あるいは裏切りという名の犬のレビュー・感想・評価

あるいは裏切りという名の犬

劇場公開日 2006年12月16日
7件を表示 映画レビューを書く

パリ警視庁のBRI(探索出動班)とBRB(強盗鎮圧班)は同じ警察組... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

パリ警視庁のBRI(探索出動班)とBRB(強盗鎮圧班)は同じ警察組織にありながら激しく対立していた。双方のボス、ヴリンクスとクランはともに次期警視庁長官と目される優秀な幹部。しかし、あくまで現場志向で部下からの信頼も厚いヴリンクスと上昇志向が強く狡猾なクランは性格も正反対。二人はかつて親友同士であったが同じ女性カミーユを愛してしまい、カミーユがヴリンクスと結婚して以降関係がきくしゃくしていた。そんな折武装グループによる現金輸送車連続襲撃事件が発生、現場で鉢合わせするBRIとBRB。ともに24時間体制で捜査にあたるよう厳命が下されるが、功を焦ったクランが犯したミスをきっかけに事態は徐々に暗転していく。
様々な試練に晒されながらも理性を失わないヴリンクスを演じるダニエル・オートゥイユと自身の野望のために手段を選ばないクランを演じるジェラール・ドパルデューの対立を軸に様々な人間関係が重ね合わされた重圧なドラマが圧巻、そんな二人の男の運命を狂わせるカミーユを演じるヴァレリア・ゴリノの美しさも印象的です。

よね
よねさん / 2018年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鬱々と淡々としたプロットと美しい音楽

人には薦めない、すかっとするエンターテイメントじゃあないから
でもじっくりと味わうことのできる映画

tata
tataさん / 2015年12月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凶暴な正義

邦題が微妙だが、内容はすごく良い。
アルパチーノに似た雰囲気が渋い。

pazoo
pazooさん / 2015年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

38

渋い。重い。

もやし
もやしさん / 2015年10月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

73点 映画を飽きさせない”技法”がずるい

youtubeで ユーチューバーと言われる方々をみると
 その大手と言われる人たちは
  自身が話している最中をリズミカルにちいさく区切り編集
・・すると、どういうわけか例え中身が大したことがなくとも
  観覧側は飽きずに 動画に惹かれ見続けられる効果がうまれる
                           みたい
・・この作品にも同じことが言える
 ストーリーだけを終わった後ふりかえれば大したことがない

   展開のコマをさくさくと進めることで
     なんとなく飽きずにみていられるのだ まさに同じ技法

しかしながら、
ノンフィクション的なリアル汚職感をくみこむことで生まれる
 味気ない物語を ここまで惹かせるのはスゴイかな~ ( ◠‿◠ )

 ひとつ脚本で感心できる点は悪いことをした方々は
  全員 それなりの報いをうけているバランスが非常によいこと
  多少強引さはあるものの
 ここのスッキリ感はなかなか tres bien ! (トレビアン!)

2014年3月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なげぇ。

盛り上がってくるまでの展開があまりにゆっくりで、「なげぇ」と17回くらい呟いたあたりでやっと山場が始まった。
アメリカの映画みたいな「正義は勝つ!しかも至極正攻法で!」っていう単純明快な最後じゃなかったけど、たくさんの登場人物や組織の絡みが細かく描かれていて、スッキリした終わり方だった。
物語が進むにつれて悪役としてのキャラクターを確立していくクランだけど、元はといえば権力争いだったり奥さんの取り合いだったり、彼が歪んで壊れていく動機は理解できるし、誰しも思い当たる節があるんじゃないかと思う。
だから世紀末的にウザい奴だと思う反面、部下には嫌われ夕飯の席で自分の奥さんにも哀れまれ、物凄くかわいそうにも見えた。まぁでも、やっぱり嫌な奴。
今まで会ったフランス人はみんなプライドが高くて排他的で仲良くなれた試しがなかったけど、映画はハードボイルドで格好いい。
フランス語の余韻に浸りたくて、エンドロールをぼーっと最後まで見てしまった。

Chisa
Chisaさん / 2013年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 興奮 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

登場人物のどろどろとした人間性のからんだ犯罪活劇

総合:75点
ストーリー: 80
キャスト: 70
演出: 80
ビジュアル: 75
音楽: 75

 かなりどろどろとした人間関係が犯罪事件の裏側に描かれる。
 ただの犯罪アクションではなく、人の野望、欲、ねたみ、悲しみといったものが絡まり、警察が犯人と対決するだけの単純な善悪の対決の物語とはならない。そのような人間性を描いていることがハリウッド映画とは違うフランスらしさだろう。
 ただそのようなことを描いているぶん、時間的に苦しいようにも感じる。もっと長くするか連続ドラマにするならもっと良いものになったように思う。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi