カーズ : 関連ニュース

ホーム > 作品情報 > 映画「カーズ」 > 関連ニュース
メニュー

カーズ

劇場公開日 2006年7月1日

関連ニュース:カーズ

セレブに憧れ、セレブを自称した女詐欺師アンナ・デルビーをNetflixがドラマ化(2018年6月21日)

米ABCの大ヒットドラマ「グレイズ・アナトミー」や「スキャンダル 託された秘密」などで知られるクリエイターのションダ・ライムズが、Netflixと契約後の初作品として、実在の女性詐欺師アンナ・デルビーを描く新ドラマを制作することがわかった。セレブに憧れていたデルビーは、ドイツ人の令嬢を装ってニ... 続きを読む

ショートショートフィルムフェスティバル2018開幕! 岩田剛典らが式典に集結(2018年6月4日)

米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2018」が6月4日に開幕し、東京・渋谷のヒカリエホールでオープニングセレモニーが行われた。主宰者の別所哲也、フェスティバルアンバサダーのLiLiCo、ナビゲーターのEXILE HIRO、... 続きを読む

設立わずか6年でアカデミー賞常連に!気鋭スタジオ「A24」とは?(2018年5月9日)

近年、映画界で旋風を巻き起こしている製作会社がある。2012年に設立されたA24だ。オスカー候補作を次々と世に送り出し、インディペンデント映画の雄として気を吐くA24について、ひも解いていく。2012年に、映画業界で働いていたダニエル・カッツ、デビッド・フェンケル、ジョン・ホッジスの3人によっ... 続きを読む

「IT」プロデューサー&「死霊館」監督でS・キング「トミーノッカーズ」映画化(2018年4月21日)

スティーブン・キングのSFホラー小説「トミーノッカーズ」が、「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」のプロデューサーと「死霊館」の監督という強力タッグによって映画化されることになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。「死霊館」シリーズを手がけるジェームズ・ワン監督が、「IT イット ... 続きを読む

【国内映画ランキング】「ドラえもん」首位!「リメンバー・ミー」「ちはやふる 結び」でトップ3(2018年3月19日)

3月17日~18日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。春休み向けの新作が続々と公開される中、「映画ドラえもん のび太の宝島」が3週連続首位を獲得。週末2日間で動員38万8000人、興収4億6000万円をあげ、累計動員は199万人、興収は23億円を突破した。新シ... 続きを読む

「トイ・ストーリー」ウッディをデザインしたピクサーのアニメーター死去(2018年3月5日)

「トイ・ストーリー」の人気キャラクター・ウッディをはじめ、さまざまなピクサー作品のキャラクターデザインに貢献したアニメーター、バド・ラッキー氏が死去したと米ハリウッド・レポーター紙が報じた。83歳だった。1934年に米モンタナ州で生まれたラッキー氏は、テレビCMを経て、長寿子ども番組「セサミ・... 続きを読む

立木文彦&SKE48高柳明音&シシド・カフカらがピクサー「リメンバー・ミー」日本語版声優に!(2018年2月12日)

ディズニー/ピクサーの新作「リメンバー・ミー」の日本語吹き替え版声優が、このほど一挙に発表された。チョー、立木文彦、恒松あゆみ、多田野曜平、安野希世乃という人気声優に加え、「SKE48」の高柳明音、ミュージシャンのシシド・カフカら多彩な面々が参加している。「モンスターズ・インク」「トイ・ストー... 続きを読む

セクハラ問題の当事者たち、アカデミー賞授賞式に来るか、来ないか?(2018年2月8日)

「#MeToo」や「#TimesUp」に代表されるセクハラ・性的加害撲滅運動が世界的に勢いを増すなか、“震源地”となったハリウッドでは毎年恒例の賞レースが展開されている。昨年の今頃はトランプ批判の嵐だったが、今年はセクハラ問題一色。第75回ゴールデングローブ賞は、出席した女優たちが全員、黒いド... 続きを読む

VES賞は「ブレードランナー2049」「猿の惑星」が最多ノミネート(2018年1月30日)

視覚効果に携わるアーティストやスーパーバイザーなどで構成される米業界団体Visual Effects Society(VES)が主催するVESアワードのノミネートが発表され、映画部門では「ブレードランナー2049」と「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」が最多7部門のノミネートを獲得した。一... 続きを読む

イメージフォーラム・フェスティバル2018は8月開催 コンペ部門、東アジアを対象に拡大(2018年1月27日)

作家性、芸術性、創造性の高い映像作品を世界中から集めて上映する映像アートの祭典「イメージフォーラム・フェスティバル2018」が、今年は8月開催(東京会場)に決定、これまで国内からの応募を対象としていた一般公募部門を、中国、韓国、台湾からの応募も対象に加え、新たに「東アジア・エクスペリメンタル・... 続きを読む

301件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi