「ファイト・クラブ」がミュージカル化!?D・フィンチャー監督が明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月10日 > 「ファイト・クラブ」がミュージカル化!?D・フィンチャー監督が明かす
メニュー

「ファイト・クラブ」がミュージカル化!?D・フィンチャー監督が明かす

2008年1月10日 12:00

[映画.com ニュース] 「セブン」や「ファイト・クラブ」で知られるデビッド・フィンチャー監督が、このほど米MTVニュースのインタビューに答え、「ファイト・クラブ」製作10周年を迎える09年に、ブロードウェイでミュージカル化する構想があることを明かし、「いいアイデアだと思うんだ」と語った。また、同作の原作者チャック・パラチュークのホラー小説「ララバイ」(ハヤカワ・ノベルズ)の映画化にも興味があるという。

ブラッド・ピットがタイトルロールを演じる文豪F・スコット・フィッツジェラルドの同名短編小説の映画化となるドラマ「The Curious Case of Benjamin Button(ベンジャミン・ボタンのおかしな事件)」(11月全米公開)は現在、視覚効果の仕上げの最中で、2時間強までカットするという。「男(ブラッド・ピット)と、彼が全人生の中で出会い、彼がさよならを言って死に別れる人々」との物語だそうだ。さらに、ピットとは、パラマウント映画とピットの製作プロ“プランB”が共同製作する、孤独な殺し屋を主人公にした仏製グラフィックノベルの「The Killer」の企画も進行中とのこと。ただし、監督するかどうかは「分からない」という。

また、モーガン・フリーマン主演で09年の完成を目指すアーサー・C・クラークのSF小説「宇宙のランデヴー」(ハヤカワ文庫SF)の映画化企画「Rendezvous With Rama」も控える。「脚本を待っている段階」らしく、プロデューサーのロリ・マクリアリーとモーガンが脚本化を進めているという。SF映画に執着があるのは「エイリアン3」を降板したことも大きいという。実は007映画を監督しそうになった時期が一度あり、ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンド役に決定する直前に打診があったが、「『エイリアン3』の問題でこじれてしまった」と明かした。

グラフィックノベルではもう1本、「Torso: A True Crime Graphic Novel(トルソ)」の映画化にも着手しているという。物語はエリオット・ネス率いる“アンタッチャブル”と犯罪王アル・カポネの闘いを描くもので、「『セブン』よりも『市民ケーン』的手法」で映画化するという。「アーレン・クルーガー(『ザ・リング』『ブラザーズ・グリム』)の脚本がいい出来なんだ。(ネス役に)マット・デイモンはどうだろう」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi