オスカー狙いの「朗読者」、公開時期をめぐり製作者同士が対立 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月24日 > オスカー狙いの「朗読者」、公開時期をめぐり製作者同士が対立
メニュー

オスカー狙いの「朗読者」、公開時期をめぐり製作者同士が対立

2008年9月24日 12:00

[映画.com ニュース] 米インディペンデント映画界の大物プロデューサー2人が、ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説「朗読者」をスティーブン・ダルドリー監督(「めぐりあう時間たち」)が映画化した「愛をよむひと(原題:The Reader)」の全米公開のタイミングをめぐって激しく対立しているようだ。同作の製作には、ワインスタイン・カンパニーのハーベイ・ワインスタインと、文芸映画を得意とする映画プロデューサーのスコット・ルーディンが関わっているが、米ハリウッド・レポーター誌によると、今年12月の公開を主張するワインスタインに対し、ルーディンは来年度の公開を主張して譲らないという。

同作はまた、ケイト・ウィンスレットレイフ・ファインズという演技派として有名な俳優が出演している注目作品であることに加えて、現代ドイツ文学の世界的ベストセラーである文芸小説の映画化であることからオスカーレースに絡むことは必至。テスト試写の評判も上々で、あとはポストプロダクションの終了を待つという状態だ。

ところが、「ノーカントリー」で昨年度のアカデミー作品賞を受賞しているルーディンは本年度のオスカーレースにも、リチャード・イェーツの文芸小説「家族の終わりに」を原作としたレオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット共演のドラマ「レボリューショナリー・ロード(Revolutionary Road)」(サム・メンデス監督)と、オスカー受賞経験があるメリル・ストリープフィリップ・シーモア・ホフマン共演で人気ブロードウェイ劇を映画化する「ダウト(Doubt)」(ジョン・パトリック・シャンレー監督)をぶつける予定。「愛をよむひと」は来年度の賞レースに回したい考えだという。

ちなみに、ワインスタインとルーディンは共同でプロデュースした「めぐりあう時間たち」の時にも、フィリップ・グラスの映画音楽をめぐって激しく対立した過去があり、映画業界では犬猿の仲として知られている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi