デイジー・リドリー、YA小説の金字塔「混沌の叫び」映画化に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月16日 > デイジー・リドリー、YA小説の金字塔「混沌の叫び」映画化に主演
メニュー

デイジー・リドリー、YA小説の金字塔「混沌の叫び」映画化に主演

2016年8月16日 12:00

英国発のYA小説金字塔の映画化に主演「スター・ウォーズ フォースの覚醒」

英国発のYA小説金字塔の映画化に主演
Photo by Steve Granitz
/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のヒロイン・レイ役で大ブレイクしたデイジー・リドリーが、新作SF「カオス・ウォーキング(Chaos Walking)」に主演することが決定した。

作家パトリック・ネスの「混沌(カオス)の叫び」3部作の映画化企画。原作シリーズは、第1部「心のナイフ」がガーディアン賞、第2部「問う者、答える者」がコスタ賞、第3部「人という怪物」がカーネギー賞と、英国の名だたる文学賞を制したヤングアダルト小説の金字塔だ。映画版も3部作になるかは現時点では不明だが、製作を手がける米ライオンズゲートはシリーズ展開を視野に入れているようだ。

米バラエティによれば、同スタジオのCEOジョン・フェルトハイマーが8月4日(現地時間)にリドリーの出演を認め、来年の撮影開始を目指しているという。「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン監督がメガホンをとり、最新の脚本はジェイミー・リンデン(「親愛なるきみへ」「マネーモンスター」)が執筆している。

原作では、思考が音となり、互いの考えが筒抜けになる“ノイズ”と呼ばれる感染が広まった世界で、男しかいない町に暮らしていた少年トッドが、ノイズをもたない少女ヴァイオラと出会い、人間や先住民のエイリアンたちの虐殺・戦争が起こるなか、争いを鎮めようとする姿が描かれる。ライオンズゲートは2011年に映画化権を獲得しており、翌12年には、「マルコヴィッチの穴」や「エターナル・サンシャイン」の脚本家として知られ、「脳内ニューヨーク」で監督デビューした奇才チャーリー・カウフマンがメガホンをとると報じられていた。

スター・ウォーズ エピソード8(仮題)」(17年12月15日公開)の撮影を終えたばかりのリドリーは、今後、シェイクスピアの「ハムレット」をオフィーリアの視点から描く「Ophelia(原題)」でタイトルロールを演じるほか、恋愛ドラマ「The Lost Wife(原題)」での主演も決定している。

オール・ユー・ニード・イズ・キル[Blu-ray/ブルーレイ] オール・ユー・ニード・イズ・キル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 トム・クルーズ主演、日本発の小説をハリウッドで実写映画化したアクション大作。
脳内ニューヨーク[DVD] 脳内ニューヨーク[DVD] 最安価格: ¥3,283 「マルコヴィッチの穴」「エターナル・サンシャイン」の人気脚本家、チャーリー・カウフマンの初監督作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi