オール・ユー・ニード・イズ・キル
ホーム > 作品情報 > 映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
メニュー

オール・ユー・ニード・イズ・キル

劇場公開日 2014年7月4日

解説

桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」(集英社スーパーダッシュ文庫刊)を、トム・クルーズ主演でハリウッド実写化。「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者と人類の戦いが続く近未来を舞台に、同じ時間を何度も繰り返すはめになった兵士が、幾度もの死を経験し、成長していく姿を描く。戦闘に対して逃げ腰な軍の広報担当官ウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘経験が全くないにもかかわらず最前線に送り込まれてしまい、あえなく戦死。しかし、死んだはずのケイジが意識を取り戻すと、周囲の時間は戦闘が始まる前に戻っていた。再び戦死するとまた同じ時間に巻き戻り、不可解なタイムループから抜け出せなくなったケイジは、同様にタイムループの経験を持つ軍最強の女性兵士リタ・ヴラタスキに訓練を施され、次第に戦士として成長していく。戦いと死を何度も繰り返し、経験を積んで戦闘技術を磨きあげていくケイジは、やがてギタイを滅ぼす方法の糸口をつかみはじめる。リタ役でエミリー・ブラントが共演。監督は「ボーン・アイデンティティー」「Mr.&Mrs.スミス」のダグ・リーマン。

作品データ

原題 Edge of Tomorrow
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 113分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

メイド・イン・ジャパンの底力を感じさせる、ライトノベル史上初のハリウッド映画化
オール・ユー・ニード・イズ・キルの映画評論・批評

本作の舞台となるのは謎の侵略者「ギタイ」によって人類が危機に瀕している近未来。主人公であるウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、軍のプロパガンダを行っている広報担当の将校だ。当の本人に実戦経験はなし。最前線への派遣を命じられた際には...オール・ユー・ニード・イズ・キルの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全308件)
  • タイムループ 目覚める→戦う→死ぬ→目覚める→戦う→死ぬのループ、宇宙人との戦いの繰り返し… その繰り返しの果てにどうなるのか、 永遠の繰り返しになるのか…、どうやったらその繰り返しに終止符を打てるのか… ヒ... ...続きを読む

    リョウ リョウさん  2016年5月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • トムクルーズ 新婚旅行でヘルシンキに向かう飛行機の中で鑑賞。タイムリープ、とても好きな感じ ...続きを読む

    ゆーやっちょ ゆーやっちょさん  2016年4月22日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 原作も読んだがこれは・・・ オール・ユー・ニード・イズ・キル 原題を変更して原作のタイトルそのままにしたのは とても良い配慮だと思う 日本のSFの品質は世界最高レベルだと思っている身としては ハリウッド映画化してとても嬉し... ...続きを読む

    tabletap tabletapさん  2016年4月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi