劇場公開日 2003年10月25日

キル・ビルのレビュー・感想・評価

3.546
16%
48%
30%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全46件中、1~20件目を表示

3.5バイオレンスアクションコメディのような感じ。 良かった点は演出とユ...

2022年1月9日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
P.N.映画大好きっ子さん

3.5前後編形式で公開したのは正解かも

2022年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

というのも、後編を見る気にはなれなかったし、前編の予告編で見たいと思う気持ちが盛り上がって、劇場に足を運ぶまでがピークの映画だから。そこからは徐々にテンションが下がっていくのが自分でもわかるほどに覚めていった。

タランティーノにとって、低迷期を脱した久々のヒットで、「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ~繋がれざる者」の傑作を生みだすのだから、この映画も十分に意味のあった作品と言えるでしょう。ユマ・サーマンの衣装がブルース・リーっぽかったり、武器が日本刀だったりと、まともなアクション映画ではありませんが、タランティーノの世界観を楽しめるひとならある程度のクオリティを超えていることが分かるはず。

最近は、ユマ・サーマンとプロデューサーのワインステインの確執というか、セクハラ行為の告発が話題になっていますが、それを黙認してしまったタランティーノの行為も含めて、もうこの座組で映画が製作されることは無いと思えば、フィルムに宿るユマ・サーマンの表情に、演技以上の怨念がこもっている気がするのは考えすぎでしょうか。

2018.2.5

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.5色んな意味であふれちゃってます。

2021年11月24日
iPhoneアプリから投稿

映画愛溢れるオマージュコメディwwwそんなのあるのか。

安定安心の血飛沫作品です。本当ナンセンスという笑いのパラレルワールド。

この監督の笑いのセンス!なかなかハードで気持ち悪〜い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大粒 まろん

3.0評価は兎も角、タランティーノの愛は伝わる作品。

トラ吉さん
2021年10月10日
PCから投稿

基本的に自分にはあまりはまらなかった。
しかしタランティーノのオタク的な愛情表現は伝わってきた。
いろんな作品や俳優に対する愛を表現した作品だね。
高評価の人の気持ちも解るし、普通に映画として評価したら低評価になるのもわかる。
オタク的な要素がありタランティーノが好きな人には合うし、ドライな人にはなんじゃこりゃになるじゃないかな。
チャンバラ好きなアメリカ人向けに作られた作品ですわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トラ吉

5.0誰が何と言おうと

Jasmineさん
2021年9月1日
Androidアプリから投稿

大好きな映画!セットの細部を見るのがとにかく楽しい。梶芽衣子の歌がまたいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Jasmine

4.0オープニング最高!

2021年8月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

キタ、キタ、キターー!最高のオープニング。音楽の使い方。これはもうセンスのお化け。あいかわらず初っ端から観る者のハートをガシッと鷲掴みするよねー。ホント最高!ユマ・サーマンの足元が日本のスニーカー、オニツカタイガー。そんな細部への気遣いに、作品に対する拘りを感じずにはいられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie freaks

1.0日本映画へのファン気質が空回り?

2021年8月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

タランティーノ作品は、
若い頃に「レザボア・ドッグス」
「パルプ・フィクション」を観たっきり
だった。しかし、ようやく最近になり
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン
・ハリウッド」を観ることが出来、
それなりに作品の意義を感じられたので、
この間を繋ぐべく作品として初鑑賞。

ところで、この作品を観始めて、
訃報が届いたばかりの千葉真一の名前が
タイトルバックに出た時は、
そのタイミングに驚いた。

この映画、導入部は、
初期作品をも彷彿させる
タランティーノ的映像を感じさせ、
期待が高まった。
復讐相手の子供が帰ってきたので
示し合わせて殺し合いを中断する描写
なんて、その典型だろう。

しかし、女ヤクザ親分の少女期の
アニメーション化は
日本のアニメ文化へのオマージュなのだろう
が手法も安直で長過ぎ、そして、
それ以降は下手な任侠映画的描写と
荒唐無稽な殺陣の連続に
正視するのも面倒になった。

上手い映像手法を駆使出来る彼が、
日本の任侠映画の踏襲と
殺陣シーンをド派手にするだけに
傾倒し過ぎ、
「レザボア…」や「パルプ…」では
上手く咀嚼出来ていた日本映画からの
影響は影を潜め、
行き過ぎたファン気質だけが空回りして、
彼本来の才能を台無しにしてしまった
ような作品だった。

