メリンダとメリンダ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
メリンダとメリンダ
7%
31%
59%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウッディ・アレン監督の新作は、ヒロインがたどる2つの道筋=ラブ・コメ版と悲恋もの版を交互に描くラブ・ストーリー。マンハッタンのレストランにたむろする劇作家たちが「人生は悲劇か喜劇か」を議論するため、ひとりの女性を巡る2つの物語を構成していく。スタートはどちらも監督、俳優、製作者たちが集まるパーティ。そこにメリンダが登場してドラマは2つに分岐していく。メリンダ役は「ネバーランド」のラダ・ミッチェル。

2004年製作/100分/アメリカ
原題:Melinda and Melinda
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2005 TWENTIETH CENTURY FOX

映画レビュー

3.0凝った作品の割に

Ayakaさん
2017年1月15日
iPhoneアプリから投稿

凝った作品の割に残らなかった。
単調なようで単調でない、わかる人にしかわからない作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ayaka

3.0ちょっと、ひねり過ぎ

2016年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

悲しい

知的

お恥ずかしいことに、ウディ・アレン監督はあんまり観てきてないんですよね。『アニー・ホール』、『インテリア』、『マンハッタン』っていう有名なところは昔、観てみたんですけど、なんでか次が続かなかったですね。思うに、ちょっと映画に素直じゃない感じがしてたんだと思うんですよね、ウディ・アレン監督って。
久々に、ウディ・アレン監督を観てみたんですけど、うーん、上記の印象はやっぱりあんまり変わらなかったかなぁ。喜劇のメリンダと、悲劇のメリンダのお話が同時並行で進んでいくっていう、ちょっと変わった構成の本作ですけど、この効果ってそれほど大きいのかなぁって、首をかしげたくなる感じでしょうかね。観終わってみて、「なるほど、なるほど」なんて納得はするんですけど、そういう知的な納得で終わってしまうと言いますか。
ウディ・アレン監督作品をほとんど観てないので、想像でしかないんですが、たぶん悲劇とか喜劇とか、それぞれこれまでの作品でやり尽したって感じがしてたんでしょうかね。それで、ちょっとトリッキーな今回の構成になったのかもしれないですね。
ところどころ、主役のラダ・ミッチェルがとても魅力的に見える瞬間があって、その方向で一点突破してくれれば良かったのになぁって思いましたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー

2.5求めなければ人生は気楽

ミカさん
2015年4月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

人生は悲劇、だけど喜劇といういつものスタンスに間違いはありませんが、いつもの勢いとアイロニーが少し足りなかったかな?

凝った作りですが、ごちゃごちゃし過ぎている感は否めませんでした。

ウディ・アレンは、男性が主役の方が断然面白いです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

2.5意外に楽しめなかったかな。

2013年12月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

難しい

ストーリー展開が、楽しみなウッディ・アレン監督作品でしたが、今一つの印象でした。取り組み自体は面白いし、人により、評価が別れる作品かもしれません。私が今一つと思ったのは、登場人物が多いから何となく、ストーリーに入れない部分。特に金髪ミドルな女性は皆様同じに見えて頭にはいりませんでした。後半にはやっと面白くなったけど。てな、感じで中間の星2、5でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
としぱぱ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る