デイジー・リドリー、撮影中の「スター・ウォーズ エピソード8」について言及 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月3日 > デイジー・リドリー、撮影中の「スター・ウォーズ エピソード8」について言及
メニュー

デイジー・リドリー、撮影中の「スター・ウォーズ エピソード8」について言及

2016年3月3日 12:00

デイジー・リドリーとBB8.「スター・ウォーズ エピソード8(仮題)」

デイジー・リドリーとBB8.
(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でヒロイン・レイを演じたデイジー・リドリーが、現在撮影中の「スター・ウォーズ エピソード8」について言及した。

第88回アカデミー賞授賞式のレッドカーペットで、MTVの取材に答えたもの。「エピソード8」の内容について、「2時間のあいだ、わたしとマーク・ハミルがずっと見つめ合うの」と冗談めかし、同作が「フォースの覚醒」のエンディング直後から始まると告白。「『エピソード8』のオープニングを撮影するために、スケリッグ(アイルランド西にある孤島)に戻ったの。同じシーンをまったく違ったクルーで撮影するのはクレイジーな体験だったわ」と語った。

肝心の物語についてはコメントを避けたものの、「本当にとてもいいストーリーなの。ルークはこの映画でものすごくクールよ」と語っている。

「スター・ウォーズ エピソード8」は、2017年12月15日に全米公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ハドソン川の奇跡の評論 ハドソン川の奇跡 機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
  • 高慢と偏見とゾンビの評論 高慢と偏見とゾンビ J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
  • ある天文学者の恋文の評論 ある天文学者の恋文 名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi