1408号室

劇場公開日:

1408号室

解説

スティーブン・キングの原作を映画化したミステリー・ホラー。出演は「さよなら。いつかわかること」のジョン・キューザック、「ジャンパー」のサミュエル・L・ジャクソンほか。オカルト作家のマイクのもとに、「絶対に1408号室に入るな」という意味深な葉書がドルフィンホテルから届く。その部屋に宿泊した56人の客がすべて死亡したという事実を知ったマイクは、支配人の忠告を聞かずに1408号室の扉を開ける。

2007年製作/107分/アメリカ
原題:1408
配給:ムービーアイ
劇場公開日:2008年11月22日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2007 The Weinstein Company, LLC. All rights reserved.

映画レビュー

3.0サミュエル・L・ジャクソンのLは何だろうなとずっと思っていた。 サミュエル・リロイ・ジャクソンらしい。 スティーブン・キングの原作だから期待は高まる。

2022年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

動画配信で映画「1408号室」を見た。

劇場公開日:2008年11月22日

2007年製作/107分/アメリカ
原題:1408
配給:ムービーアイ

ジョン・キューザック
サミュエル・L・ジャクソン
トニー・シャルーブ
レン・キャリオー
イザイア・ウィットロック・Jr
ジャスミン・ジェシカ・アンソニー
ウォルター・ルイス
ホーリー・ヘイズ
アレクサンドラ・シルバー
メアリー・マコーマック

サミュエル・L・ジャクソンのLは何だろうなとずっと思っていた。
サミュエル・リロイ・ジャクソンらしい。

スティーブン・キングの原作だから期待は高まる。

ジョン・キューザックはホラー作家。
しかし書いた本はあまり売れていない。
書店でのサイン会には数人のファンが訪れた。

彼(ジョン・キューザック)は怪奇現象が起こる場所を次々に訪れ、
そのレポートを書いた。

ある日、ドルフィンホテルからハガキが届いた。
そこには「絶対に1408号室に入るな」という書かれている。

興味を持った彼は1408号室に泊りたいと願った。

支配人(サミュエル・L・ジャクソン)によるとその部屋に宿泊した56人の客がすべて死亡したという。

何度も支配人にその部屋での宿泊を拒否される彼。
根負けした支配人はついに部屋の鍵を彼に渡した。
しばらくは平穏な時間を過ごした。
やがて起こる数々の現象。

部屋のラジオからは何度もカーペンターズの
「愛のプレリュード」( We've Only Just Begun)が流れる。
ラジオを消しても、しばらくしてまた勝手にラジオが点く。

数十分間はその部屋で耐え忍んだ彼だが逃げ出したくなってくる。
しかしその部屋から出ることは容易ではなかった。

満足度は5点満点で3点☆☆☆です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ドン・チャック

3.5鑑賞動機:キング5割、友人5割

2022年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

キング作品の映画化は中短編の方が成功率高い気がする。
キング原作+キューザック&ジャクソン出演で『ザ・セル』を連想して嫌な予感がしたが、大丈夫だった。
いつどこからどんなトラップがくるか、手を替え品を替えかなりバリエーション豊富で翻弄されてしまい、ハラハラドキドキだった。向かいのビルの人のくだりは感心したし、カーペンターズをあんな風に使うとは思わなかった。

そして古い新聞記事はやっぱりマイクロで調べるのね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

2.5タイトルなし

2022年8月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

う~ん。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
hato

4.0例え誰かと一緒でも泊まらないに限る(笑)

2021年3月21日
スマートフォンから投稿

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
映画は生き甲斐