コラム:編集長コラム 映画って何だ? - 第33回

編集長コラム 映画って何だ?

映画祭ロスは続く。混沌とする20〜21年賞レース

2020年の7月がまもなく終わろうとしていますが、相変わらず、ワークフロムホームな日々は続いています。私の場合、週に1回ほど出社しますが、映画.comのオフィスには誰もいないことが多い。

でも、デスクの上には相変わらずたくさんの試写状が届いています。映画会社の皆さんは、変わらず元気そうです。

今月も試写状はたくさん届いています
今月も試写状はたくさん届いています

最近の試写状には、「オンライン試写の用意もございます」との案内が必ず添えられていて、私ももっぱらオンラインでの鑑賞がメインになりつつあります。

そう言えば今年は、カンヌ映画祭もオンラインでの開催でした。コンペもなし。

期間中、マーケットに出品された映画を数本オンラインで見ましたが、やはりかなりの違和感を覚えました。「こんなのカンヌじゃない」。ビーチもなければ、パームツリーもない。レッドカーペットもない……いや、そういうことじゃなくて、クオリティが「カンヌじゃない」。

例えば去年(19年)のカンヌだったら、列に並んで上映を待ってる間「『パラサイト』が凄かったよ」とか、「『レ・ミゼラブル』はもう見たのか?」なんて各国のバイヤーやプレスが評判の映画を口々に語りあっています。カンヌでBuzzってる映画は見逃すわけにはいきません。これから始まる賞レースをリードする存在になる可能性が高い。

カンヌ映画祭のメイン会場(2019年)
カンヌ映画祭のメイン会場(2019年)

カンヌが終わり、夏の8〜9月は、ベネチア映画祭とトロント映画祭のシーズンです。19年は「ジョーカー」が両方の映画祭を席巻しました。これと、トロント映画祭で観客賞を受賞した「ジョジョ・ラビット」が、オスカーレースのフロントランナーでしたよね。

そんな賞レースに向けた動きが、今年は未だ見られません。何しろ、映画祭そのものがリアルに実施されない。

と、ここまで書いたところで、ベネチア映画祭2020のラインナップが発表されました。

しかし、コンペ作品は恐ろしく地味です。

アモス・ギタイ(イスラエル)やアンドレイ・コンチャロフスキー(ロシア)、マジッド・マジディ(イラン)など、それなりに実績のある監督の名前が見つかりますが、だいぶ物足りない。

ハリウッドメジャーは、ソニーが1本、サーチライトが1本。意外なことに、NETFLIX作品は1本もありません。日本からは黒沢清監督の「スパイの妻」が選ばれました。

いずれにしても、Aクラスの映画祭常連監督たちは、揃って「一回休み」を決め込んだなという印象です。今年は、カンヌもベネチアもパスして、来年以降で仕切り直そうと。

映画祭期間中のトロント市街(18年)
映画祭期間中のトロント市街(18年)

20年のベネチア映画祭は9月2日から。トロント映画祭は9月10日から、いずれも、リアルとバーチャル(オンライン)を併用して行われるようです。

しかし、リアル部分の映画祭は、本当に行われるのでしょうか? 半信半疑です。行われたところで、もちろん私は行きませんし、世界中の多くの映画人も同じだろうと思います。そう、参加者も「一回休み」。

そんなワケで今年は、オスカーに至る賞レースのトラック上を走っている馬は、まだ一頭もいない状態。空前のlow-keyな賞レースになるんじゃないかと思います。

極端な話、タイとかベトナムとか、コロナ感染者の少ない国の映画が、オスカーかっさらって行く可能性もなくはない。いろいろ妄想は膨らみます。しかし、候補作はオスカーに至る各国の映画祭、映画賞で人気と評価を重ねていくのが常なので、そうしたサードワールド勢力が突如として受賞するのも考えにくい。昨年の「パラサイト」にしても、カンヌのパルムドール受賞から、半年以上の長い道のりを経てオスカーに至っています。

ひとつだけ確実なのは、NETFLIXや、Amazon Studio、Apple+といった資金潤沢な配信プラットフォームが、ガチでオスカー作品賞を狙ってくるだろうということ。これだけライバルの少ない年もめったにない。まあ、もちろん彼らにしても、それなりに高クオリティの映画を作らなければ(あるいは購入しなければ)、参戦資格はないのですが……。

「ROMA ローマ」「アイリッシュマン」のNETFLIXがオスカーを狙う?
「ROMA ローマ」「アイリッシュマン」のNETFLIXがオスカーを狙う?

とにかく、現時点ではまったく読めません。20〜21年の賞レース。とてもエキサイティングな結果になるか、とても残念な結果になるか、どっちかな気がします。

それはそれとして、早く映画祭の現場に戻りたいと心から思います。今年は一度も映画祭に行ってない。全然映画を見ていない。

……しかし昨今の日本、世界の感染者の数値を見るに、現実は厳しいと言わざるを得ません。世界の映画祭が元の姿に戻り、我々が海外出張に行けるようになるまで、あと2年ぐらいかかるかもしれませんね。

筆者紹介

駒井尚文のコラム

駒井尚文(こまいなおふみ)。1962年青森県生まれ。東京外国語大学ロシヤ語学科中退。映画宣伝マンを経て、97年にガイエ(旧デジタルプラス)を設立。以後映画関連のWebサイトを製作したり、映画情報を発信したりが生業となる。98年に映画.comを立ち上げ、後に法人化。現在まで編集長を務める。
Twitter:@komainaofumi

Amazonで今すぐ購入

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「EXIT」兼近大樹、伊藤健太郎「十二単衣を着た悪魔」で映画初出演! 個性豊かな新キャスト発表

    1

    「EXIT」兼近大樹、伊藤健太郎「十二単衣を着た悪魔」で映画初出演! 個性豊かな新キャスト発表

    2020年8月11日 12:00
  2. 綾野剛×北川景子「ドクター・デスの遺産」ポスター完成! 公開日&追加キャストも発表

    2

    綾野剛×北川景子「ドクター・デスの遺産」ポスター完成! 公開日&追加キャストも発表

    2020年8月11日 07:00
  3. 韓国映画「アジョシ」を「ジョン・ウィック」監督&脚本家がリメイク

    3

    韓国映画「アジョシ」を「ジョン・ウィック」監督&脚本家がリメイク

    2020年8月11日 11:00
  4. 菅田将暉&小松菜奈「糸」で再確認した固い絆 過去共演作の思い出が「今になって効いてきた」

    4

    菅田将暉&小松菜奈「糸」で再確認した固い絆 過去共演作の思い出が「今になって効いてきた」

    2020年8月11日 19:11
  5. 伊藤沙莉が海賊の少年に息吹を注ぐ!「小さなバイキング ビッケ」予告編初披露

    5

    伊藤沙莉が海賊の少年に息吹を注ぐ!「小さなバイキング ビッケ」予告編初披露

    2020年8月11日 17:00

今週