この後「イングリアス・バスターズ」と
「ジャンゴ 繋がれざる者」をビデオ鑑賞する
予定だが、時間の浪費になってしまわないか
心配になってきてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KENZO一級建築士事務所

4.0タラちゃん贔屓が、タラちゃんだから面白がる映画

越後屋さん
2021年5月18日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

単純

タラちゃんが、何をやっても許してくれる贔屓筋のために、やりたいことをやりたいように、且つ「究極のカッコ良さは究極のダサさ」をコンセプトに作った映画です。
つまり、パロディやオマージュ満載ですが元ネタがマニアック過ぎて殆どの人、ましてやアメリカ人はついていけない上に
、敢えて安っぽいカストリ雑誌みたいな撮り方が延々と続きます。バイオレンスというより吉本興業。
更に話が単純過ぎて、何のケレンもプロットも無く、レザやPFやジャッキーを期待すると肩透かしを食らいます。
要するに、元ネタにある程度ついていけて、且つタラちゃんしょーがねーなーって許して上げられるような「斜に構えた人」にはメチャ面白いですが(キネ旬の読者ベスト10に入ってるのがその証拠)、それほどタラちゃんに入れ込んでいない普通の人からすると、漫画をそのまま映像にしてみたけど上手くいかなくて残念、あるいは映画大好きな高校生が文化祭で一生懸命作ったから皆んな観て、みたいなコメディです。
続編で完結するらしいけど、バカバカしくてもういいやって人も多いでしょうね。
因みに私は斜に構えているので大好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
越後屋

5.09位/442 2021.05.12現在

2021年5月13日
iPhoneアプリから投稿

マイランキングで他の上位作は
感動したり考えさせられたり。
でも、これは何も考えなくて良い!
何も感動しません!
バカバカしいところも多々!
それがまさにタランティーノ!
素晴らしすぎる!
当時ジャッキーブラウンから
5〜6年振りの新作で
相当楽しみにして劇場に行って
本当に期待を裏切らなかった!
もうなんていうか
ジャンルがタランティーノ!
この世界観は
タランティーノ唯一無二!
日本へのオマージュも
日本人として嬉しい!
音楽も最高!
観ててこんなにあっというまに
時間が過ぎる映画も
なかなかないです!
とにかく楽しい!
当時、2まで
どれだけ待ち焦がれたことか。

以下、
超個人的主観による駄文のため
盛大にスルーしてください

(RG風)

キルビルのあるある言いたい♫
キルビルのあるある早く言いたい♬
キルビルのあるある今から言うよ♪
ケンカの時GOGOみたいに
手のひらクイックイってやりがち♩
(ただしケンカしたことない)

備考 点数は自分が
生まれてから現在まで
観た映画をランキングにして
相対評価で点数付けてます
上位と下位から順番に
感想書いてます

初回鑑賞年齢→22歳
(2021年時点40歳)
初回鑑賞場所→映画館
鑑賞回数→2回
記憶度→75%

マイ映画ランキング
2021年時点
全映画中→9位
洋画部門→9位
バカ映画(いい意味で)→1位

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
がんたく

4.0「やっちまいな~!」

2021年3月24日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

最初のヴィヴィカ・A・フォックスとの戦いよかったです! そして日本での死闘! 殺しまくりでしたな(笑) 栗山千明、綺麗でしたよ~すごい武器でしたね(笑) エンディングの西部劇のような曲もよかった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画は生き甲斐

3.0特A級のB級映画??

オレさん
2020年12月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

殺し屋稼業から足を洗った女エージェントのザ・プライドは結婚式当日に元ボスが放ったエージェントらにより愛する夫とお腹の中の胎児を奪われてしまう。
4年にわたる昏睡状態から目覚めたザ・プライドが襲撃犯の4人のエージェント、そして元ボスにして黒幕のビルを殺すために復讐の旅に出る姿を描いたクエンティンタランティーノ監督によるバイオレンス作品の1作目。

ブルースリーの衣装をそのままオマージュした黄色のトラックスーツに身を包み、日本刀を構えるユアサーマンが印象的な今作はある種タランティーノ監督の代名詞ともいえる作品。

全てを失った女エージェントによる復讐劇という一見シンプルなストーリー構成に日本を始めとしたアジア圏の映画、ドラマ、アニメなどのさまざまなメディアから引用した(らしい笑)オマージュの連続でアクの強い登場人物やその名前、突然始まる劇画風のアニメ、カタコトの日本語を話す出演陣など気になるところが多すぎるジェットコースタームービ的仕上がりに笑。

