リプリー
ホーム > 作品情報 > 映画「リプリー」
メニュー

リプリー

劇場公開日

解説

アラン・ドロン主演「太陽がいっぱい」(1960)の原作として知られるパトリシア・ハイスミスの原作を、「イングリッシュ・ペイシェント」のアンソニー・ミンゲラ監督が映画化。富豪の放蕩息子ディッキーを連れ戻す役目を負って、イタリアに渡ったトム・リプリー。贅沢だが刺激のない毎日を送っていたディッキーは、下層階級のトムを物珍しがり、ジャズクラブやセーリングに連れ回す。自由奔放なディッキーの人柄と優雅な生活に強く魅せられたトムは、イタリアでの毎日で彼との間に強い絆が結ばれたと思い込むが、ディッキーにとってトムは父親と結ばれた金づるにすぎなかった。

作品データ

原題 The Talented Mr. Ripley
製作年 1999年
製作国 アメリカ
配給 松竹
上映時間 140分

受賞歴

第72回 アカデミー賞(2000年)

ノミネート
助演男優賞 ジュード・ロウ
脚色賞 アンソニー・ミンゲラ
作曲賞 ガブリエル・ヤーレ
衣装デザイン賞 アン・ロス ゲイリー・ジョーンズ
美術賞  

第57回 ゴールデングローブ賞(2000年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) マット・デイモン
最優秀助演男優賞 ジュード・ロウ
最優秀監督賞 アンソニー・ミンゲラ
最優秀作曲賞 ガブリエル・ヤーレ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

若手スター勢揃い。夢の競演!
リプリーの映画評論・批評

アラン・ドロンが演じた役にマット・デイモンが挑むというだけで、反発を買いがちなこの作品。やはり、ネックはマットであった。が、誤解なきよう。責められるべきは、あくまでアンソニー・ミンゲラ。「太陽がいっぱい」と異なり、貧しい青年リプリーが...リプリーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全15件)
  • いやーミステリアス! 今日はマットデイモンの若かれし頃のリプリーという映画を鑑賞‼️ リプリーという人物をマットデイモンが演じていて、ミステリアスでちょっと怖い感じがしてとてもよかった‼️ ...続きを読む

    たか たかさん  2017年6月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 若い頃のスター達を見るのが楽しかった、という印象だけが残る。「太陽... 若い頃のスター達を見るのが楽しかった、という印象だけが残る。「太陽がいっぱい」、、というフレーズに期待したが的はずれでガッカリ。後半は短絡的すぎて退屈してしまった。 ...続きを読む

    hctcl hctclさん  2017年2月28日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • しんど、い。 マットデイモンとジュードロウに惹かれて軽い気持ちで観たらとんでもなくしんどい内容だった。2人ともめちゃめちゃかっこよかったし、ジャックダヴェンポートもいい味出してたし、極め付けにケイトブランシェ... ...続きを読む

    non nonさん  2017年2月22日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

リプリー
リプリー
2016年12月6日
¥300
Google Play

他のユーザーは「リプリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi