フレンジー

劇場公開日:

解説

 無実の罪に陥れられた男の悲劇を描いた、アルフレッド・ヒッチコック後期の作品。ロンドン、テムズ川沿いの街では、ネクタイで女性を絞め殺す殺人事件が頻発していた。バーをクビになったリチャードは、金に困り元妻の事務所を訪れるが、口げんかになる。翌日、彼女がネクタイ殺人鬼の餌食になったことから、彼に疑いがかかる。ヒッチコックの前数作品の評価はあまり芳しいものではなかったが、今作で復活を遂げたと報じられた。

1972年製作/116分/イギリス・アメリカ合作
原題:Frenzy

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第30回 ゴールデングローブ賞(1973年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 アルフレッド・ヒッチコック
最優秀脚本賞 アンソニー・シェイファー
最優秀作曲賞 ロン・グッドウィン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.5晩年のヒッチが見せたキレとクレイジーぶりに震撼

2020年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

低迷期にあったヒッチコックが再び勢いを取り戻した怪作である。その冒頭、まるでツアー広告のようなロンドン映像が流れ、ここ数十年ずっとハリウッド生活が続いた巨匠の「母国凱旋」作であることがアピールされる。とはいえ、取り扱われるのは切り裂きジャックならぬ、ネクタイ絞殺魔によるダークでクレイジーな連続殺人事件。指名手配された無実の男が捜査網から逃れつつ、なんとか自力で真犯人を捕まえようとする。

ヒッチ作の犯人が極めてサイコなのは「サイコ」「見知らぬ乗客」でもおなじみだが、本作は過去の「見せない演出」ではなく、ヌードも死に顔もあえて「見せる」ことで観る者に衝撃を与える。その意味では従来の防波堤が効かない分だけ、なかなか危険だ。またシリアスになりすぎないよう細かなユーモアを加味し、コヴェントガーデンやレスタースクエア、テムズ川沿いなど巨匠ゆえに実現できた名所ロケを随所に散りばめているのも見どころだ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
牛津厚信

3.0楽しめました

2019年10月27日
iPhoneアプリから投稿

なんでそんなにすんなりいくのってトコやなんでってトコがありますが、面白かった!
女性陣がなんだか色っぽかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
もひょもひょ

3.0手抜きの多いヒッチコック作品という感じですが、カメラワークはさすが...

2019年5月26日
PCから投稿

手抜きの多いヒッチコック作品という感じですが、カメラワークはさすが!
鑑賞日:2015.3.29

コメントする (0件)
共感した! 0件)
miharyi

4.0名シェフの作ったご馳走のような作品

2018年10月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

流石はヒッチコック!面白いことこの上ない
無理やりケチをつけるとしたら、ヒッチコック監督作品お約束のすこぶる付きの金髪美女ではなくて、それなり美人の中年女性しか出ないことぐらい
とは言え彼女達も十分魅力的
だから猟奇的連続殺人犯の餌食になる説得力はある
この辺の匙加減は若い頃には理解できなかったことかも知れません

カメラワークがまずもって見事
冒頭の空撮からロンドン名所のタワーブリッジをくぐり抜けるところから驚くのだがこんなのは序の口

第一発見者が殺人現場になにも知らずに昼食から戻り、路地に向かいカメラを素通りして建物に入るシーンではそこから少しの間何も起こらず、観る側に何が起こるのかを十分に想像させたあと、絶妙の間を置いて路地まで悲鳴が聞こえて通行人が驚く様を見せる

次の犠牲者の背後に犯人が立つシーンでは、犠牲者の顔のアップとなって雑踏の音がスッと消え、カメラが引くと彼女の後ろに犯人が立っている
何いう小憎らしいくらいのカメラと演出の相乗効果を上げて見せる

事に次の殺人現場のアパートの2階から狭い階段を後ろ向きに下って、踊り場を曲がって更に下りる、遂には人が行き交う雑踏の大通りにまでカメラが途切れなく一気に後退するシーンはステディカムのない時代にどうやって撮ったのか魔術的で効果満点!

レイプに続く殺人シーンの迫真さ
正にタイトル名のフレンジー!激昂の意味通り
瞳孔を開き舌を長くだして事切れる遺体
証拠を握った死後硬直した指を折るシーンはヒッチコック作品ではあまりない残酷シーン
これを中和するためブラックユーモアもかなり強めに効かせてあり、これも絶妙なバランスで息抜きとして機能しています

出演者全員が演技達者なのは言うまでもない
またイギリスに戻った監督がロンドンらしさを画面いっぱいに繰り広げてくれます
青果市場はコベントガーデンマーケット
築地の様に都心のすぐ近くにあったのですが、今はちょうど豊洲の様に少し都心から離れたところに移転しています
音楽もロンドンらしさが出ており、何より本作の雰囲気に良く合う素晴らしいでき
くどい説明シーンはなくスマートにお話の展開を見せてくれる技は正に素晴らしい腕前の包丁さばきのよう
裁判所のドアを少し開けて判決だけが漏れ聞こえるシーンはお見事この上ない

ミシュランガイドに載るようなレストランな名シェフのご馳走を堪能したかのような満足感が味わえます

コメントする (0件)
共感した! 0件)
あき240
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「フレンジー」以外にこんな作品をCheck-inしています。