東京国際映画祭黒澤明賞はチェン・カイコーとニキータ・ミハルコフ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月14日 > 東京国際映画祭黒澤明賞はチェン・カイコーとニキータ・ミハルコフ!
メニュー

東京国際映画祭黒澤明賞はチェン・カイコーとニキータ・ミハルコフ!

2008年10月14日 12:00

[映画.com ニュース] 10月18日から26日まで開催される第21回東京国際映画祭事務局から10日、今年の黒澤明賞の受賞者が発表され、ロシアのニキータ・ミハルコフ監督と中国のチェン・カイコー(陳凱歌)監督に決定した。黒澤賞は04年に新設された東京国際映画祭の名誉賞で、ヒューマニズムに富み、娯楽性のある作品を数多く作り出した映画作家に贈られる。

ニキータ・ミハルコフ監督は1945年生まれ。「光と影のバラード」(74)で監督デビュー。チェーホフ原作の「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」(77)、名優マルチェロ・マストロヤンニにカンヌ国際映画祭主演男優賞をもたらした「黒い瞳」(87)、ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞作「ウルガ」(91)、カンヌ国際映画祭審査員特別賞グランプリと米アカデミー外国語映画賞に輝いた「太陽に灼かれて」(94)を発表。最新作は米アカデミー賞ノミネートの「十二人の怒れる男」(08)。

チェン・カイコー監督は1952年生まれ。「黄色い大地」(84)で監督デビュー。「大閲兵」(85)、「子供たちの王様」(87)、「人生は琴の弦のように」(91)を発表後、レスリー・チャンチャン・フォンイー主演で中国史に翻弄される京劇役者を描く「さらば、わが愛/覇王別姫」(93)でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。以後、「花の影」(96)、「始皇帝暗殺」(98)、「北京ヴァイオリン」(02)、「PROMISE 無極」(05)を発表。最新作は実在の京劇役者・梅蘭芳の伝記を描く歴史劇「梅蘭芳」(07)。

なお、黒澤明賞第1回受賞者はスティーブン・スピルバーグ監督と山田洋次監督、第2回は「非情城市」のホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督、第3回は市川崑監督とミロス・フォアマン監督、第4回は英国人製作者デビッド・パットナムが受賞している。

戦火のナージャ[DVD] 戦火のナージャ[DVD] 最安価格: ¥4,298 名作「太陽に灼かれて」のその後を描いた続編。戦争の悲惨さと不条理な現実に翻弄される父と娘の絆を描いた、ニキータ・ミハルコフ監督が放つ渾身の戦争スペクタクル!
始皇帝暗殺[DVD] 始皇帝暗殺[DVD] 最安価格: ¥971 秦の始皇帝暗殺未遂事件にまつわるエピソードを、始皇帝と暗殺者、始皇帝の幼なじみの3人の愛憎劇を絡めながら描き上げてゆく。チェン・カイコー監督が贈る壮大な歴史ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi