それから(1985)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

漱石の名作の映画化。生きるためだけに働くのは非人間的だとして“遊民”の生活を送る代助(松田)は、かつて友の本望に殉じて密かに愛し合っていた三千代(藤谷)を平岡(小林)に譲るが、三千代は代助を愛し代助を待ちながら、世俗的な平岡のもとで苦しんでいた。やがて代助は愛を告白するが、友と家からの絶縁が待っており……。明治末期の雰囲気を忠実に再現し、森田独特のリズムと映像美に貫かれた恋愛映画の傑作。国内の多くの映画賞を獲得した。

1985年製作/130分/日本

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第9回 日本アカデミー賞(1986年)

受賞

助演男優賞 小林薫

ノミネート

作品賞  
監督賞 森田芳光
脚本賞 筒井ともみ
主演男優賞 松田優作
音楽賞 梅林茂
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

2.0とてもつまらなかった

2019年1月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.0誠者天之道也 誠之者、人之道也

2018年11月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

『2018年の森田芳光 〜森田芳光全作品上映&史上初!ライムスター宇多丸語り下ろし〜』での鑑賞
解説付でなければ、決して鑑賞する事はなかったであろう作品。丁度、ホン・サンス監督の同名作を鑑賞した後で、題材となった夏目漱石作品を読もうかどうか迷っていたので渡りに舟でもある。
ストーリーは、教科書にも載る程なのである程度は頭に残っている。金持ちの放蕩息子が前々から友人の奥さんに恋心を持っていて、いよいよその友人に奥さんを譲って欲しいと頼む。友人は承諾する代わりに事の顛末を息子の実家に告げ、勘当される。さぁ、『それから』どうする?というエンディングである。それぞれの立場が交差する中での心理描写が如実に表現される作品であり、森田監督と主演松田優作が選んだ恋愛物語である。
只でさえ、重苦しい雰囲気がスクリーンに投影されているが、所々ユーモア(手錠 西洋料理の味等々)も散りばめられており、尚且つ、明治時代を意識しない衣装の数々、特徴的な照明の当て方等、随所に監督のアイデアが盛られている。というのも解説を聴いての気づきなのだが、それでも、多分、今の邦画作品には無い、作家性の強い強烈なアタックが心に乗っかるインパクトは充分感じる。路面電車の心象シーン等も原作には無いが、主人公の現在心境をどうやって表現しようかと考え抜いたカットは、あの時代だからそれなりにお金も掛かっている贅沢な作りである。多分、同じようなシーンならば、それこそ“エヴァ”や“千と千尋”に差し込まれているようなシーンとしての表現方法をアニメーションに頼らざるを得ないのだが。
勿論、濡れ場は殆ど無いのだが、ラムネを舐めるシーン等、その辺りの意図されたシーンも丁寧に作り込まれている。
今の時代に今作品が作られていたならば、もっと評価は高いと思わせる程の考え尽くされた出来映えだと思う。出演者も一流ばかりだし、相当の制作費がないと決して出来ない内容だ。文学作品としてはレベルの高さを否応なしに認めざるを得ない内容である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いぱねま

3.0藤谷美和子お綺麗♪

2016年2月23日
スマートフォンから投稿

難しい

描写や音楽は素敵。優作さんもいい。
でも、漱石自体がわからないんですよ。
読んでも、今回鑑賞してみてもやっぱりダメでした。
でも私がダメなだけなので1度は観てみてほしい。
好き嫌いではなく、作品と向き合う姿勢を忘れずに私は観ました。

だけど漱石が文部省選定なのは、こころも同様ですが、ちと早いんでは?いつも謎です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みきねこ

5.0優作さんの代表作ではないでしょうか

2013年11月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

知的

それまでの遊戯シリーズの冷酷だけど仲間思いというキャラクターから人殺しの様なコミカルなキャラクターまでこなしている方ですが、今作品の寡黙でそれでいて思いをうちに秘めて日々過ごしているという主人公を見事に演じられている優作WORLDを表している作品だと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とやひろ
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「それから(1985)」以外にこんな作品をCheck-inしています。