ほぼオマージュの元ネタの作品を知らない為、偏見でしか語れないがありとあらゆるB級作品の欠片を張り付けて仕上げた超A級のB級作品という矛盾が何故かしっくりくる印象だった。
当時『レザボアドッグス 』と『パルプフィクション』のヒットにより次回作の期待感が高かったであろう時期に『ジャッキーブラウン』でパムグリアに熱烈のオファーと豪華俳優陣揃い踏みの155分の長尺作品、そして今作で自身の趣味全開の誰が気づくんだというレベルの小ネタオマージュのオンパレードの今作をやり切り、高評価を得るなど2003年にしてタランティーノ監督は不動の地位を得ていたと感じさせる内容であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
オレ

2.5好きな人はとことん好きなんだろうけど…合わなかったなぁ。鉄球JKと...

たろうさん
2020年9月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

好きな人はとことん好きなんだろうけど…合わなかったなぁ。鉄球JKとかは良かったけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

4.0ちょうど良い。色彩が好み。血の演出も。

さん
2020年7月8日
iPhoneアプリから投稿

ちょうど良い。色彩が好み。血の演出も。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
卵

3.0なるほど

2020年6月5日
iPhoneアプリから投稿

よく知らねぇが、昨今のハリウッド想像ジャパン作ったのタランティーノじゃないの?笑

日本要素。サムライ、ヤクザ、寿司、アニメ、カワイイ。アニメはAKIRAを感じました。音の使い方もAKIRAか?タランティーノ独特の映画法は序盤は楽しいが後半はちょっと飽きたかなぁ、、ひっくり返しが無かったからか。ゴーゴーの栗山千明?はめちゃカワイイやわ。

キルビルで1番凄いのは布袋作曲の音楽。あれが流れるシーンはなかなかヤバかった。カッコよすぎ。強いやつが出てくるシーンにはもってこいだなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カサ@アメコミ

4.0血の演出好き。最初の色彩が特に好き。

さん
2020年4月13日
スマートフォンから投稿

血の演出好き。最初の色彩が特に好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鈴

3.5金髪×日本刀×復習

JYARIさん
2019年10月31日
PCから投稿

最高のマッチングだな!!
もうテンポが良いからすごい密度の高い作品に仕上がるよなあ。
音楽の使い方も最高。あれだけ反復してるのに全く嫌にならず、むしろもっと聞きたくなるのはあれだけショートで印象的なサウンドだからかな?

ただ日本の場面はちょっと退屈だったりして。時代柄か少しチープに感じてしまった。
しかしアクション、ストーリー展開は素晴らしかった。クレイジー88との対決すごくなかった!?殺陣をあんなに真剣に見てしまったのは初めてかもしれない。
ひとりひとりの殺され方じっくり見たくなるような、シーンだった。
ゴーゴーは栗山千明以外ありえないね。あそこまでの貫禄出せる人いるんだね。素晴らしかった。(親が見たら泣きそう)

ルーシーリューがこんなに映えるとは知らなかったよ・・・。
時折みせる日本語には笑ってしまいそうになったけど、本当にキザなこと言ってて、タラちゃんどこでそんな言葉覚えたのよ。
戦う女ってやっぱり魅力的だね。両者ともかっこいいとしかいいようがない。

チャプターごとに全くテイストの違う作品に仕上げるのは、すごく野心的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
JYARI

4.0タランティーノ入門編

2019年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

楽しい

公開当時は劇場で観て、久しぶりに観たらすごく笑えた。コメディというか、タランティーノの映画オタクっぷりが突っ込みどころ満載で楽しすぎる。結構忘れてたことも幸い。

拳銃の中の銃弾の銃口からの映像とか爆笑、オーレンイシイの過去のアニメも斬新というか、「正しい使い方」だし、千葉真一の役はちょっと無理目なのがツボ。栗山千明の武器の軽そうなところとか、飛行機機内の日本刀はボケかましすぎ。

「ジャンゴ」「イングロリアス・バスターズ」とかにもつながるプロットにも感じた。
なんせタランティーノにしては分り易いのが万人にお勧め。

娘もかぶりついて観てたけど、これR指定じゃないかな・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
クリストフ

