ビヨンド the シー 夢見るように歌えば

劇場公開日

ビヨンド the シー 夢見るように歌えば
33%
50%
17%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アメリカン・ビューティー」「ユージュアル・サスペクツ」のオスカー俳優ケビン・スペイシーの「アルビノ・アリゲイター」に続く監督第2作で、今回は主演も兼任。50年代から60年代に活躍し37歳で夭折した実在のエンターテイナー、ボビー・ダーリンの生涯を音楽満載で描く。彼が結婚した人気女優サンドラ・ディー役は「ブルークラッシュ」のケイト・ボズワース。他にジョン・グッドマン、ブレンダ・ブレッシンら芸達者が共演。

2004年製作/118分/アメリカ
原題:Beyond the Sea
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第62回 ゴールデングローブ賞(2005年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ケビン・スペイシー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0またひとつお気に入りのミュージカルが増えてしまった

kossyさん
2018年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 少年ボビー・ダーリンと大人のボビー・ダーリンが自らの物語を展開するという、普通の伝記映画とはちょっと違う構成。この映画を観るまではボビー・ダーリンという人物さえ知らなかったけど、タイトル曲だけは知っていた(『ファインディング・ニモ』でも流れてましたよね)。グラミー賞のみならずアカデミー賞にノミネートされたことのあるボビー。最近、多くの伝記映画が発表されているため影が薄くなってしまったけど、エンターテイメントにかける情熱、生き様という点では最も好感が持てる人物でした。

 人気若手女優サンドラ・ディーと結婚、クラブ“コパカバーナ”での出演、オスカーノミネートといった華々しい成功物語のあたりでは、それほどでもなかったけど、義姉ニーナとチャーリーの家族愛に涙が止まらなくなってしまいました。その後の反戦フォークソングはちょっとヤケ気味で悲しくなったけど、ラスベガスのフラミンゴでの演奏は素晴らしかったです。

 どこまで真実なんだろう?と考えてもみたけど、ケヴィン・スペイシーの思想もそのまま反映されていそう。歌も踊りも無難にこなすスペイシー。手術痕をみんなに見せてから歌わないでください。ハラハラするから・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0にじみ出るスペイシーの愛情

The Dudeさん
2007年10月10日

見ようによっては怪作だ。スペイシーは30代後半で逝去したボビー・ダーリンを演じるには老けすぎているし、ボブ・ホスキンスが20代を演じるという無茶まである。ボビー・ダーリンが自身の少年時代と問答するという構成も見る人によってはナンセンスで不快だろう。

 でも、しかし、このスペイシーのダーリンの人生への愛情は本物だ。複雑な出生による自己喪失やサンドラ・ディーへの深い想いを演じるスペイシーは似ていなくともダーリンその人だ。ナマ唄で勝負する根性と役者ぶりは吹き替えに頼った『レイ』のジェイミー・フォックスよりも素晴らしい。そんなスペイシーの愛情を見ているだけで、たくさんあるこの映画のアラも許せてしまう。

 あと、ボズワース扮するサンドラ・ディー、可憐でした。互いに想い合っているのに幸せになれぬのは哀しいことです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
The Dude
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ビヨンド the シー 夢見るように歌えば」以外にこんな作品をCheck-inしています。