ソフィーの選択

ALLTIME BEST

劇場公開日

解説

第2次大戦後のニューヨークを舞台に、作家志望の青年の目を通して、アウシュビッツから生き延びたポーランド人女性ソフィーとユダヤ人の恋人の過酷な愛のドラマが綴られる。反ユダヤ主義の環境に育ちながらナチに人生を踏みにじられた女性をメリル・ストリープが熱演し、アカデミー賞主演女優賞を獲得。

1982年製作/151分/アメリカ
原題:Sophie's Choice

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第7回 日本アカデミー賞(1984年)

ノミネート

外国作品賞  

第40回 ゴールデングローブ賞(1983年)

受賞

最優秀主演女優賞(ドラマ) メリル・ストリープ

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5A Tale that Feels 100 Year Prior to Its Setting

Danさん
2021年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

An Emily Dickinson poem recited at the end has this film feel anachronistically in all times at once. The film humorously beckons into a complex relationship that is abusive but can't be shaken off, because Streep plays an eternal refugee from the Holocaust. The disturbing traumatic drama in the flashback scenes are much more powerful than the New World love story. An all around depressing movie.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan

0.5なにがいいのかわからない、

けいさん
2022年4月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

戦時中の話かと思って見てみたが、終戦後の時代の話だった。

となると、過去につらいものを背負っていはしても、爆撃などもなく戦後の一応は平和な生活での男女のガチャガチャなストーリーの映画としか見えなかった。
後半までは。

主人公の女性の過去のつらさはわかるが、回想で戦時中の当時のシーンがようやく終盤に出てきて話がわかってきたかんじでもあった。

それなら中盤までのガチャガチャはなくてもよかったようでもあり、半狂乱な男の話とかそれを追いかけていった女性のことも、そして、その終わり方もさみしくもありつつ、んー、男女間のメインのストーリーだった、ということで、そこは自分個人のミスチョイスだったかな、と。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けい

3.5心安らかになっても良いじゃない。

2022年2月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

難しい

思いもよらぬ事実が次々と明かされて行って
最後はドス〜〜〜ンとメガトン爆弾が落とされた様!
まさに「午前十時の映画祭」で映画館でこそ
観てよかった作品。

ポーランドの複雑な
歴史的事情を体現しているメリル・ストリープの
とにかく、青白い顔色が哀しい〜

現代の感覚だとこの結末は無しなんだろうけど、
あまりに厳し過ぎるトラウマから逃れるためには
これで良かったのかも〜と思える映画です。

で、月に8回ほど映画館の通う中途半端な映画好きとしては

ケビン・クラインが演じる役が、
この人は普通じゃないな〜と思ったらやっぱ普通じゃ無かった。
で普通じゃない男に尽くすメリル・ストリープは
理解できるとしても、
友達を続けるピーター・マクニコルが演じる
地方出身の小説家志望の青年が何だか不憫!
彼自身にもっと確固たる自信があれば
この不可解な友人関係は成立しなかったと思う
彼もまた、2人には及ばないが自分に自信が持てない
非力な存在だったからこそ、
この三人の関係が成立したんでしょうね。

生き続けるのも、死ぬのも辛い。
ここまで激しい痛みで無くとも、
ある程度歳月を重ねた人間には
大なり小なり思い当たるものです。

捨ててしまえるものならば早く捨てて
心安らかに生きるのも一つの生き方ですね。

@もう一度観るなら?
「苦し過ぎる〜〜一度がやっとです。」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova

4.0孤独な魂が引かれ合うとき

ゆうさん
2022年1月2日
iPhoneアプリから投稿

40年ぶりに再鑑賞。抱いていたイメージと全然違っていた。こんなに重苦しいテーマだったのか。当時はメリル・ストリープの美しさばかりに目がいっていたけど。ネイサンも精神障害を背負って、だからこそ、悲惨な過去を背負うソフィーとあんなに引かれあったのだと、理解できました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆう
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る