0.5このようなご時世だからいっそタラはコロナ対策に勤しむ各国の医療従事者に多額の寄付でもした方が良い。

jackyさん
2019年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

自分の考えはタイトルに明記してあると同じだ。

こんな、人間や動物の血と肉片でごった返した悪臭を放つ生ゴミみたいな本作品を世に出したタランティーノの功罪は大変罪深いものだ。

まともな良識を備えた人間なら、このような作品をエンターテイメントとして、それも対価を払って視聴してみたいとも思わない。
たとえ、レンタルDVDやオンライン動画で視聴するにしても、自分の大切な人との時間を共有したいので、こんな低レベルで下品な粗悪品は一緒に見ることは十分避けたい。

よく、タラの映画は一人で「ニヤニヤしながら見るもの」と、ファンや信者が言っているが、それってこの作品がまるで「AV」か「成人映画」みたいな趣向かテイストしか持ち合わせないものと、こちらでは解釈しているのだが、如何なものだろう?………。

よく、「キルビル」は、B級映画の名を借りた「A級のおバカ映画」だと評する向きもいるが、仮にそうだとしたら、なぜ、テレビの民放放送の「○○洋画劇場」等の映画番組で放送されないのだろう?

ファンが勝手にこの作品を「買い被り」し過ぎているのではないだろうか?

タランティーノ監督の作品はこれ以外にも視聴してきたが、本作だけは完全に「評価倒れ」であり、ウマ・サーマンのファッショナブルでクールな広告イメージだけが独り歩きし、勝手に世間からの肯定的イメージとのギャップが生じてしまった不運の作品という感が否めない。

タランティーノの作品は家族連れやカップルで楽しく時間を共有するように演出の配慮が全くされていず、むしろ、家族間やカップル間で意見が割れるような、仲間割れをわざとこの監督自身が人々の間で誘発させるよう、分断させるよう仕向けるような「悪意の意図」が監督のパーソナリティーから、また、この監督のこれまでの姿勢やインタビュアーへの態度から読み取れるのである。

つまり、この作品は製作したタランティーノ自身が確信犯で、自分の作品を見て恐怖におののくこちらの視聴者の「反応」を面白がって楽しんでいる愉快犯のような質の悪い監督の意図そのものだからである。

 視聴者の幸せに寄り添うのではなく、視聴者をわざと怖がらせ、嫌な気分にさせる事によって監督自身が喜ぶという嫌な「詐欺的ビジネス」手法がこの作品から感じ取れてしまうからだ。

それが証拠に、「おふざけ」といえど、日本人が今まで封印してきたというか故意に海外の映画人たちに対して紹介出来ないようなかつての粗悪な「東映やくざ路線」それも70年代を全盛とする悪趣味な実録路線を全面的なモチーフとして提出している所にタランティーノの偽善性というか「底意地の悪い露悪趣味」を感じるのだ。

海外の映画人に我が国が映像作品として薦めるなら、まずは黒沢とか小津とか山田洋二とかが最も妥当で、サブカルでもよくて「寅さん映画」か「ゴジラ」のような怪獣特撮もの・東映でも「戦隊ヒーローもの」がせいぜいであろう。

それが、あろう事に、東映のしかも「修羅雪姫」「女囚さそりシリーズ」等のマイナーでしかも極めて陰湿で残酷性の高い作品群を先方のアメリカから提案してくるとはまさしく「青天の霹靂」といった所か!

日本側としてはまさしく「黒歴史」そのもので、やくざ映画は、むしろ隠しておきたいジャンルの類のものにカテゴライズされても然るべきと考えるのだが………。

また、そんな普段から違和感ありありの「キワモノ」を日本発の商品だからという理由だけでアメリカ人から一方的にあてがわれたら、当のまともな日本人としては正直苦笑する他はない。

「確かに、ヤクザやスケバンは日本発文化に違いはしないが………」と。 涙ww
正直、バブル時代前の自分たちの先人映画陣のやってきた悪行の数々の証拠を先方のアメリカ人たちから露呈されているようなそんな嫌な「褒められ方」だ。

日本人自身が我々の記憶から消し去りたい昭和のやさぐれたムード(不良文化)を、現在の無菌状態のような平和路線の時代に再び揺り戻され、喚起させられるような感覚をアメリカ人から一方的にあてがわれるような違和感だ。

あの頃を懐かしいと感じるような昔、不良だったチョイ悪オヤジにはノスタルジックで違和感ないだろうが、僕自身は現代の無菌状態の平和ムードの方が住みやすく、生きやすいので全く以てこの「キルビル」の世界観は正直日本人としても迷惑だ。

