デビルマン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
デビルマン
8%
0%
9%
21%
62%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

永井豪が72年に開始した名作コミック「デビルマン」を「ビー・バップ・ハイスクール」「ピンチランナー」の那須博之監督が映画化。デビルマン=不動明とサタン=飛鳥了はモデル出身で音楽ユニットFLAMEで活動する双生児、伊崎央登、伊崎右典が演じる。高校生、不動明はデーモンのひとりに身体に侵入されるが、精神は人間のままのデビルマンとなる。映画版は原作をアレンジ、デーモン軍団とデビルマンの最終戦争が描かれる。

2004年製作/116分/PG12/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2004「デビルマン」製作委員会

映画レビュー

1.5すげぇツッコミと笑いに溢れる映画。

2020年1月2日
PCから投稿

なんでボブ・サップ出てくんねん。基本全員の演技がひどい。作中の「アレハアレハ 誰ダ誰ダ」みたいな曲なんやねん。アキラの部屋のインテリアなんやねん。アキラがデビルマンになったときに必ずする右腕を前にするポーズはなんやねん。そのポーズで森の中に友達(ジンメンにやられた子)を探すシーンは意味不明。てかシレーヌはどこいった?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ

1.5映画レビュー書く人は全員これ観ろ

といぼさん
2019年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

原作は永井豪の超名作。間違いなく面白い。
製作費は10億円と、邦画にしてはかなりの予算。
最新のCG技術を用いた迫力あるアクションシーン。

なんでこれだけ恵まれた環境でこんな酷いことになっちゃったの。「これがダメだった」っていう決定的な欠点があるわけではなく、演技も脚本も演出も映像も、もれなく少しずつ欠点があって掛け合わさって怪作が生まれてしまった。

ただ、私個人の意見ですが、ネット上などで言われているほど悪くはなかったというのが正直な印象。「こういうことがやりたかったんだろうな」ってのは何となく伝わってきましたし、おそらく構想通りにきちんと出来上がっていれば傑作映画になったはずです。
それなのに役者陣の棒読み演技が脚本を殺し、突っ込みどころの多い脚本が演出を殺し、違和感のある演出が映像を殺し、無駄なCG多用が役者陣を殺した。ピタゴラスイッチ的にそれぞれの欠点がそれぞれの長所を殺して最後には何も残らない。そんな映画でした。

作家の山本弘さんが
「映像作品作りたい人はこれを見たらいい。娯楽映画においてやっちゃダメなことが分かる。それをやらなければ極端な駄作が生まれる可能性が減るだろう」
とブログで綴っていたのが印象的で、全くもっておっしゃる通り。

映画製作に携わる人もレビューサイトに評価を書く人も、皆この作品を観たらいい。「何がダメだったか」を考えながら観ていただければ、今後の映画の見方が変わると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ

0.5ヤバい、これはガチなヤツや!

2019年9月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

興奮

難しい

ドラクエの映画の駄目さ加減を表現するに際し、各所で引き合いに出されていたので興味を持ち、アマゾンプライムで無料視聴。原作のデビルマンはかなり好きな作品ですが、この映画の存在は知りませんでした。何故ならデビルマンは原作以外の映像化作品はダメとアニメ見て確信してたから。
「クソらしい」という評判だけ聞いて楽しみに視聴。ものの十分でタイトルどおりの感想。ツッコミ所満載の脚本、演出の連続に、突っ込む気持ちすら失せる程、「何故こうなった?」という疑問に支配されました。演技の下手さが目立ちますが、映画はしっかりした脚本さえあれば、演出でどうにでもフォローできるものです。事実シンゴジラは役者に演技させないほど脚本が面白かった。でもこれはなんだ! まあ、ここまで酷い脚本は70年代のテレビがおおらかだった時代の子供向け特撮番組並み。10億もかけた大作に、プロデューサーはじめ、関係者は誰も意見を述べなかったのだろうか。これを映画館で観た方々にはただ、ただ、哀悼の念を抱くばかりだが、無料で、観られるならば一見の価値はあるレベルの謎映画です。10億使って、どうやったらああなるのか、考えさせられる、めったに見られないレベル

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ばるすパパ

3.0当時の日本のCGとしては頑張ってる方だと思う。

MrPさん
2019年5月8日
iPhoneアプリから投稿

ただ演技が最悪です。日本映画史に残るダメな日本映画の代表例になる事だろう。多くの監督にはこれを反面教師にして貰いたい。制作費が10億円と掛かってるみたいなのですがCGとセットは分かっても後どこに掛かってるのか…もしかして無駄な芸能人の起用ですか?日本映画は大根芸能人役者とセリフの棒読みをやめれば多少はマシになるんじゃないですかね…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MrP
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る