コラム : 佐藤久理子 パリは萌えているか

佐藤久理子 パリは萌えているか

第20回:アヌシーアニメ映画祭&ジャパン・エキスポ 夏は日本のアニメに熱視線

2013年7月25日更新
アヌシーアニメ映画祭&ジャパン・エキスポ 夏は日本のアニメに熱視線

 フランスでは毎年夏が近づくにつれ、日本のアニメネタが話題に上る。というのも、6月には世界最大規模のアニメーション映画祭、アヌシー国際アニメーション映画祭がスイス国境に近いアヌシーで、そして7月上旬にはパリで、日本文化を紹介するフランス最大の見本市ジャパン・エキスポが開催されるからだ。今年のアヌ...「全文を読む」

筆者紹介

佐藤久理子のコラム

佐藤久理子(さとう・くりこ)。パリ在住。編集者を経て、現在フリージャーナリスト。映画だけでなく、ファッション、アート等の分野でも筆を振るう。「CUT」「キネマ旬報」「ふらんす」などでその活躍を披露している。著書に「映画で歩くパリ」(スペースシャワーネットワーク)。