確固とした文化的で民族的にも妥当な根拠もなく、只々、『タランティーノが褒めてるから』とか『タランティーノが絶賛してるから』とか誰かが言い出したキャッチコピーを妄信して、この映画の本質を絶賛し、監督に理解を示すバカ者どもにも自分は違和感がありありだ。

当の日本人たちでさえ、タランティーノの存在以前は『「やくざ映画」だっせえ~~』とかそれらのやくざ映画から距離を置いてきた御仁が多い筈なのに、「パルプフィクション」の監督がモチーフに選んだ国として我が国がノミネートされた時点では褒め殺しが事実なのにも関わらず、外部には隠しておくべき恥ずべき「アングラ文化」をまるで誇らしげに自慢げに語るバカげた「変節漢」が多く輩出された事実に対し、実にこの国の「映画ファン」や「映画オタク」と言われる人たちは誠におめでたいオツム(頭)の持ち主ばかりだと感じ辟易させられている思いだった。

外国人に言われて初めて自分たちの価値(それでも、ヤクザに関しては恥ずべき文化だ。)に気づくのだが、それも、恥ずべき「アングラ文化」とは露知らず、自分たちの周囲やテリトリーでその褒められている筈の内容の精査も確認もせず、只々、「パルプ・フィクション」の監督が褒めていたという事実だけを鵜呑みにして、「バカ文化」を広める事に躍起になってる本当におめでたいタランティーノファン達には正直ウンザリさせられている。

自分としては、正直な気持ち、タランティーノからは『お宅の国では、かつて、こんなに野蛮でダサい文化が都会には満載だったんですよ~~』と半ば、冷やかしに近いバカにされている観・嘲笑観を一方的にこちらに植え付けられているようなメッセージさえこの映画から感じ取れるのだが……。

本当に、、我々日本人は堂々と外国人に対し「ヤクザ」少なくとも「ヤクザ映画」は日本の文化だと自信を持って彼らにその存在を説明出来るのだろうか?
少なくとも、タランティーノ自身が仮に現在、存在していなかったと仮定するにしても、本当に我々日本人はこの恥ずべき「アンダーグラウンド文化」としての「ヤクザ」の存在を外国人に正当に発信出来ていたのであろうか?

この映画が喧伝するかの如く、ことほどさように、日本の文化が誤解され、誤発信されても、日本人は恥じるどころか、誇りにさえ感じるのだろうか?

それらの違和感に対して、一分の疑問点も感じないのだろうか?

日本人は一部の心無いアメリカ人たちから「褒め殺し」にされている事実に気が付けないのだろうか?

少なくとも、自分自身の素直な映画の感想では、この映画自体は監督自身の素直な日本観であり、すべての日本人のイメージを辱めるものではないと思いたいのだが、監督の下手糞な編集と演出の為に、肝心の日本の良いところが正確にアメリカや外国に伝わらず、無残にも誤配信され、誤った日本のイメージが広まってしまったという感じが否めない。

悪意があるか何かわからないが、少なくともこの映画監督には「知性」も「教養」もない。
まして、「良識」など、これっぽっちもない。

本当にプロの「映画監督」なのか疑うほど、商業主義を無視する芸術至上主義それも自分の趣味を押し売りする独善性にはファンでなくとも「うんざり」させられる。

オマージュしてくれるのは結構だが、真似をするなら元ネタよりも更に2.5倍位魅力を引き出して元ネタに返すのが、アーティストとしての礼儀である。
「黒沢」や日本の時代劇を深くリスペクトしたジョージ・ルーカスが「スター・ウォーズ第一作目」で素晴らしいライトセーバーの剣劇を考え出したあの功績がある。

しかし、このタランティーノは逆で元ネタの魅力を超えられないばかりか、それらの質を落とし、それらの作者を「逆切れ」させるようなふざげた演出ばかりなぜかする。
「贔屓(ひいき)の引き倒し」のような。

本人にとっては「映画の常識を壊した」と、あたかも映画界に対し改革・前衛的な意図で本作品でこのようなバカげた演出を試みたのは理解できるが、それも映画としてあくまでも面白ければの話で、ただ、単に既存の様式美や型(かた)をぶち壊しただけで、元ネタ(ここでは、東映のやくざ映画)のエキセントリックさ、キッチュさを何一つ魅力を本作品から引き出していないし、それら当時のやくざ映画を見たこともない若い観客にうまく伝えきっていない。

