妊娠したニコール・キッドマンの代役にケイト・ウィンスレットが決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月10日 > 妊娠したニコール・キッドマンの代役にケイト・ウィンスレットが決定!
メニュー

妊娠したニコール・キッドマンの代役にケイト・ウィンスレットが決定!

2008年1月10日 12:00

オスカーも狙える大役をゲット!「ホリデイ」

オスカーも狙える大役をゲット!
(C)MMVI NEW LINE PRODUCTIONS, INC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1月7日、カントリー歌手の夫キース・アーバンとの間に待望の第1子の妊娠が発表されたニコール・キッドマンが、スティーブン・ダルドリー監督、ワインスタイン・カンパニー製作の主演作「朗読者(The Reader)」を降板することになり、「ホリデイ」「リトル・チルドレン」のケイト・ウィンスレットが代役に決まった。

同作は、現代ドイツ文学の旗手ベルンハルト・シュリンクの同名小説を、「めぐりあう時間たち」のダルドリー監督と脚本家デビッド・ヘアが映画化する作品で、第2次大戦後のドイツを舞台に、身の上も知らない年上の女性ハンナ(ウィンスレット)に恋をした15歳のミヒャエル少年の悲痛なラブストーリー。

共演は「シンドラーのリスト」「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフ・ファインズ、「永遠と一日」「ヒトラー/最期の12日間」のブルーノ・ガンツ。プロデューサーにはアンソニー・ミンゲラシドニー・ポラックスコット・ルーディンらが名を連ね、ハーベイ&ボブ・ワインスタインが製作総指揮を務める。

ダルドリー監督は撮影監督ロジャー・ディーキンス(「ノーカントリー」「ジェシー・ジェームズの暗殺」)とともに、昨年末からドイツ・ベルリンほかにて撮影中で、キッドマンのクランクインを待っていたが、彼女の妊娠の報を受けてすぐさま代役を立てた形だ。

一方のウィンスレットは、夫サム・メンデスの監督作で、レオナルド・ディカプリオと「タイタニック」以来の共演を果たした「レボリューショナリー・ロード(Revolutionary Road)」(12月全米公開)がポストプロダクション中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi