北京ヴァイオリン
ホーム > 作品情報 > 映画「北京ヴァイオリン」
メニュー

北京ヴァイオリン

劇場公開日

解説

監督は「さらばわが愛/覇王別姫」(93)でカンヌ映画祭パルムドール受賞のチェン・カイコー。「人生は琴の弦のように」(91)でも音楽を描いた彼が、今度は中国クラシック界を舞台に、バイオリンを愛する13歳の少年の成長を描く。この少年役は実際に6歳からバイオリンを始めたタン・ユン少年を監督が全国コンクールで発見して抜擢。演奏場面の音は、出演もしている中国の名バイオリニスト、リー・チュアンユンの演奏。

作品データ

原題 Together
製作年 2002年
製作国 中国
配給 シネカノン
上映時間 117分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

父子愛とバイオリンが淀んだ心を浄化する
北京ヴァイオリンの映画評論・批評

中国の田舎町でコックとして働くリウの望みは、息子チュンを立派なバイオリニストにすること。コツコツと貯金し、北京で開かれるコンクールに出席するが……。これは、「キリング・ミー・ソフトリー」で実力発揮できなかったチェン・カイコー監督の汚名...北京ヴァイオリンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全1件)
  • お父さん ネタバレ! 凄く優しいお父さんと、息子とその周りの話・・・ 回想のシーンではもう大泣きしちゃった。 人だらけの北京駅で叫ぶお父さんが、もうやばい。 そして最後の駅での演奏、、あー泣かせるなこの映画。 ...続きを読む

    静秋 静秋さん  2012年12月13日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi