さよならミラマックス・フィルムズ 同社のベスト10作品は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月1日 > さよならミラマックス・フィルムズ 同社のベスト10作品は?
メニュー

さよならミラマックス・フィルムズ 同社のベスト10作品は?

2010年2月1日 17:15

ミラマックスの世界的名作の代名詞だった時期も「イングリッシュ・ペイシェント」

ミラマックスの世界的名作の代名詞だった時期も
Photo:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディズニー・スタジオ傘下の独立系スタジオとして、「イングリッシュ・ペイシェント」「恋におちたシェイクスピア」といったオスカー受賞作や「パルプ・フィクション」といった話題作を製作・配給してきたミラマックス・フィルムズの廃業が決定した。映画界からその名が消え、ニューヨークとロサンゼルスの同社社員は職を失うことになる。

ミラマックスは、ハーベイ&ボブ・ワインスタイン兄弟によって1979年に設立され、93年にディズニー・スタジオによって7000万ドルで買収されて傘下に。設立者のワインスタイン兄弟が新たにワインスタイン・カンパニーを設立して袂を分かち、現在に至っていた。

過去のオスカーノミネートが実に220(今年のアカデミー賞ノミネート発表はまだ)を数える秀作揃いの同社を“偲んで”、米The Playlistがベスト10を発表している。

▽「セックスと嘘とビデオテープ」(89)
 26歳のスティーブン・ソダーバーグの衝撃的な監督デビュー作で、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。わずか120万ドルで製作されながら全世界で大ヒットし、製作費の100倍以上の収益をミラマックスにもたらした。06年に米国立議会図書館の映画レジストリーとして永久保存されている。

▽「グリフターズ/詐欺師たち」(90)
 スティーブン・フリアーズ監督の最高傑作といえるネオノワール。マーティン・スコセッシ監督がジム・トンプソンとドナルド・ウェストレイクという犯罪小説の2大巨人を迎えて脚色していたことから製作総指揮に。暴力描写も話題で、フルヌードシーンもあり、R指定となった作品。

▽「ピアノ・レッスン」(93)
 ジェーン・カンピオン監督の名を世界に轟かせた、19世紀半ばの未開の地ニュージーランドでの激しい恋愛を描いた作品。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作で、アカデミー賞では作品賞をはじめ8部門ノミネート。脚本賞、ホリー・ハンターの主演女優賞、アンナ・パキンの助演女優賞を受賞した。

▽「パルプ・フィクション」(94)
 「レザボア・ドッグス」で鮮烈な監督デビューを飾ったクエンティン・タランティーノの脚本・監督作。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作であり、世界的に大ヒット。映画前は不遇だったジョン・トラボルタをスターとして復活させたパルプムービー。

▽「イル・ポスティーノ」(94)
 マイケル・ラドフォード監督作品で、同作撮影後急逝した故マッシモ・トロイージ演じるイタリアの郵便配達夫とペルーからの亡命詩人パブロ・ネルーダ(フィリップ・ノワレ)との交流を描いた快作。アカデミー賞ではルイス・エンリケ・バカロフが作曲賞を受賞。

▽「トレインスポッティング」(96)
 若き舞台演出家だったダニー・ボイルが映画監督へと転身するきっかけとなった作品。主演のユアン・マクレガーの大出世作で、その後多くの「トレスポ」もどきの作品が生まれた。

▽「シチズン・ルース」(96)
 興収や賞レースではパッとしなかったが、のちに「サイドウェイ」(配給はフォックスサーチライト)でオスカー受賞者となるアレキサンダー・ペイン監督のデビュー作で、ペインと脚本家ジム・テイラーという黄金コンビが生まれるきっかけになった。

▽「スウィンガーズ」(96)
 ダグ・リーマン監督作で、脚本・主演のジョン・ファブロー(「アイアンマン」監督)&ビンス・ボーンのコンビをスターに押し上げた快作。

▽「グッド・ウィル・ハンティング」(97)
 マット・デイモンベン・アフレックのコンビを世界的に売り出したガス・バント・サント監督作で、脚本を書いたデイモン&アフレックがアカデミー脚本賞を受賞。

▽「リプリー」(99)
 パトリシア・ハイスミスの原作「太陽がいっぱい」を、「イングリッシュ・ペイシェント」のアンソニー・ミンゲラが脚色・監督にあたってリメイクした作品。デイモンをはじめ、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ブランシェットというミラマックス映画の常連俳優が一堂に会した作品。

▼ベストではないが、ミラマックス映画として重要な作品
ライフ・イズ・ビューティフル」(97)
スクリーム」(96)
フロム・ダスク・ティル・ドーン」(96)
クラークス」(94)

▼ミラマックスの名を残した名作
恋におちたシェイクスピア」「ニュー・シネマ・パラダイス」「マイ・レフトフット」「ボブ・ロバーツ」「エキゾチカ」「ブロードウェイと銃弾」「KIDS/キッズ」「クロッシング・ガード」「アメリカの災難」「バスキア」「アルビノ・アリゲーター」「コップランド」「ジャッキー・ブラウン」「ラウンダース」「マレーナ」「ショコラ」「アメリ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi