デビルマン
ホーム > 作品情報 > 映画「デビルマン」
メニュー

デビルマン

劇場公開日

解説

永井豪が72年に開始した名作コミック「デビルマン」を「ビー・バップ・ハイスクール」「ピンチランナー」の那須博之監督が映画化。デビルマン=不動明とサタン=飛鳥了はモデル出身で音楽ユニットFLAMEで活動する双生児、伊崎央登、伊崎右典が演じる。高校生、不動明はデーモンのひとりに身体に侵入されるが、精神は人間のままのデビルマンとなる。映画版は原作をアレンジ、デーモン軍団とデビルマンの最終戦争が描かれる。

スタッフ

監督
脚本
那須真知子
原作
永井豪
撮影
佐野哲郎
コンセプトデザイン
寺田克也

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 116分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

サタンはなぜ髪を脱色しているのだろうか?
デビルマンの映画評論・批評

永井豪の最高傑作「デビルマン」の映画化は見果てぬ夢だった。物語の面白さ、登場するキャラクターの魅力、名セリフの数々から、必ずや映画化されれば傑作になるだろう。同時に苛烈きわまりない残酷描写と、神と悪魔と人類そのものの概念に疑いを投げか...デビルマンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
1.3 1.3 (全25件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報