ネットワーク

劇場公開日:

解説

ハワードがキャスターを務めるニュース番組は視聴率が低下。テレビ局UBSはコングロマリット企業によって買収され、局内の異動も行なわれる。そんな折、ハワードは解任されることに。疲れきった彼は番組の中で自殺を予告。しかしこの一件によって視聴率は急上昇。その後も野心家の編成主任ダイアナによってハワードの番組は大人気を博すが……。テレビ業界の裏側でうごめく人間たちの愛憎と欲望を描く衝撃作。

1976年製作/121分/アメリカ
原題:Network

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第1回 日本アカデミー賞(1978年)

ノミネート

外国作品賞  

第34回 ゴールデングローブ賞(1977年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) ピーター・フィンチ
最優秀主演女優賞(ドラマ) フェイ・ダナウェイ
最優秀監督賞 シドニー・ルメット
最優秀脚本賞 パディ・チャイエフスキー

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0大胆で奇抜なテレビ業界の内幕暴露映画の真面目な風刺劇

2022年3月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

テレビ界の出身で法廷劇の代表的名作「十二人の怒れる男」を発表した監督シドニー・ルメットは、そのデビュー作の実力を継続することが出来なかったが、1964年にロッド・スタイガー主演の力作「質屋」で片鱗を見せ、最近ではアル・パチーノ好演のリアリズムの社会派映画「セルピコ」と「狼たちの午後」で復活してきたと思われた。しかし、今度のテレビ業界の内幕を衝撃的に暴いたこの話題作は、あまり感心出来ない。勿論「十二人の怒れる男」には遠く及ばず、「狼たちの午後」にある予測不可能なストーリーの面白さも欠ける。深刻なドラマ「質屋」とも、重量感では敵わない。キネマ旬報の1977年度ベストテンの第2位に選出されているが、これは全く理解できない。ルメット監督なら、もっと完成度を要求しなくては意味が無いと思うのだが、どうしたのだろう。

視聴率獲得に血相を変えて人間性喪失の失格人物たちが、カメラの前とスタジオ外で子供じみた戦争ごっこをするのは、それはそれで面白いと思う。しかし、それを表現するのに大人の視点や批判が演出に欲しかった。ニュース報道部の主任ウイリアム・ホールデン始め、この作品でオスカーを得たフェイ・ダナウェイやピーター・フィンチの主要人物をそれなりに現代マスメディアの人間として描いている。しかし、何かに取り憑かれたようなニュースキャスターのフィンチとその扇動に共感し支持する客席の民衆とのスタジオシーンは、その社会性より皮相的な作り話の可笑しさしかない。この風刺にはルメット監督の良さが出ていないと思った。ダナウェイの熱演については改めて感心したが、でもこの程度の演技は彼女にとって普通だし、フィンチもこの役柄のお蔭でアカデミー賞を受賞したと思わせる。アカデミー賞の悪い一面が出たか、他に評価すべき俳優が居なかったのか、そのどちらかだろう。テレビはメディアの中で独立した強大な武器になることは理解する。その点を付いた大胆で挑戦的な制作意欲は買うが、内容が幼稚ではないだろうか。そこにアメリカらしい皮肉もある。ただ個人的には響かなかった。

テレビ出身のルメット監督が成し得る初めてのテレビ内幕暴露映画だが、結末が安易すぎてしっくりこない。また、その結末のスキャンダル性と、後半の社会批評に風刺の説得力がない。それでもフェイ・ダナウェイの熱演でラストまで引きずられる面白さは久し振り。どうせ皮肉ならば、テレビの世界を知り尽くしたルメット監督の遊びが出来たのではないかと惜しまれる。

  1978年 5月18日  池袋文芸坐

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Gustav

3.0ブラック

2021年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 かなりブラックなアメリカ放送界の裏側を描いた作品だ。賞をいくつも獲得しているが、見所は俳優の演技力とブラックな設定だけであり、作品そのものは大した出来ではないと思う。撮影終了後にフィンチが死亡したという事実も考慮に入れた上での主演男優賞受賞なのであろう。

 安っぽいテレビドラマの舞台装置と工夫の見られないフィルムワーク。女性重役のダナウェイとの不倫愛憎劇がかなりのウェイトを占めていることもつまらなくしている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kossy

4.0『TV業界の今日を予言した一作』

2020年1月4日
PCから投稿

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
瀬雨伊府 琴

4.0未来予言映画として秀逸

2019年6月1日
Androidアプリから投稿

公開当時は話が大袈裟すぎるという批評もあったけれど、視聴率アップの為なら何でもするぞっこんのTV界を予言しておりました。SEXシーンでダイアナという女の本性を描き出す演出と演技の上手さ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
もーさん
すべての映画レビューを見る(全6件)