少なくとも、映像が汚さすぎるし、ここまで血や斬られた腕や内臓や肉片で画面を汚す必要もない。

先人の若山富三郎が生きていたら、間違いなく、若山氏はタラを叱責するだろう。

要するに、監督の趣味や改革への努力が空回りしている。
つまり、「ヘタクソ」であり、表現者としては「未熟」なのだ。
観客からの潜在ニーズにも応えていない。
この監督は中学生並みの脳みそしか持ち合わせていないのか、目上の者や先人・権威ある人への「ビジネスマナー」、悪い意味で「忖度」という態度が全く出来ないようだ。

アーティストとしても、「ビジネスマン」としても失格である。

出来ればこの監督にはオマージュされたくないという先人が国際世論的には現在では妥当な線ではないだろうか?
オマージュされて喜ぶはずの「エンニオ・モリコーネ」でさえ、ヘイトフル・エイトでのタランティーノからのオファーはいかにも迷惑で気が乗らないような表情をしていた。
「ワンス・アポン・ア・タイム……」のシャノン・リーしかり。

井筒監督が本作品をぼろクソにけなしていたが、そう言わせしめてしまう真っ当な理由や根拠が、この作品を見て自分にも彼の心情が痛いほどよく理解出来る。
日本人ならば、又は日本の国をよく理解している外国の方でも本作品の無茶苦茶ぶりな演出には異議を唱えるのは必然的な事だとは思うのだが……。
(勿論、僕は井筒監督の作った映画は「2代目はクリスチャン」しか知らないし、特に彼の支持者やファンでもないが、監督の本作品への批判はまともな日本人なら理解出来る筈なのだが……。
井筒監督の批評を快く思わない御仁も多いとは思うが、実際に事実を言っているのだから、これはこれで素直に聞き入れるべきだろう。)

そんなタランティーノの毒気に充てられた犠牲者がこの国にだけでなく、本国アメリカにも現在少なからず存在するという事実は、Youtube上で「tarantino sucks」や「tarantino garbage」で検索するとうんざりするほどヒットする事からも、あながち、前述の井筒監督の批評の事実も当たらぬも遠からじだろう。 (もっとも、タランティーノファンからは信じがたい事実だろうが。)

もう、タラはいい加減、悪趣味な映画作品の制作から足を洗って、TVディレクターとかに業種転換してほしい。
そんなに、おぞましい不気味なゾンビや生命体やヒトのギミック・剥きだした内臓の解剖図が好きならば特殊メイクのアーティストにでも転職すればいいじゃないか。

ちょうどいいご時世なので、君が過去にゴミのような作品を大量に粗製乱造したという罪をあがなうために「汚名挽回」として、この映画から受けた興行収入の何10%かを現在コロナ対策で駆けずり回っている医療従事者や対コロナの新薬と血清を製造開発途上の製薬メーカーに寄付するという提案を君に示したい。

君の名声は間違いなく上がり、「大量屠殺業者」「食肉解体業者」としての負のイメージを払拭出来るいいチャンスだと思うのだが、如何かな?

暴力団やヤクザの親分が災害の被災地に無償で名も明かさず、若い衆を連れて現地で炊き出しをやったり、親分自体が多額の寄付金を匿名で被災地に送るのと同程度の美談になるはずだが………………………………………。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
jacky

1.5いくらタランティーノでも

2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

許せんレベル

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マルボロマン

1.5なんちゃってチャンバラ・・

かつさん
2019年3月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

 タランティーノ監督が日本文化をもとに作品を作ってくれたことはとても嬉しいこと。ハリウッド映画で、日本人キャストもたくさん出て、日本語が飛び交うのは、日本人としては、素直に嬉しい。
 ただ、全然面白くなかった・・・なんか、監督がこんなシチュエーションカッコいい!こんなキャラクターイカしてる!っていうものを短編で繋ぎ合わせただけの映画だったかな。しかも、発想が中学生が考えそうなやつ・・
 そして、ユマ・サーマンのアクションがレベル低すぎ。腰の入ってない、棒立ちのなんちゃってチャンバラ・・主演張るんだったら、もうちょっと頑張ってほしい・・
 他にも突っ込みどころが多過ぎて。飛行機のハリボテ感・・機内にむき出しの刀・・KILL LIST・・挙げだしたらキリがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
かつ
「キル・ビル」の作品トップへ