ただけじゃ把握しきれない。相当予習が必要かも。

かつ、飛ぶ鳥落とす勢いの監督グイドに群がる人・人・人。常に騒がしい。

かつ、グイドの現実・願望・妄想・思い出が入り混じる。どこからが現実でどこからが内的現実なのか定かではない。

スランプになった監督の悪あがき。人間関係も行き詰っている(こっちは自業自得だが)。
ものすごく身につまされる。
 今までとこれから、周りからの期待と自分らしさの狭間で、押し潰されそうになっていた私には珠玉の台詞が満載。重苦しいべたべたとした雰囲気が、最期に少しだけ軽くなった。断捨離って必要ですね。
 (自死を匂わせるシーンもあり、そういう解釈の方もいらっしゃることを考えるとぞっとするが、自殺のシーンが妄想・断捨離のある意味の比喩と、私は解釈)

これだけハチャメチャなのにもかかわらず、映画と成立しているところがすごい。他の映画なら時間返せと叫ぶのに、この映画からは何故か目が離せない。落としどころをどうするのかがすごく気になって、最後まで見てしまう。
 女性のファッションも真似したいものから、反面教師的なものまで。
 役者の所作だけでも見応え有る。

特筆すべきは、主人公にマストロヤンニ氏を起用。
 『ひまわり』のようなシリアスなものから、『ああ結婚』のような喜劇役者までこなせる役者。
 この映画でも、『ああ結婚』でも、女にだらしない自己中人間を演じながらも、徹底的な嫌悪感を抱かせない色悪を演じられる方。
 超セクシー・かっこいいマストロヤンニ氏のあんなカッコが見られるなんて(ブブッ)。
 スランプを扱っているにもかかわらず、重すぎない、でも、上記のような自死を匂わせる危なさをだせる役者。
 つい放っておけなくて、グイドの顛末を見届けたくなる。

そして音楽。
 『アマルコルド』と似た旋律もあるが、どちらもロータ氏なのでご愛敬。

見る人を選ぶ映画。合う人と合わない人がはっきり分かれる。
語り合いたくなる映画だが、お勧めしにくい。

分かり易さで言うなら『NINE』の勝ち。
 蛇足と見るかはともかくとして、『NINE』はグイドが悔い改めて再生まで見せてくれるし。
 でも分かり易いってことは「分けて」「整理する」こと。分断してラベリングする必要がある。リメイクなら、リメイクした監督によって整理されラベリングされている。
 そこには混沌の中から、自分なりの宝石を見つける楽しさも、思いがけないものを組み合わせて生み出す楽しさもなくなる。
 きちんと整理されている心の部屋は、心地良いし、利便性が高いが、錬金術的反応は起こりにくいし、アドベンチャー気分も味わいにくい。
 何もかもを大事に抱えていると動けなくなるが、整理することで取りこぼすものも出てくる。何が必要で何を捨てるべきかは自分で決めるもの。私の人生なのだから。

どちらがお好みかは正解は無く、個人の嗜好の問題。
 どうやら私は、整理された世界より、様々なものが行き交う世界が好きなようだ。
 そしてそんな世界の中から宝物を探したくて、幾度となくこの映画を観てしまう。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

4.0不思議な感じ

花丸さん
2021年3月2日
iPhoneアプリから投稿

呪文の様な ニシ アサ など日本語かなと思いました

ファッションで楽しめました。

主演の俳優さんがカッコ良かった☆彡

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
花丸

4.5面白かった✨

talismanさん
2021年3月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幸せ

祝祭劇系の歌舞伎みたいだった。映像そのものを楽しめばいいんだな、と思った。TENETみたいに、考えずに感じろ!さらに、目で楽しめ!

ソレンティーノの映画が好きで、彼が「フェリーニの継承者」と言われる意味が、「道」と「甘い生活」しか知らなかった自分にはよくわからなかった。でも、この映画を見て分かった気がした。ソレンティーノの「グレートビューティー」も「グランドフィナーレ(原題:Youth)」も「LORO」も、妻または初恋の女性の存在が重要で、単細胞的幼児性から離れられない(いい年した)男性を、ママ(=妻)は全部認めてくれる?という願望と、それを許してくれない現実がせめぎ合っている。そして若さと老い・死が大きなテーマとなっている。

フェリーニの時代、多分どこの国でも、40代といったら立派な大人で中年。でも社会で貼られてしまった「大人」レッテルと、「実は自分、まだガキなんです」実態を映像にしてみたよ、がこの映画なんじゃないかなあ。

子どもの頃の呪文、大人の世界を垣間見たドキドキ感、王子様みたいに扱われた快感の記憶、妻がなんでも許してくれたらどんなに素敵でしょう願望、ハーレムへの憧れ、若い人だけ居ればいいから年寄り不要!、仕事でむかつくあいつ死ね!なんとまあ身勝手な。で、最後は大団円!歌舞伎とか長唄が大得意とする、色々ありましたが、明るく踊ってめでたくお賑やかにお開き~。なんかすごく慣れ親しんでる世界でびっくりした。こういう映画をドラマトゥルギーが大昔からあるヨーロッパで作るって、すごい大変で勇気がいったのではないかと想像する。

修道女やカトリックの坊さん、鳥の鳴き声、温泉療法での行列、番号で呼ばれる、美女、パフォーマンス、記憶・夢想・空想世界は、上で挙げたソレンティーノの映画にも出てくる。主人公は名をなした作曲家だったり処女作1本だけの小説家だったり政治家だったり。共通点は、老いている、超リッチである、知り合いは皆セレブである。

冒頭の渋滞道路で、動く映像が静止画像になるところがすごく好き。映像の面白さは抜群だと思った。

グイドの妻ルイザはアヌーク・エーメなんだ!全然わからなかった。美しい!清楚で純粋な感じが、フェリーニのパートナーのジュリエッタ・マシーナを彷彿とさせた。マストロヤンニは黒縁メガネがハンサム度を少し下げて、コミカル度を上げてた。

音楽は、いきなりワルキューレかー!くるみ割り人形のチェレスタ?とビックリしたので、ニノ・ロータの音楽がどれだかなんだかわからなくなってしまったのが残念でした。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
talisman
すべての映画レビューを見る(全20件)