製作者スコット・ルーディンが「愛をよむひと」から降板! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年10月14日 > 製作者スコット・ルーディンが「愛をよむひと」から降板!
メニュー

製作者スコット・ルーディンが「愛をよむひと」から降板!

2008年10月14日 12:00

[映画.com ニュース] 「ノーカントリー」のプロデューサーとして今年のアカデミー作品賞を受賞したプロデューサーのスコット・ルーディンが、公開時期をめぐってもめていたベルンハルト・シュリンクの小説「朗読者」の映画化であるケイト・ウィンスレット主演の歴史劇「愛をよむひと(原題:The Reader)」(12月12日全米公開)の現場から去ることになった。

同作について、製作したワインスタイン・カンパニーCEOのハーベイ・ワインスタインは今年度のオスカーレースに参戦するため年内公開を主張。一方、ルーディンはスティーブン・ダルドリー監督(「めぐりあう時間たち」)に十分な仕上げ期間を持たせ来年度のオスカーレースを狙うために来年公開を主張。ルーディンは今から2週間以内に、「完璧な合意」のもと、現場から去るのだという。

この降板劇について、ワインスタインとルーディンの双方から正式なコメントはまだないが、共同プロデューサーのドナ・ジグリオッティ(「恋におちたシェイクスピア」)は「仕上げは順調で、テスト試写の評判も上々」と報告している。

07年度のアカデミー賞で、「ノーカントリー」(ジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督)と「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)を戦わせてしまったルーディンは、今年度の賞レースでも、レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット主演の「レボリューショナリー・ロード」(サム・メンデス監督)と、メリル・ストリープフィリップ・シーモア・ホフマン主演の「ダウト」(ジョン・パトリック・シャンレー監督)という有力作2本をプロデュースしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi