バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
ホーム > 作品情報 > 映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
メニュー

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

劇場公開日 2015年4月10日

解説

「バベル」「21グラム」など、シリアスな人間ドラマで高い評価を得ているメキシコのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督がダークファタジーに挑戦。第87回アカデミー賞では同年度最多タイの9部門でノミネートされ、作品賞、監督賞を含む4部門を受賞した。「バードマン」というヒーロー映画で一世を風靡した俳優が再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む姿を、「バットマン」のマイケル・キートン主演で描いた。かつてスーパーヒーロー映画「バードマン」で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の底にいる俳優リーガン・トムソンは、復活をかけたブロードウェイの舞台に挑むことに。レイモンド・カーバーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出も主演も兼ねて一世一代の大舞台にのぞもうとした矢先、出演俳優が大怪我をして降板。代役に実力派俳優マイク・シャイナーを迎えるが、マイクの才能に脅かされたリーガンは、次第に精神的に追い詰められていく。

作品データ

原題 Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 120分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

特集

映画ファンよ、待たせたな──とうとう『公開』だ!「バードマン」見ますか? それとも映画ファン辞めますか?
特集

第87回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4部門に輝いた「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が、ついに4月10日に公開される。「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が実力派キャストをそろえ...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

役者の変化球と鳥の動きや水の動きを取り入れた撮影が悪夢映画の種になる
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の映画評論・批評

長まわし映像の信仰に、私は疑問を持っている。キャメラを延々とまわすだけで面白い映像が撮れると考える馬鹿は論外だが、役者の出し入れや台詞のタイミングなどの精緻な計算を過大評価するのも考えものだと思う。そこで止まると、映画は数学を超えられ...バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全320件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi