劇場公開日 2006年12月16日

あるいは裏切りという名の犬のレビュー・感想・評価

3.58
15%
52%
22%
11%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全8件を表示

4.0鼻が特徴的な名優対決

kossyさん
2018年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ジェラール・ドパルデューは好きな俳優の一人ですが、フィルム・ノワール作品だけあって鼻の陰影もくっきり描き出されているため、どうしても目立ってしまう。いかに男根鼻といえどもモザイクをかけるわけにはいかないので、ライバルの警視には同じく鼻が印象的なダニエル・オートゥイユが起用されている(彼が主人公)。

 “36”というタイトルがど~んと描かれ、どこの誰が“犬”なんだかとワクワクしながらのめり込んだ前半。現金輸送車強奪事件が連続し、9人もの人が殺されていた。そんな物騒なパリであったけど、警察内部では長官(アンドレ・デュソリエ)の昇進が決まっていて、この事件をBRIのレオ・ヴリンクス警視(オートゥイユ)とBRBのドニ・クラン警視(ドパルデュー)が追うことになった。事件を解決すれば次期長官に・・・と野心に燃えるクラン。一方のレオは出世欲は感じられないのだが・・・

 情報屋という存在が大きかった。難事件を解決するにも信用度が低い彼らの情報も無視はできない。大体が犯罪者であったりするのだが、時として貴重な情報源となったりするのだ。2人のライバル警視は情報屋を殺されたり、その情報屋に利用されたりと、捨て駒であるはずの彼らに運命を翻弄されるところが見ものなのです。そして裏情報を得たヴリンクスは見事に事件を解決し、クランは失脚するかに見えた・・・

 立場が逆転して投獄されたり、最愛の妻を失ったりで奈落の底へ突き落とされたかのような男を演じたオートゥイユがしぶかった。ドパリュドゥーやドゥソリエも鋭い眼孔の奥底で、口には出さない心理が読み取れるところが凄い。そしてもう一人、ヴリンクスの部下であったティティが物語の最大のキーパーソンになるところも脚本の素晴らしいところだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0パリ警視庁のBRI(探索出動班)とBRB(強盗鎮圧班)は同じ警察組...

よねさん
2018年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

4.0鬱々と淡々としたプロットと美しい音楽

tataさん
2015年12月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

人には薦めない、すかっとするエンターテイメントじゃあないから
でもじっくりと味わうことのできる映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tata

4.0凶暴な正義

pazooさん
2015年11月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

邦題が微妙だが、内容はすごく良い。
アルパチーノに似た雰囲気が渋い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
pazoo

5.038

もやしさん
2015年10月27日
Androidアプリから投稿

渋い。重い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もやし

3.073点 映画を飽きさせない”技法”がずるい

2014年3月15日
PCから投稿

悲しい

単純

youtubeで ユーチューバーと言われる方々をみると
 その大手と言われる人たちは
  自身が話している最中をリズミカルにちいさく区切り編集
・・すると、どういうわけか例え中身が大したことがなくとも
  観覧側は飽きずに 動画に惹かれ見続けられる効果がうまれる
                           みたい
・・この作品にも同じことが言える
 ストーリーだけを終わった後ふりかえれば大したことがない

   展開のコマをさくさくと進めることで
     なんとなく飽きずにみていられるのだ まさに同じ技法

しかしながら、
ノンフィクション的なリアル汚職感をくみこむことで生まれる
 味気ない物語を ここまで惹かせるのはスゴイかな~ ( ◠‿◠ )

 ひとつ脚本で感心できる点は悪いことをした方々は
  全員 それなりの報いをうけているバランスが非常によいこと
  多少強引さはあるものの
 ここのスッキリ感はなかなか tres bien ! (トレビアン!)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画電気(びりびり)

5.0なげぇ。

Chisaさん
2013年12月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

寝られる

盛り上がってくるまでの展開があまりにゆっくりで、「なげぇ」と17回くらい呟いたあたりでやっと山場が始まった。
アメリカの映画みたいな「正義は勝つ!しかも至極正攻法で!」っていう単純明快な最後じゃなかったけど、たくさんの登場人物や組織の絡みが細かく描かれていて、スッキリした終わり方だった。
物語が進むにつれて悪役としてのキャラクターを確立していくクランだけど、元はといえば権力争いだったり奥さんの取り合いだったり、彼が歪んで壊れていく動機は理解できるし、誰しも思い当たる節があるんじゃないかと思う。
だから世紀末的にウザい奴だと思う反面、部下には嫌われ夕飯の席で自分の奥さんにも哀れまれ、物凄くかわいそうにも見えた。まぁでも、やっぱり嫌な奴。
今まで会ったフランス人はみんなプライドが高くて排他的で仲良くなれた試しがなかったけど、映画はハードボイルドで格好いい。
フランス語の余韻に浸りたくて、エンドロールをぼーっと最後まで見てしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chisa

4.0登場人物のどろどろとした人間性のからんだ犯罪活劇

Cape Godさん
2013年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

総合:75点
ストーリー: 80
キャスト: 70
演出: 80
ビジュアル: 75
音楽: 75

 かなりどろどろとした人間関係が犯罪事件の裏側に描かれる。
 ただの犯罪アクションではなく、人の野望、欲、ねたみ、悲しみといったものが絡まり、警察が犯人と対決するだけの単純な善悪の対決の物語とはならない。そのような人間性を描いていることがハリウッド映画とは違うフランスらしさだろう。
 ただそのようなことを描いているぶん、時間的に苦しいようにも感じる。もっと長くするか連続ドラマにするならもっと良いものになったように思う。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Cape God
「あるいは裏切りという名の犬」の作品トップへ