ゴールデングローブ賞授賞式中継の全米視聴率がアップ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月12日 > ゴールデングローブ賞授賞式中継の全米視聴率がアップ
メニュー

ゴールデングローブ賞授賞式中継の全米視聴率がアップ

2017年1月12日 10:30

前年比150万人増!「ラ・ラ・ランド」

前年比150万人増!
(C)HFPA
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第74回ゴールデングローブ賞授賞式中継の全米平均視聴者数が、前年比150万人増の2000万人になったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

過去10年間で、2014年の2100万人に次ぐ2番目の記録。今年はNFLの中継試合とバッティングしなかったことに加え、トーク番組「トゥナイト・ショー」の人気司会者であるジミー・ファロンが初めて司会を務めたことで注目を集めたようだ。

ゴールデングローブ賞は、アメリカの授賞式中継のなかでアカデミー賞、グラミー賞に次いで視聴者数が多い番組として知られているが、いずれもアメリカの視聴習慣の変化にともない視聴者数が下降傾向にある。第74回ゴールデングローブ賞では、ライアン・ゴズリングエマ・ストーン共演のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」が、史上最多となる7部門受賞に輝いている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi