機械じかけのピアノのための未完成の戯曲
ホーム > 作品情報 > 映画「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」
メニュー

機械じかけのピアノのための未完成の戯曲

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

19世紀末期のロシアを舞台に、退廃した空気の中の貴族の田園生活を描く。監督はニキータ・ミハルコフ。アントン・チェーホフの戯曲と数編の短編を基にアレクサンドル・アダバシャンとニキータ・ミハルコフが脚色。撮影はパーヴェル・レベシェフ、音楽はエドゥアルド・アルテミエフ、美術はアレクサンドル・アダバシャンとアレクサンドル・サムレキンが各々担当。出演はアントニーナ・シュラーノワ、ユーリー・ボガトィリョフ、エレーナ・ソロヴェイ、アレクサンドル・カリャーギンなど。

ストーリー

19世紀末のロシア。夏たけなわのある田園地帯。ヴァイニーツェフ将軍の未亡人アンナ(アントニーナ・シュラーノワ)の館に、近隣の地主(オレーグ・タバコフ)退役大佐、その息子、妻を連れた小学校教師プラトーノフ(アレクサンドル・カリャーギン)らが、将軍の先妻の息子セルゲイ(ユーリー・ボガトィリョフ)の新妻ソフィア(エレーナ・ソロヴェイ)に会うために久方ぶりに寄り集っている。アンナは、早速皆を前にして高価な自動ピアノを披露する。しかし、当のソフィアこそ、実はプラトーノフの初恋の女性だった。静かな生活を送っていたプラトーノフは、思いがけないソフィアとの再会で動揺する。やがて、夜となく昼となく、何の目的もない彼らの乱痴気騒ぎが繰り広げられる。遂に、そんな雰囲気の中でプラトーノフとソフィアが水辺で抱きあってしまった。二人の仲は、やがて人々の好奇の目を集め、たちまちスキャンダラスな騒ぎとなった。自らを責めながら、どうすることもできないプラトーノフは、意を決して川の中に飛び込んだ。彼の不在に気がついた人びとが寝着のまま川辺に駆けつけると、川が浅すぎて死ぬことができなかったプラトーノフがそこにうなだれているのであった。...

作品データ

原題 An Unfinished Piece for A Mechanical Piano Pieza Incompleta Para Piano Mecanico
製作年 1977年
製作国 ソ連
配給 日本海映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi