ブレア・ウィッチ・プロジェクト

劇場公開日:

解説

モンゴメリー・カレッジの生徒、ヘザー、ジョシュ、マイク。3人は大学の課題のため、バーキッツヴィルに残る伝説“ブレア・ウィッチ(ブレアの魔女)”についてのドキュメンタリー・フィルムの撮影を始める。共同墓地で最初のシーンを撮り終えた3人は、地元の人々にインタビューを開始。彼らは、程度の差こそあれブレア・ウィッチについて聞いたことがあった。翌日、インタビューを終えた3人はブラック・ヒルズの森に入っていく。

1999年製作/81分/アメリカ
原題:The Blair Witch Project
配給:アスミック・エース、クロックワークス、松竹
劇場公開日:1999年12月23日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1999 Blair Witch Film Partners, Ltd. All Rights Reserved

映画レビュー

4.0面白いけど今見ると

2024年1月11日
iPhoneアプリから投稿

The Blair witch projectついに見ました。以前Blair witchは鑑賞しましたが、今作は未鑑賞でした。正直あんまり怖くなかったです。Blair witchが怖かっただけに残念です。でも当時の時代を考えると画期的な映画だとわかるくらい作りがすごくいいです。あと嫌いな人が多いであろうバットエンド!僕は大好きなのでこの評価です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
STALSK12

1.0モキュメンタリーの先駆け

2023年12月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

魔女伝説が残る山中で遭難し、正体不明の何かに襲われるって感じだけど
道中の険悪になってゆく人間模様としょうもない喧嘩しか印象に残らなかった。

たしかに不気味な映画ではあるけど、徹底して怪異の正体を写さなかったのは評価分かれそう。
いや、あからさまに魔女や怪物を出したらチープになるか?

コメントする (0件)
共感した! 1件)
カミムラ

3.5余計なものが映っていない分こわい

2023年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

引き算の発想で、予算がなければ余計なものを映さないという徹底ぶりで、低予算なのにここまでのクオリティの映画にしてしまった奇跡の出来栄え。この映画に関わった、ほとんどの人がその後ヒット作を作っていないことを見ると、とんでもないまぐれ当たりだったことになります。

監督のコメンタリーに、カーラジオから流れる曲に、「使用したい曲があったが、予算の都合で使用できなかった」みたいなコメントがあったので、このような、ファウンドフッテージものにして、編集も粗く、音楽もつけず、登場人物も最小限で済むという、開き直りで作ったら、妙なリアリティが出て、それが怖さを生み出し、ヒットしたという皮肉な作品ですね。

潤沢な予算と、入念な準備期間を経て制作された映画だけが、面白いものになるわけではないという、いい例になったと思います。

ただし、結局みんなどうなっちゃったの?とか、ブレアウィッチっていったい何だったのとか、そういう根本的なことは何も解決していません。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ

2.5【モキュメンタリー・ホラーの先駆け的作品。】

2023年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

単純

興奮

■大学の映画学科に通うヘザー、ジョシュ、マイクは、伝説の魔女を題材としたドキュメンタリー映画を撮影するべくブラック・ヒルズの森に向かうが、そのまま消息を断ってしまう。
 それから1年後、彼らのものと思われるフィルムとビデオが森で発見される。

◆感想

・超低予算で作られた作品であろうことは良く分かる。

・特に怖いシーンが出てくるわけではなく、じわじわと怖さが伝わって来る作品である。

<今作の意義は、その後多数制作されたモキュメンタリー・ホラーの先駆け的作品であるという事であろう。>

コメントする (0件)
共感した! 1件)
NOBU
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」シリーズ関連作品