ネットワーク

劇場公開日

9%
54%
28%
9%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハワードがキャスターを務めるニュース番組は視聴率が低下。テレビ局UBSはコングロマリット企業によって買収され、局内の異動も行なわれる。そんな折、ハワードは解任されることに。疲れきった彼は番組の中で自殺を予告。しかしこの一件によって視聴率は急上昇。その後も野心家の編成主任ダイアナによってハワードの番組は大人気を博すが……。テレビ業界の裏側でうごめく人間たちの愛憎と欲望を描く衝撃作。

1976年製作/121分/アメリカ
原題:Network

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第1回 日本アカデミー賞(1978年)

ノミネート

外国作品賞  

第34回 ゴールデングローブ賞(1977年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) ピーター・フィンチ
最優秀主演女優賞(ドラマ) フェイ・ダナウェイ
最優秀監督賞 シドニー・ルメット
最優秀脚本賞 パディ・チャイエフスキー

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0『TV業界の今日を予言した一作』

2020年1月4日
PCから投稿

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
瀬雨伊府 琴

4.0未来予言映画として秀逸

2019年6月1日
Androidアプリから投稿

公開当時は話が大袈裟すぎるという批評もあったけれど、視聴率アップの為なら何でもするぞっこんのTV界を予言しておりました。SEXシーンでダイアナという女の本性を描き出す演出と演技の上手さ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.0マスメディアのモラルの崩壊

Tommyさん
2015年3月14日
iPhoneアプリから投稿

マスメディアのモラルの崩壊を風刺する映画であった。この映画が指摘することは、常々メディアに対して思っていた部分があったので、現在も観て意義のある映画であったと思う。もちろん、風刺映画なので少しシニカルに強調する部分もあるが、且つ説得力のあるネガティヴさがあった。確かにメディアのマーケティング的な情報を完全に鵜呑みにする人は案外周りでよく見かけるもので、そういう人には一度この映画を観て観点をもってほしいなと思う。キャストの演技力が高い映画だった。この映画のセリフがAFIのトップ100のうちにランクインしたのも納得の印象的なセリフだった。エンドクレジットがなかなかTV Showっぽくてよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tommy

3.0暴走する映画

Cape Godさん
2013年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

総合:60点
ストーリー: 55
キャスト: 70
演出: 55
ビジュアル: 70
音楽: 0

 視聴率を巡っての厳しい競争にさらされるテレビ業界。途中まではなかなか面白かったのだが、CCAの会長のジェンセンがビールを豪華な会長室に呼びつけて、急にどこかの舞台俳優さながらにわけのわからない観念的な思想を叫ぶところが理解出来ない。ビールは元々精神的におかしくなっていたとはいえ、あれだけですっかり会長の話に洗脳されてしまって制御出来なくなってしまう。また、いかに彼が自分の会社に都合の良くない放送を前回したとはいえ、会長も何故自分のところの看板番組をあのように手をかけて潰すようなことをするのかもわからない。彼に前言を撤回させるように命令するか、番組から降ろせば済むだけのことだろう。
 テレビ業界の何でもする汚い視聴率競争の裏世界を描きたいのだろうが、手が込みすぎていてわかり辛かった。物語の後半からは大袈裟な表現や演出が目に付くようになって、あまり自然な感じで見られなかった。物語が暴走するテレビ業界の裏側を描くということなのだろうが、映画そのものも暴走したような感じ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全4件)