スター・ウォーズ フォースの覚醒
ホーム > 作品情報 > 映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」
メニュー

スター・ウォーズ フォースの覚醒

劇場公開日 2015年12月18日

解説

2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれる、新たな3部作の第1章。テレビシリーズ「LOST」や「スター・トレック」シリーズなどで知られるヒットメーカーのJ・J・エイブラムス監督がメガホンをとり、脚本にはオリジナル3部作の「ジェダイの帰還」「帝国の逆襲」も手がけたローレンス・カスダンも参加。音楽はおなじみのジョン・ウィリアムズ。無名から大抜てきされた新ヒロイン、レイ役のデイジー・リドリーのほか、ジョン・ボヤーガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ドーナル・グリーソンといった新キャストに加え、マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーらオリジナル3部作のメインキャストも登場。

作品データ

原題 Star Wars: The Force Awakens
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 136分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

ノミネート
編集賞 メリアン・ブランドン メアリー・ジョー・マーキー
作曲賞 ジョン・ウィリアムズ
視覚効果賞  
音響編集賞  
録音賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

新たな登場人物で描かれる「スター・ウォーズ ネクスト・ジェネレーション」
スター・ウォーズ フォースの覚醒の映画評論・批評

冒頭からいきなり戦乱の真っ直中に投げ込まれるので、「スター・ウォーズ」ファンは混乱するかもしれない。「ジェダイの帰還」でハッピーエンドを迎えたのになぜ? 帝国軍の残党で作られた悪の組織はたった数十年でどうしてこんなに勢力を拡大している...スター・ウォーズ フォースの覚醒の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全760件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi